アレッポの石鹸

お風呂で使っているのは ボディーソープではなく、石鹸です。
大人も子供も使える、顔も体も洗える、シンプルな石鹸。
「これ一筋!」というわけではなく、気になったものを気分によって買ってみたりしていますが、
一番よく使うのは、アレッポのオリーブ石鹸です。
いい匂いがするわけでもない、オリーブ色の無骨な石鹸。
けっこうな大きさで、「塊」という言葉がぴったりな外見です。
とてつもなく使用感がいいとか、洗い上がりがしっとりする✨ というのも、
実は特別 感じたこともないのですが、
なんだろう、なんとなく、好きなんですよね。実直な石鹸だなぁ!という感じが(笑)。
小さい頃、肌が弱くて、柔軟剤も使えなかった息子のためにも、
余計なものが入っていない、無香料であることも、安心でした。
(今も柔軟剤は使っていません。たぶん、もうかぶれることはないと思うのですが、
今となってはあの強すぎる人工的な香りが苦手になってしまった💦)


シリアのアレッポ。
戦闘地帯となり、
この良質の石鹸を作る工場も、原材料のオリーブ畑も荒れ果ててしまい、
アレッポ石鹸のレシピはそのままに、今やシリア以外の国(フランスなど)で作られるものが多くなっているとか。
悲しいことです。


美しい、平和な国で、アレッポ産の石鹸がいつまでも作り続けられますように。
お風呂に入るたびに、かの地を思うことも、小さな祈りであるかもしれません。



何かに対して祈ること。
祈っています、ということ。
思いを馳せること。

時々、自分の平和な日常と、相手の状況とが かけ離れていて、
その日常の贅沢にどっぷり浸っている自分は、なんて偽善的なんだろうと思うこともあります。

そういう葛藤を自分の中に抱えていても、それは私個人の心の問題で、
やっぱり、
誰かや、何かに思いを馳せ、
相手が幸せであるように祈ることは、大切なことだと思うのです。





[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/23688620
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2016-12-04 12:11 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧