マイ・ワードローブ

ワードローブは白が圧倒的に多いと 
引き出しをあけるたびに思っていましたが、

服を整理して、だいぶガラガラになった引き出しを眺めてみると、
なんとなく ブルー系が多く残った印象です。

白、濃淡のグレイ
インディゴから 淡い水色まで、グラデーションになるブルー
淡いピンクや 若草色、黄色などの やわらかな色
ときどき着たくなる、豊かな赤
などなどの色がある引き出しの中で、
唯一ない色が、黒。


どうにも着ると落ち着かず、
以前からあまり着ない色でしたが、
今回の整理で、残っていたわずかの黒ともサヨウナラ。
あるのは、黒地に白い柄が入っているスカートと
白黒ギンガムチェックのシャツ
もしくはいっそ、冠婚葬祭用の一着くらいでしょうか。



便利に着まわせるカラーとして、誰でも一枚ぐらい、持っている色ですが、
似合うか 似合わないかは、
やっぱり人によって違うと思うのです。

ここに黒いアイテムがあればいいのに、
と思う場面で、わたしが使うのは
ネイビーやチャコールグレイ。
黒では、わたしにはきつすぎると感じます。



オードリー・ヘプバーンは、よく シャツのボタンを留めずに、
カシュクール風に、身体に巻きつけて着ています。
ふんわり広がるスカートと、ボディにフィットするシャツのおかげで、
彼女の細いウェストが強調され、ますます華奢で、可憐な印象を与えます。



おしゃれというのは「いろんな服を着こなせる、服をたくさん持っている人」ではなくて、
自分に似合うものを知っている人、
自分の魅力を最大限に生かせる人なんだなぁと
オードリーの写真を見ると、いつも思います。

みんながそれぞれ持っている、「わたしのワードローブ」。
流行りのものや、「マストハブ」なものが 入っていなくたっていい。
引き出しを開けた時に、にんまり笑えるものが入っていればね♪













[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/21777003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2015-05-10 10:21 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧