ゆりのはな

連日の暑さに脳みそも沸騰しています。
元気なのは 庭の雑草ばかり。

暑いしなぁ~蚊がすごいしなぁ~
と 言い訳していましたが、あまりにひどいことになってしまったので、
意を決し!
今朝は まだ日の当たらない場所から 草取りに励みました。

すっかり枯れて、しゃらしゃらと種のなる音がするデルフィニウムを撤去。
たくさん種がとれて、地面にはこぼれた種がたくさん。

ぽんぽんみたいなピンクの花は可愛いけれど
その繁殖力で すべての植物を飲み込みそうな勢いのポリゴナムの葉も、
どうせ少し残っていれば、またのびてくると 思い切りよく撤去。


『ミス・マープルは、この草が、何かを育てようとするときの脅威であることを
よく知っていた。なんでもおおいつくし、それも驚くほど短い間におおってしまう』

アガサ・クリスティの『復讐の女神』でも、
ポリゴナムは真実と秘密を覆い隠す 名小道具としての役割を果たしています。


庭のほうはまだしも、
裏庭ときたら、丈高くなった雑草が林立し(笑)もはやジャングル!!


大事なものも植わっていないことだし、
とりあえず、むんずと手当たり次第につかんでは引っこ抜いていく。
家の横手から、真後ろへ、
細い通路を 野蛮極まりなく突き進んでいく手を、はっとして止めたのは、
そこに、突然 出現した
ゆりのつぼみに気がついたからでした。


家の横手にいつも一輪、ひっそり咲いているらしかったゆりが、
今年は見当たらないと思っていたけれど、
まさか裏庭に住処を移動しているとは。


植えた覚えのないゆりの、もうじき咲きそうな ほっそりしたつぼみ。
よく見るとその辺には 雑草に交じってゆりの葉が幾本かあり、
つぼみをつけた茎も3本ほどあるのでした。


そっとそっと、つぼみのついた枝を折ってしまわないよう気をつけながら、
大きな雑草だけを抜いて、
そろそろ日が当たり始めたので今日の作業は終了です。


大きなゴミ袋を持って振り返ると、
ゆりのつぼみが3つ、すっきりした空間に 涼やかにたたずんでいる。
表がわ(庭の)に咲けばいいのになぁとは思うけれど。
思いがけない宝物を見つけた気もした 夏の朝。
暑いのだけれど、
なんとなく 爽やかな風が吹いたようでもあります。








[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/23388431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2016-08-10 11:45 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧