雨の日の必需品

午前中、外出。
かなり強く雨が降っていましたが、色彩を無くしたような風景の中、
駅までの道で
あまりにも鮮やかな花の共演に、思わず携帯でパチリ。

d0314849_14192712.jpg
d0314849_14194271.jpgd0314849_14195539.jpg

小さく可憐で愛らしい春の花ではなく、
これから夏に向かう、強い日差しにも負けない、あでやかで大ぶりの夏の花。

駅までは、畑の横の細い道を通っていくのが好きなのですが、
先日、夜勤明けのパートナー氏と外出先の駅で待ち合わせて、一緒に帰宅した際、
「これは猫の通り道だね!」と言われました。
住宅地の隙間を通って 路地をわがもの顔にあるく猫。
だって住宅地なんてつまらないもの!

さて、免許を持たないわたしの、雨の日の必需品は、
なんといっても長靴です。

幼稚園に入園する際、
息子には、なるべく自分の足で歩くのを厭わない子になってほしかったので
徒歩15分の道を 毎日 歩いて送り迎えすることに。
そのときに買ったハンターの長靴を、今も愛用しています。

買うときは意を決した、お財布事情に見合わないお値段だったのですが、
これはもう後悔なし!買ってよかった よいお買物となりました。
今はレインシーズンともなれば、いろいろとお洒落な長靴がそろっていますが、
当時はあまり種類もなかったし、
長靴といえば、靴底がうすっぺらく、
裸足で冷たい雨の中を歩くような感覚を持っていましたが(わたしだけ?)
ハンターの靴底のふかふか加減にびっくりしたものでした。

長靴のおかげで、
雨の日の外出の憂鬱が8割減したところで、
今日はさらに憂鬱を吹き飛ばすアイテムを投入してみました。


『暮らしの手帖』初夏の号を読んでいたら、
原 由美子さんがエッセイでレインコートについて書かれてたのです。
レインコートと聞いてまずイメージするのは、ナイロンなど濡れてもいい素材ですが、
『素材は綿。日本の雨の季節は蒸し暑いので、ナイロンは避けます』
と原さんは書いています。
『まず持っている(トレンチコートなどの)その一着を、仕事着にもカジュアルにも雨の日に
自分らしく着こなす工夫をしてみると、得るものが多いのではないでしょうか』

そうか、手持ちのトレンチやスプリングコートを、雨の日にも着てみればいいのか!
コットン素材のものを雨の日にレインコートとして羽織る、
なんて思いつきもしなかったので、目からウロコ。
そういえば、こなれたファッションが小粋なパリジェンヌも、
おろしたてのパリッとしたトレンチを、わざわざ雨で数回濡らすと何かで読んだっけ~(ほんとか?)

さっそくライナーを外したスプリングコートを着て 外出しました。

ひざ丈のコートと、
ひざ下まである長靴。
中の衣服や足もとが濡れることもなく、
雨から守られている!という安心感とともに、快適に帰宅できました。
大好きだけれど、着るシーズンは意外と短いスプリングコート、
これからの雨のシーズンに、出番が増えそうです♪
[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/20783557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2014-06-06 14:55 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧