風邪対策いろいろ

今月はすべての週末に息子関連の予定が入っていて、
私自身は暇なのに、気分的に落ち着きません。
学校の音楽発表会や、明日は部活の駅伝大会、その次は半年ごとの合気道の昇級審査。
どれこもれも、わたしががんばるべきものはひとつもありはしないのですが(笑)
とにかく会場に連れて行かねばなりませんしね。
それにこの時期、何が落ち着かないってやっぱり体調管理です。

寒暖の差が激しいし、風邪も流行ってくるしで、
当日、ちゃんと参加できる健康状態でいられるのか、
ヒヤヒヤものです。
明日の駅伝大会を前に、おととい辺りからなんとなく
風邪気味で鼻が出る、のどがいがいがすると言い出しやがりました。
はぁ、やれやれ。
とりあえず最後の一服が残っていた葛根湯を飲ませ、
ハチミツを舐めさせ🐻、マスクにラベンダーオイルをひとたらし。
きのうあらたに葛根湯と、甘酒を買ってきました。


お米だけとは思えないあのこっくりした甘~さが、私も息子もやや苦手なのですが、
飲む点滴と言われていることでもありますし!
とにかく内側から身体をあたためたくて、
すりおろししょうがを入れてみました。
ちょっとピリッとするしょうがのおかげで、飲みやすくなります🍵

鼻はずるずるしていますが(スミマセン💦)どうにか熱はでずに持ちこたえております。


葛根湯を買った際、レジの店員さんが
「お大事になさってください」と添えて下さった一言が嬉しい、
風邪で休養の土曜日です。

みなさまも、よい週末をお過ごしくださいませ。







[PR]
# by patofsilverbush | 2017-11-18 14:34 | 子育て | Trackback | Comments(0)

手をつなぐ

今朝、教会へ行ったところ、
駐車場から教会までのアプローチで 顔見知りでスペイン人のシスターと
ちょうど同じ時間に行き会いました。
お勉強を見ていただいていた日本人のシスターが 修道院を移動になられてから、
抱えている気持ちをお話しできることが、なかなかできなくなってしまったのですが、
修道院に出入りしていてお顔見知りで会ったことから
息子のことから端を発した、わたしの両親をめぐるいろんな思いを、
一番気持ちが高ぶっていた時に、話を聞いていただいたシスターです。

いつも私の顔を見ると
「元気?あなたが元気だと嬉しいわ」と声をかけて下さるのですが、
寒かった今朝は、おはようございますのあいさつの後、
わたしの手を取って
「あら!あなたの手、あたたかいね!わたしはいつもは暖かいけれど、今朝は冷たいのよ」
と。
そのまま手をつないで教会まで歩きながら、
「元気?あなたが元気だとうれしいよ」と、いつものお言葉。

息子とはお恥ずかしながら、まだ手をつないで歩いていますが^^;
お友達と手をつないで歩くことは、この年ではなかなかないことですよね。
すご~く仲良しみたいに手をつないで歩きながら、
最近の気持ちをお話したら、
「よかった!神に感謝ね!神様は働いてるね!」
と言って下さいました。

もちろん、いつも「神に感謝」!
そして 信仰の入り口で、はなはだ頼りなくうろうろしている私を、
いつもそっと、押し付けがましくなく、見守ってくださるシスター方に感謝!

つないだ手が、子どもみたいに嬉しい朝でした。








[PR]
# by patofsilverbush | 2017-11-17 15:12 | | Trackback | Comments(0)

スカーフ

可愛いなぁと思いつつ似合わないものの一つに、タートルネックがあります。
冬は暖かく、
「このワンピース、冬は下にタートルネックを合わせると可愛くて一年中使えますよ~」
などと店員さんがコーディネートを提案してくれることも多いかと思うのですが、
いかんせん、似合わないのですよねぇ。
オードリー・ヘップバーンみたいに首が長くて
背がすらっとしてて、顔が小っちゃければいいのだけれど・・・。
などとぶつぶつ言ってみても仕方ない(苦笑)。
もって生まれた体形を生かすしかないわけです^^;

そんなわけで毎年、冬場のレイヤードはせいぜい中にシャツを着る、くらいでしたが、
今年はスカーフを活用しております💛
お洒落とかなんとかより、なにしろあったかい!♡
女性らしい着こなしのためには出しなさいと言われる3首(手首、足首、首)ですが、
「ここは冷やしてはダメですよ!!」と産婦人科で言われたのも3首。
やっぱりここが暖かいと、身体全体が冷えないのですよね。
毎年 冬には厚手のストールを愛用していますが、
まだストールでは暑すぎる・・・?というこんな時期には、
軽やかで艶やかで、襟元(首もと)のあき具合も調整できるスカーフ、
おすすめです^^




[PR]
# by patofsilverbush | 2017-11-15 15:51 | ファッション | Trackback | Comments(0)

お母さん業に誇りを

今日は午前中、お友達のおうちにお邪魔してお茶をいただきました。
死から、学校のバザー活動、子供のこと、自分のことと
日々のいろんなことが話題になりましたが、
あまり大きな声で言うのは憚られる話題も。
ずばり、「お母さん」について。


男女平等や、女性の社会進出が推奨される昨今ですが、
その裏で、
どうも子供がないがしろにされているような気がしてならない。
こう言うとわりとすぐに「時代錯誤」などと言われてしまうのですが、
そしてもちろん、女性が仕事を持ち、生き生きと人生を過ごすのは、
とてもとても素晴らしいと思う一方で、
その女性自身が
「お母さん」という仕事を軽く見てはいないかという疑問が、
絶えず心の中にあります。


待機児童問題が話題になると、まず「保育園を作る」となりますが、
はっきり言って、それって大人の事情ではないのかなぁ。
だって子供は、お母さんと一緒に過ごしたいんじゃない?
そして「誰か大人がみていてくれ」たとしても、
お母さんに代わる人は誰も、たとえお父さんであっても、
お母さんの代わりになる人は、いないと思うのです。


きっと、そのときそのときに、
子どもが必要とする時間や愛情の分量があると思うし、
後付けでは得られない何かがきっとあるようにも思う。
できない事情があるのならばいざ知らず、
大人の都合で他人に預けることは、育児しているとは言えなないのではないかと、
いろいろご批判あるのを承知で、
本当はそこまで思っています。あ、言っちゃった。



ただの「お母さん」でいることはいや。
名前のある、社会とつながりのある仕事を持った、一個人としての人生を謳歌・満喫したい。
というのは、
人として、ごく当たり前の願望です。
長い間、女性に閉ざされてきた「社会人」としての扉が、
少しずつひらかれてきた今、
ひとりの人として、自分のかけがえのない時間を生き生きと過ごしたい気持ちも、
もちろんわかる。
仕事に家庭に介護にと、さまざまなジャンルで同時に活動できる女性の能力は、
もう男性なんかにはできないでしょ!
と誇れるものでもある。

だからなおさら、
「お母さん」という労働を、
女性がもっともっと誇って欲しいと思うのです。
誰でも子育てしてるから、やって当たり前、
なんてことは、全然ない。
ひとりの人間のために自分の時間や労力を割き、責任もってつきあい、待ち、
かつ、無償の愛情をもって
赤ん坊から社会人になるまで見守るなんてことは、
もっともっと、社会的にも誇るべき仕事ではないでしょうか。

男性がそう思うわないからこそ、
女性からまず、母である自分を
どんな社会的地位にある人よりも誇って欲しいと思わずにはいられません。


今日、たくさんの話をした友人と、最後に盛り上がった話題でした。






[PR]
# by patofsilverbush | 2017-11-14 14:38 | 子育て | Trackback | Comments(0)

ハイジ!!

d0314849_14171943.jpg
お友達がお菓子を包んでくれた紙ナプキンが、ハイジ!!
はい、宝箱行き決定です♡^^♡





[PR]
# by patofsilverbush | 2017-11-14 14:19 | 生活 | Trackback | Comments(0)

今日も

今日も一日、元気に楽しく過ごしてほしい!
というのは、毎朝の息子のための祈りですが、
もちろん、出かける人、出かけない人も含めた、
家族全員のための祈りでもありますね。


楽しかったり楽しくなかったり、
なんとなくイライラしてしまう日も、悲しいことがある日も
あるんだけれど、
それでも
今日一日、良い日でありますようにと祈る、朝。

みなさまも今日も一日、
元気に楽しく過ごせますように!
よい一日をお過ごしくださいませ。





[PR]
# by patofsilverbush | 2017-11-14 08:55 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧