かご

かごを見ると、素通りはできません。
カゴバックであれ、収納用であれ、
かごを見たら立ち止まる!は、私の中ではもはや合言葉(苦笑)。
数々のかごが家にあるというのに、
お店でもウェブショップでも、かごをチェック。
なんていうかやっぱり、人が、手で、作ったものが好きなのよね。

一口にかごといっても、けっこう雑な作りのものも多く、
きちんと、丁寧に、作られているものは、やはりお値段もそれなりに・・・。
うかうかと買えはしないのですが、
その素朴でシンプルで誠実なたたずまいを見るだけで、
心が落ち着くように思います。

なにか素敵なものが見たいなぁ~✨
という気分の時に、
よくかごのウェブショップをのぞいてはうっとりしているわたしに向かい、
「またかご見てる」とあきれる夫。
「わくわくしませんか?」
「いいえ、俺のギターのサイトをみてるあなたと同じくらい、
まったく何も感じませんよ」
ああ、そう。いい例えですね!

出かける時の荷物は少ない方ですが、
それでもふだん、お出かけに持ち歩くかごは、
それ自体、それなりの重さがあります。
最近、本当に身軽に出かけたい時に使っているのが、
この小さくラブリーなかご↓

d0314849_13572708.jpg

こちら、実はかれこれ・・・うーん、何年前かな?
もうわからないくらい前に、誕生日に妹ちゃんたちに買ってもらった
お気に入りのかごなのです(覚えてるかな?)
息子が生まれるよりも、もっともーっと前だと思うのですが・・・
そうなるともう とにかく、少なくとも12年以上、前ですね。


持ち手の部分が本体から外れてしまい、
麻ひもで固定しているのですが、
持ち歩いている時にはずれるのが心配で、ずっと小物の収納に使っていました。


小さなお財布と、ハンカチ、リップ、携帯電話。かぎ。
なんとなく、いつものお財布をいつものように持ってしまうけれど、
小銭入れに必要なだけのお金やポイントカードを入れれば、
こんなにも身軽なんだなぁ!と、心も軽やかです。
中身が軽ければ 持ち手が外れるようなことも、今のところなく、
このラブリーなかごを持ち歩くことに、ウキウキ(笑)。


雑な作り、というわけではないけれど、手ごろなお値段で気軽に手に入れたものは、
気に入ってはいるけれど、実はあんまり思い入れはないことが多く。
思い切って買った!というものや、
値段はさほど高くはなかったけれど、あの時に、あの場所で、買ったもの、
と記憶がはっきりしているものは、
やっぱり使う頻度も高く、わたしとの親密度も高い(笑)。
手軽で惜し気がないというのも大事ですが、
この先、かごを買うならば、
やっぱりある思い入れをもって、大切に使えるものに限ろう、
と 
かごを見れば立ち止まりつつも、最近ではそう思っています。










[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/24737304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2017-07-06 14:49 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧