一汁一菜でいい♫

結婚するまで台所に立つことなど ほとんどなかったくらいですから、
お料理しなくてすむなら大歓迎!
ドラえもんがいたら、我が家のコックさんを出してもらいたい。

とはいえ、外食やお弁当ばかり、という食生活も、
実はきっと あまり好きでないような気がしています。
たまにはご馳走も食べたいけれど、
ふだんの食事は 白いご飯と梅干、おみそしるにお漬物、
そんなものが一番好きだったりします。


それにしても、こんな主婦のおかげで
我が家の食卓は質素です。
一汁三菜を毎食作るなんて~!無理無理!!
最近はインスタグラムで美味しそうな手作りごはんを披露する方々が多いけれど、
みんなすごいなぁ・・・
と、粗食ぶりをひけめに感じておりましたところ、
『暮らしの手帖』にこんな記事が。

“ご飯、お味噌にお漬物、
基本はこれでよろしいやん”


料理家・土井善晴さんのお言葉です。

グルメブームなどで、テレビに映し出されるごはんは、ハレの日のもの、
ごちそうである。
あの感覚を家庭に持ち込んだら絶対ダメ、
作る人に 相当の苦労、無理を強いる結果にとなります、とお話は続きます。

「毎日 “おいしいおかず”を期待されてしまうと苦しくなってきます。
できないって降参する人、ごまかす人、外食に頼る人、
気持ちも体も不健康になってしまう人もいる。
本当はちゃんとしたい、丁寧に、美しく生きたい・・・・っていうことが、
みんなの憧れであることは間違いないんですが」


きちんと、正しく、丁寧に料理を作った、
という、心の幸せのためにも、
できるのは一汁一菜でいい


というお話に、ほっといたしました。


女の人は、お料理上手な方がいい。
きちんと栄養バランスを考えた食事や、
手作りのおいしいおやつを出せるのが、よいお母さん。
贅沢なことが豊かさ。

世の中まだまだ、そんな思い込みや、イメージはあって
質素やシンプルは、なんとなく、手抜きにみられがちなところもありますが、

自分の好きな生活が、やっぱり一番 幸せなことなのですよね。


おなかすいたなぁ~
と言ったとき、「はいはい」とさっと作ってくれるもの。
ありあわせの食卓であるのに 心地よくおなかを満たしてくれるのは、
「おなかが空いた人に、何か食べさせたい」
という、作る人のやさしさや、
食事ごしらえをする、というちょっとした手間をかけられる 
心と時間のゆとりが あるからではないでしょうか。


毎日の食事は、栄養バランスも大切だけれど、
おなかだけではなく、
心を満たすものでなくては。
わたしが ゆとりをもって、丁寧に取り組める我が家の粗食スタイル、
堂々と続けてゆきましょう(笑)!!














[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/23347918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2016-08-01 10:23 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧