出会いと別れと

息子が通う お習字教室の先生は、
80歳オーヴァーの おばあちゃん先生です。

2年ほど前、息子が突然、
習いたいと言い出したので、
たまたま、
家から走って30秒!のところに ちょうどあったお習字教室に
何の気なしに 通わせることに。

見学に行ったときに、
ためしに筆を持たせてもらい、
書いた半紙に 「素晴らしい!」のコメントとはなまるを書いてくださって。
「上手!」とほめてくださって。

学校のお友達もいるので、
めんどくさいなぁ~とぼやく日はあるものの、
毎週 毎週、楽しく通わせていただきました。


お年がお年、ということもあって、
今年いっぱいで、師範を目指している方以外の生徒たちは、
お弟子さんに引き継がれるとのお話があり、
先生とは 今日でお別れでした。


最後に先生がくださったお手紙は、
「あなたたちに会えて、幸せでした」
と、子供たちにあてたメッセージがあり、
最後に、きっと一人ひとりにあてて書いてくださった
手書きのメッセージが添えられていました。

『○○君は、すばらしい大人になれる人です。
私のようなおばあさんの言うことです。
信頼してね』


いつもいつも、
息子に関しては(いや、関しても・笑)
かなり自信のないわたしは、
思わず泣いてしまった😢



ふだんのノートの字は 相変わらず書きなぐっている息子ですが、
いつも変わらず、「素晴らしい!」とはなまるを下さって、
きっとずいぶん、自信になったんじゃないかな。

そしてきっと、息子より、わたしが。
いつも
「そのままの彼らしさを大切に。大丈夫」と言ってくださる、
シスターや、幼稚園の先生や、お習字の先生方のおかげで、
そのままの彼を受け止める 勇気や自信を、持つことができたのです。
本当に感謝です。


きっと「大丈夫」な人より、
たくさんの天使と出会える機会を、神様は作ってくださるにちがいない。

来年から、また 新しい先生との出会い。
来年も、よい出会いに恵まれますように。












[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/22720222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2015-12-30 16:16 | 子育て | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧