美味!とれたてお野菜

わたしの両親は 田舎暮らしをしながらも、
畑仕事にはなんの興味もありません。
集落の方々は 山の中のあちこちに畑を持ち、
野菜を出荷していますから、
なんの生産性もないガーデニングなどに、なぜ両親が精を出しているのか、
だいぶ不可解だったようです(笑)。

そんな父が 数年前、うっかり農業組合なるものに入ってしまい、
組合の畑作業に駆り出されことになってしまったから、さあたいへん!
作業の日がくるたびに、「いきたくないなぁ」とため息ばかり・・・。

とはいっても、作業日自体、
種まきの前後、肥料やりの時期、合間に1,2度の草取りの時期、収穫時と、
年間通じてもひと月ほどの日数ではないかしらと思われます(笑)。

そんな組合が今年 作っていたのは枝豆。
わたしたちが長野にいる間に、ちょうど収穫時期となりました。
畑からざっと掘り出しただけの枝豆の苗を 農協に運び、
農協の人が 機械を使って枝豆を苗から収穫します。
夕方、残った枝葉を引き取りに行き、畑に捨てて 収穫は終了。となるのですが、

さて、夕方、
残った枝葉を引き取りに行ってみると、
まだ大量の枝豆がぶら下がったまま、ごみとして束ねられている!
これをこのまま捨ててしまうのは、「生産者」として忍びない!

と、父が我が家に(両親宅ですが)持ち帰ってきました。

というわけで、両親・わたし・息子と 4人総出で、
枝豆の摘み取り作業。
もちろん機械なんてありませんので 手作業です。
「どーすんの、これ」というくらいの枝豆が収穫でき、
さっそく夕飯後にいただきました。

今日、収穫して、今日、いただく枝豆。
香りも濃く、甘く、
本当に鮮度が命ってこのことだなぁ・・・としみじみ実感しながら、おいしくいただきました。


大きな収穫かごに2杯分まで収穫したところで、日が落ちてしまい、
のこりは翌日に持ち越しになりましたが、
今年の夏は、
そんなふうに、
「季節のお野菜を、どのようにどうするか?」というような夏でした。

続きはまたあした。


 
[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/21078609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2014-09-04 09:55 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧