妖精の贈り物

小さなころ持っていた、子ども用の 大きなサイズの童話集。
アンデルセンやグリムはもちろん、日本の昔話や、はては日本神話まで、
ヴァラエティ豊かなラインナップ。
息子にも読んで聞かせましたが、

中でも群を抜いて、乙女心をくすぐったのは、
『ペロー童話集』
d0314849_10281715.jpg

「長靴をはいた猫」や「妖精の贈り物」など、いくつかのお話が入っており、
「シンデレラ」の名前で有名ですが、
原作なら「サンドリヨン」というんだな~と覚えたのも、この本でした。

継母にメイド扱いされ、仕事が終わると、暖炉の灰の中に座って暖をとる娘に、
上の継姉がつけたあだなが 「キュサンドロン(おしり灰だらけさん)」。
それほど口の悪くない 下の継姉が呼んだあだ名が 「サンドリヨン(灰だらけさん)」。
レペットのバレエシューズにもありますね、サンドリヨンと名付けられた一足が。



なにしろ漫画風でも、可愛らしい 子どもの絵本風でもない、
この大人っぽくて、素敵な挿絵が大好きで、
いかにも「お姫様!」というサンドリヨンのドレスを うっとりと眺めていたものです。
男の子だけど、息子もこの本の「サンドリヨン」、大好きです。


d0314849_10282993.jpg


「妖精の贈り物」も、大好きなお話でした。
やはり意地悪な継母・継姉が登場する、典型的なおとぎ話です。


継母に命じられ、泉に水汲みに行った娘が、
汚い恰好のおばあさんに、水を飲ませてほしいと頼まれます。
心優しい娘が水を飲ませてあげると、
おばあさんは たちまち美しい妖精に早変わり。
「親切にしてくれたご褒美に、
おまえがしゃべるたびに、口から花や宝石がとびだすようにしてあげよう」
d0314849_10284127.jpg

帰宅した娘がしゃべるたびに 花や宝石がとびだすありさまに、
継母は大急ぎで 継姉を泉に水汲みにやります。
現れたのは、立派な服装をした貴婦人。
同じように水を飲ませてほしいと頼みますが、
怠け者の姉娘は 「自分で汲んで、飲んだらいいでしょう」と断ります。
すると貴夫人は妖精に姿を変え、
「不親切なおまえの口からは、カエルやヘビがとびだすようにしてあげよう」




心優しく、親切で、
自分にできることを、心をこめて一生懸命していると
誰かが見ていてくれて、ご褒美を下さいますよ。



というお話だと思っていたけれど、
それだけじゃなくて、


自分の話す言葉が、美しい花や宝石であるように、
心がけなくてはいけないなぁ、と、最近思うようになりました。


単純に、言葉づかいが美しい、ということも、もちろんあります。
使う言葉が優しく、あたたかく、やわらかなものでありたい、ということも あります。
言葉自体はきついようでも、その奥には、相手を大切に思う気持ちを持っていたい、
ということも。


いろんな意味で、自分の言葉が、花や宝石であるように、
心がけたいなぁ、と。




「心に美しい考えしかなければ、
思ったことをすぐに口に出しても、誰も傷ついたりしない」と、
モンゴメリの小説のヒロインの誰かが言っていたっけ。
(アンだったかな?ストーリーガールだったかな?)

実際はなかなかそうはいかなくて、
意地悪いことや、不平・不満や、愚痴や文句で、
心がいっぱいになってしまう瞬間もあるのだけれど。


「いいものを入れた蔵から、いいものを取り出す」
という聖句があるけれど、
少なくとも、自分の口から出る言葉は、
いい心で 使いたいなぁ と、日々の自分の言葉を反省する今日この頃です。



おとぎ話におきまりのラストシーンは、
もちろん、王子様との結婚なのですが、
このドレス・・・というか、髪に飾った大きな花。
ウェディングドレスの雑誌などを うっとり眺めていると、
こんな感じのドレスに目がいくのは、
この絵のイメージなんだな!というのも、最近 気がついたことです(笑)。


d0314849_10285720.jpg





[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/22113188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2015-09-04 11:10 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧