調理実習で

みなさんは好き嫌いはありますか?
わたしは辛いものがダメだし、息子はアレルギーこそないものの、卵が嫌いです。
ケーキやホットケーキなどに混ざっているのは大丈夫ですが、
「たまご」ってことがわかるともうダメ。
甘い卵焼きだろうが、卵サンドだろうが、かつ丼だろうが食べません。

さて、学校の調理実習で
スクランブルエッグを作る由、
しばらく前からやだなぁ やだなぁと言っており、
「食べなくていいように、連絡帳に書いてあげようか」ということになったのですが、
いざ、書くとなると、なんて書いたものやら??

好き嫌いなく、なんでも食べられるように「指導」する
という授業の趣旨も、大切だとは思うし、
「これが嫌いだから、食べさせないでください」と書くのも、単なるわがままだなぁ
とは思ったのですが、

実際は大人だって苦手なものはあるし、
食事は楽しいもので、嫌いなものを無理やり食べさせる時間ではない
という気持ちもある。
嗜好も年齢とともに変化するし、
今、食べられないものを
今、食べさせる必要があるのかどうか。
うちでも時々「一口食べてみる?」と 一口だけ、チャレンジさせてみることはありますが、
無理強いしたことはありません。
本人の身体が、「必要じゃない」と言っているのだと思うのです。
発達障害の一環として、好き嫌いとは無関係に、
「食べられないもの」というのもあるらしいですね。
うちの子がそれなのかどうかは不明ですが(笑)、
第一、個人の好き嫌いまで「指導」されたくないし!というのが正直な気持ち。

というわけで、
「食事は楽しくするものだということを 第一に大切にしたいので、
試食は本人の意思に任せていただけるとありがたい」むね、
連絡帳に書いてみました。

帰宅後、
「たまご食べた」と言うので、
「先生が食べなさいって言った?」と聞くと、
どうやら、わがままだと自分で思ったらしく、
連絡帳も先生に見せることなく、ちょっとだけですが食べたそうです。


「くそまずかった!」そうですが(笑)、
自分の意思でチャレンジしてみたこと、すごくえらかったと思いました。

わたしが連絡帳に書いたことは、個人的なわがままでもあり、
個人の自由を尊重することでもあった。
すごくわがままかも、と思っても、
どうしてもそれを通したい、個人の自由もあれば、
わがままを抑える必要性もある。
先生や親や、誰かの言いなりになるのではなくて、
その場その場で自分で判断できるようになれば、と思っていますが、
大人でもムズカシイことですよね。
そういう場面がちょとずつ増えていって、彼自身の判断ができるようになれば
と思います。










[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/24316264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みどりくま at 2017-06-08 16:20 x
こんにちは〜〜。
過去記事にコメントですみません。
前に読んだモッテッソーリ園の園長さんが書いた本で、息子さんが好き嫌いが多かったのだけれど、学校に手紙を書いて、給食で嫌いなものは無理に食べさせないでくださいってお願いしたって話、読んだ?もちろん、無理に食べて好きになってくれれば良いけれども、別にそこまでしなくて良いんじゃないかって。ワガママと取られるけど、嫌いなものを食べるまで残されるとか、毎日の給食が恐ろしい時間になっては困る。と、モンテだなあ、って思ったよ。そして、今回の自主性に任せるってなるほど!と思って。私だったらどうしてたかな?アレルギーって言っちゃうかも⁉︎小心。
でも、そこで息子くんも成長したね、チャレンジしたなんて。もし、無理に食べておいで!なんて言ったら、逆にチャレンジしなかったかもしれないし、さすがお母さんだね!調理実習かあ、私も嫌いな寒天無理して食べたな。それも思い出。
Commented by patofsilverbush at 2017-06-09 09:35
> みどりくまちゃん
そうそう、せっかくの給食、美味しく楽しく食べたいものね。栄養のことなら、家庭で、他の食材で補うこともできるのだし、なんのために食べるのかって言ったら、苦行のため!では絶対ないしね。
こういう考え方って、やっぱりモンテ的なのかしらね?
アレルギーって言ってしまうのが一番簡単だったんだけど、まあ嘘だし(笑)。食べたくないのは本人の希望なので、自主性に任せてみました。
その子が一生を生きていくうえで、好き嫌いの有無より、自主性のほうがうんと大切だと思うのよ。

by patofsilverbush | 2017-06-02 08:58 | 子育て | Trackback | Comments(2)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧