カワセミ

季節外れの暖かさのせいか、
今年はあまり「クリスマス!」という季節感を感じないままですが、
明日から学校は 待望の冬休み!
競艇も最後のSGレース!
ということで(笑)、周囲にはそこはかとなく 年末感も漂ってはおります。
まあ、基本的に我が家は 夫の仕事も年末年始あったりなかったりだし、
大掃除もしないので、
毎年「年末・年始恒例の・・・」というものがないんですけどね。


「一年あっというまだったなぁ!」と年末になると毎年思いますが、
いろいろ思うことがあって、個人的に気持ちが苦しかった昨年に比べると、
今年は驚くほどのんびり、おだやかな一年でした。

特筆すべき大事件も起こらず、
毎日が淡々と過ぎてゆきましたが、
その中に、
嬉しいこと、楽しいこと、サプライズ、大変だ!と思うこと、
悲しいこと、憤りを覚えること、途方に暮れること、等々が、
バランスよく散りばめられた一年であったと思うのです。


「今年もよい一年でありますように」と新年には願うけれど、
きっと “楽しいこと” ばかりだったら、その楽しさに気づかないようになってしまう気がします。
ちょっと悲しかったり、ちょっと切なかったりする時があるから、
小さなハッピーを心から楽しめるような。
「持っているから、“持っている” というお恵みに気がつかない」のと一緒ですね。
禍福は糾える縄の如しで、
そのバランスがちょうどよい塩梅なのが、結果として「よい一年だった」と思える年に
なるのかもしれません。




コウノトリに引き続き、
きのうはカワセミのダイブを目撃!お魚を食した後、
ホバリングしているのも見られて「わ~、カワセミ(らしい)!」と
また一人感激したのでした。
そんなふうに、
今年の残りの日々も過ごしていけたら、と祈る。
今年はそんな一年でした。




[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/23733868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2016-12-22 09:27 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧