信仰、希望、愛

アニメ『赤毛のアン』を見ている息子。

「学校のコンサートで、活人画に出るのよ。
“ 信仰、希望、愛 ” を表現するんだけど、難しいの」
と、マシュウに打ち明けるアン。

活人画は、たとえば聖書の言葉を、
セリフや言葉を使わずに、ポーズだけで 表現する、
まさに「活」きた「人」の描く「画」です。

どんなポーズをとれば、“ 信仰、希望、愛 ” が 表現できるでしょうか?


「え~、難しいね!」という息子が考えた
“ 希望 ” のポーズは、胸にこぶしを当てて(凛々しく?)立つポーズ、
“ 愛 ” は わたしとハグするポーズ(?)。

「“ 信仰 ” は?」
「う~ん・・・わかんない」


しばらくして、
「“ 信仰 ”も、これでいいんじゃない?」と、またハグ。

考えた結果なのか、めんどくさくなったのか 判然としませんが、
まあ、確かに、
そうだな! という気もします。

信じること、愛すること、信じて希望すること。
それはすべて、ぎゅうっと ハグで表現できるかもしれませんね!
神さまが、わたしたちを
ときに そっと、
ときに ぎゅっと、
抱きしめて、共にいてくださるように。


そしてそれは、「どんなふうに表現しようか」などと、
頭で、理屈で 考えるより、
ずっと単純で 素直で 簡単なことなんだと、
子どもといると、よく感じます。











[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/21614514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2015-03-08 15:00 | 子育て | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧