スタイル

丁寧な暮らしの、達人の本、
みたいな本って、
すごくたくさんありますね!

本屋さんに行くと、コーナーに必ず立ち寄って、
気になるものは目を通すのですが、
みなさん、とても素敵です。

ナチュラルで上質な衣服や
自然素材のふんだんに使われた、シンプルで洗練されたご自宅。
ほどよくグリーンが配置され、
素敵な和食器で、良い素材をシンプルに調理した食事をされている。
ただただシンプルなだけではなく、随所に遊び心が見られ、
その方のお好きなものや 個性が、 ちらりと垣間見える。
ライフスタイルはそれぞれ、
時間の使い方や、
生活のどんなことに、自分の比重を置いているかは
本当にそれぞれですが、
みなさん、とても「素敵な生活」を楽しまれておられる様子。


そもそも、「素敵な生活」とはなんでしょうか?


上記に記した例は、
わたし好みの「素敵な生活」の、ほんの見た目のことですが、
たとえばモデルさんのライフスタイル本を見て、
よりモードやトレンドを意識した私服や インテリアを見て、
「素敵♡」と 参考になさる方もいるでしょうし、

いっそミニマムに、最小限の必要で・大切なものしか持たない、
すっきりした美しい暮らしを参考にされる方も。


いずれにしても、
本や雑誌を見て、それをまねしたところで、
それはマネに過ぎない気もします。


だって素敵な人は、「その人」を生きているのですから。
きっとそこが「素敵」なのですから。


自分の好きなものを、意識的にせよ、無意識にせよ、
極めようとされる方は、
周りの雑音を、それほど気にしません(あるいは、全然気にしないのかもしれません)。
何かを得ようと思ったら、失うものがあることも、知っているように思います。
そうやって厳選した「自分が選んだもの」が しっくり身についているからこそ、
その人は美しいのですよね。

きちんと考え、実践した、結果。

突然、「理想的なスタイル」になったわけではない、
その人のされてきた、日々の選択や、小さな努力の積み重ねが、
その人のスタイルを作ってゆく。


素敵なのは、今、目に見えるスタイルではなくて、
本当は本には現れない、
わざわざ書くようなことでもない、と、きっとその人が考える、
その人のパーソナルな部分、培ってきた人生の歴史そのものなのでしょう。


なぜ、素敵なのか。
自分はそうなりたいのか。
どう、生きているのか。



ときどき、本を眺めながら、
ちょっとそんなことを思ったりします。











[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/23289433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2016-07-12 09:11 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧