素直

子供のころ、テレビで見た何かに心を動かされ、涙する母を見て、
「お母さん、また泣いてる~」と思っていましたが、
今や そのクールなお子ちゃまだった私が、
すぐにうるうるしてしまう お年となりました。
私よりも やさしい息子は、
「泣きそう」な話題になると、泣く前からすかさず「はい」と
ティッシュを手渡してくれますが、
それはそれで興ざめするといいますか・・・
まだ泣いてないつーの!



年取ると 涙もろくなる、とよく言われますが、
様々な経験をし、思いするところが深くなる、
大人ならではの現象。


「悲しいこと」はもちろん、
「感動的なこと」にも、人は涙しますが、


人の善意や 楽しさが集まった時にも、
同じように 心が動かされることが多くなりました。


誰か、一人の人が始めたちょっとしたメロディーに、
突然 誰かがハーモニーを重ね、
また別の誰かが 伴奏をつけ、
また別の楽器や 声が加わり、
その音楽にあわせて ダンスをする人があらわれ・・・
いつしか、周りの誰もが足をとめ、
目を奪われるような、素晴らしいパフォーマンスになる、みたいな。



誰かの「楽しい」という気持ちに、
別の誰かが、
それぞれ自分にできる形で セッションを始めたとき、
そこに参加した人の数だけ、
楽しい、明るいエネルギーが増していく場所というのは、
本当に素敵です。


そんなときに流れる涙は、
感動とか、素晴らしいとか、
頭で理屈を考えるものでは もうなくて、
ただ 心の底から 湧き上がってくる「何か」、
その場のよいエネルギーに、自分の魂ごと共鳴しているものの
ように思われます。




若いころは 涙する行為を、
自分をさらけ出すようで、恥ずかしく感じたり、
恰好つけてつっぱってみたりするような意地がありましたが、

経験値が増えたことで、
我を張りたくなる年齢になった今こそ、
素直な心で 物事に接していたいと思います。





[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/22631345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2015-12-09 09:44 | | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧