マイペース

ディズニーランドの、ウエスターン・リヴァー鉄道に
乗ったことはおありですか?
開拓時代のアメリカ西部を走る鉄道。
ローラ・インガルスが生きていたのは、まさにあの時代のアメリカでした。


ローラは、「シルバーレイクの岸辺で」の中で、
初めて汽車に乗った時のことを、こんなふうに書いています。

「一週間がかりだった旅を、たった一日、それも午前中に終えてしまった」

それまでのローラ一家の旅といえば、馬車でした。
幾週間もかけて、幌馬車で、無人の大地を旅する日々。
馬車のまわりで火を焚き、料理し、食事をし、時には洗濯もし、眠り、
朝になると また馬車に乗ってひたすら無人の草原をはしる日々。
だから目的の「大草原」に着き、父さんが作った、すきまだらけの丸木小屋の家に入ったとき、
母さんは大感激するのです。
「また家の中で眠れるなんて、なんてすばらしいんでしょう」

何もない草原を、ただひたすら、馬車に揺られていくのは退屈です。
身体もだるくなり、ローラは走り回りたいのをぐっと我慢したまま、毎日揺られていました。

鉄道の旅は、ほんとうにあっというま。
今なら、車も電車も新幹線も飛行機もあって、
それこそ何カ月もかかっていた海外への船旅も、たったの一日で終わってしまいます。
たった一日で、地球の裏側まで行かれちゃうなんて!

便利だし、素晴らしい。
時間も有効に使えます。
でも、たぶん、身体も心も、そのスピードに追い付いていないような気もします。
だって時差ぼけ。だってカルチャーショック。

心と身体がぴったり一致したまま、移動できる速度って、どのくらいかしら?
歩き?自転車?馬車?
いやいや、車なら、ついていけないことはないのだけれど。

足もとに咲く花や、風に揺れる草、木々のざわめき、鳥の声を 感じられるくらい。
街中ならば、素敵なウィンドーやカフェを見つけて、ちょっと寄り道できるくらい。
わたしには、やっぱり そんなな速度があっているかな。


マイペースは、本当に人それぞれ。
だからこそ、時々、これは本当に自分のペースなのかということを、
考えてみることの必要を感じます。

あなたは どんなペースがお好きですか?
[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/19900326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2013-10-31 08:33 | | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧