お弁当

今日はパートナー氏が日勤なので、
お弁当を作るついでに、自分のお昼もお弁当箱につめてしまいました。

我が家は日勤・夜勤のシフト制なので、お昼ごはん時にパートナー氏がいることも多く、
お昼を一人で食べることは 時々しかないのですが、
今日みたいに確実に一人で食べる日は、
お弁当を作ったり、おにぎりを作ったりすることもあります。
そうすると、お昼ご飯が格段に楽チンなの!

たとえば集中して刺繍の作業をしているとき。
庭仕事でくたくた~というとき。
午前中、外出して、おなかぺこぺこで帰ってきたとき。

ああ、お昼は作ってあるんだった!
と思いだしたときの、あの安ど感といったら!

息子の幼稚園は毎日 お弁当でした。
入園する前は、 え、大変そう、大丈夫かな、わたし・・・
と かなり不安ではありましたが、
通い始めてしまえばなんということもなく、
可愛いお弁当を作ることもなく(笑)、
毎日のことなので、ちっちゃなお弁当箱に残り物を詰めただけの、
日々の食事のお皿が、箱になっただけというお弁当生活でした。

おかげで今では 「お弁当!何を入れよう~」と気負うことなく、
堂々の「あるもの詰め合わせ弁当」を持って、気軽に出かけられるようになりました。

だってね、外で食べるお弁当ときたら、もうそれだけで美味しいじゃないですか?
特別なものが入っていなくたって、ダイジョウブなのです。
(と、わたしは思うのですが、食べているパートナー氏がどう思っているかはワカリマセン)

うふふ、今日のお昼は お弁当。
中身は知っているのに
(そして今日は、いつもにもまして、たいしたものは入っていないのですが)
このワクワク感!
手作り弁当には、不思議な魅力があるように思えます。
[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/20779297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2014-06-05 09:15 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧