手作りワンピース

息子がまだ幼稚園前のこと。
育児ストレスに息が詰まりそうになっていたときに、
義理のお母さんから、おばあちゃんが使っていたのだけれど、と
ミシンをいただきました。

それまで苦手意識があったのですが、
もうすぐ入園グッズを作ったりするのだし、
練習しておくかなぁ・・・
と使い始め、しばらくはまっていた時期があります。


結局、息子が通ったモンテッソーリの幼稚園では、
いわゆる「入園グッズ」は不要だったのですが(笑)、
自分のものを作るのなら、
誰に採点されることもなく、へたくそでも気にしな~い♫の精神で、
楽しく気軽に、簡単な洋服なども ずいぶん縫えるようになりました。


一枚のぺらん~とした布が、
縫うごとに、
カットした端のほつれがなくなり、
服の形に仕上がっていく嬉しさや快感!
刺繍した布を、ハンカチにすること、額に入れることくらいしかなかった私にとって、
ものを立体に作れるようになったことは、大きな喜びでした。
ジグザグミシンを使わずに、折り伏せ縫いで仕上げてみたり、
自分なりに、丁寧に作ることを楽しんで。

上手になった、というより、
ミシンが怖くなくなった、というのが正解。
やっぱり「楽しい」のが一番です♫



しかし!
手作りの服は、出来上がるまで、試着ができないのが悩ましい点。
作ってはみたものの、イマイチ似合わない・・・😞
ということも しばしばあって( ;∀;)。
結局、今でも着ているのは3着だけというありさま。
今でも時々作ってみたくなりますが、
そんな理由で躊躇してしまいます。


くすんだ紫麻の、すとんとシンプルなAラインワンピース。
ヴィヴィッドなピンクx白チェックの 麻のスリップ型ワンピース。
綿麻のヘリンボーン地のコートワンピース。


どれも好きで 数年たった今でもよく着ているのですが、
中でもAラインワンピースは、
今年になって、にわかに注目を浴びて?
「あら?作ったの?」と やけによく聞かれています。
中には もう数年越しの友人もいて、絶対見たことあるはずなのに(笑)。
数年たって、服と自分が、馴染んできたからなのかもしれませんね(笑)。


実は一度、別の形で作ったワンピースを、ほどいて、
ローウェストで布を継ぎたして作り直したワンピースです。
たんに長さが足りなかったからなのですが、
その継ぎ足し部分が、
逆に切り返しのアクセントのようになり、
がんばってポケットをつけたりしたこともあって、
ファスナーもない、
シンプルな形だけれど、
着やすく、思いで深い服になりました。


そのミシンも、もうおばあちゃんであるのか?
パワーが無くなったのか、ちょっと厚みのある部分に来ると針は通らないし💦
ジグザグミシンの目は飛ぶしで💦
なんだかなぁ・・・、新しいミシンが欲しいと思う今日この頃。


この10年近く、
わたしに楽しいことをいっぱい教えてくれた!
と思いながら、
今日もAラインワンピースに袖を通して、
暑くなりそうな一日を、軽やかに乗り切りたいと思います。
久々に、同じ形で新調してみてくなりました。



みなさまも、どうぞ体調にお気をつけて!
お気に入りのもので、暑い毎日を乗り切りましょう!






[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/23279555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2016-07-08 08:43 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧