お風呂で読書

しませんか?お風呂で読書。

パートナー氏には え!?と言われたのですが、
バスタイムに本を読む方は、意外と多いのではないかと思うのです。

読みだすと区切りがつけられない性格なので、
たいていは読み慣れた本を持って入ります。
初めて読む本を 持って入ると、もう大変(笑)。
飲み物を持ち込めば、いくらでも、読み終わるまでも、入っていたくなります。


子どもが生まれてからは バスタイムの読書は、
パートナー氏の休日、ゆっくり一人でお風呂に入れる日に限られてしまいました。
おまけに、子どもの甲高い大声が、お風呂場のエコーで ますます響き渡り、
愚にもつかないおしゃべりや、
戦いごっこの効果音(←セリフも効果音も、自分で入れるごっこ遊び)のおかげで、
くつろぎバスタイムは、
夜、疲れもピーク時の、
一日で もっともストレスフルな時間帯に・・・T-T。

おまけに、
何事も パパより、ママと、と言いたがる息子は、
もちろんお風呂も「ママと」。
「今日パパ、お休み?」と確認するや否や、
「お風呂はママと入る!」と 朝から宣言する子です。
一人ゆっくりお風呂タイムも、最近まったくなくなってしまいました。
(てゆーか、パートナー氏も、もはや子どもとお風呂に入ろう という気はまったくなし)



というわけで、息子もだいぶん大きくなった 最近、
お風呂の読書タイムを復活させました。


「ママは本を読むから、ばしゃばしゃお湯をはねかせないように」
「読書中は、おしゃべりされても、何も聴こえなくなるからね」
と言い含め、
本を持ち込んだのですが、

初めは 
「え~、お風呂で本読むの? 落っことしたら どうするの?」
とびっくりしていた息子も、
本が濡れては一大事!と思ったのか(笑)
ばしゃばしゃすることもせず、おとなしくミニカーで遊んでくれるようになり、

そのうち、
自分も 読みたい漫画を持ちこんで読むようになりました。
しめしめ、母の思うつぼです。


ときどき、
自分が読んでいる本の、おもしろい部分を拾い朗読したり、
(「それからどうなるの?」と 食いついてくる)
息子が笑う、漫画のおもしろいところを紹介されたり。


たいていの時は、子どもの都合に振り回されがちですが、
時には、
子どもに合わせてもらうのも いいものです。

今夜は何を読もうかな。











[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/21904727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2015-06-26 08:49 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧