ゴミではなくて、解放です!

息子の勉強のチェックと、学校バザーに出すものの製作の合間を縫って、
コンマリさんいわくの「片づけ祭り」を始めました♪

片づけには「日常の片づけ」と「祭りの片づけ」があり、
使ったものを元に戻すのが「日常の片づけ」なら、
ときめく物・手元に残して大切に使いたいものを残すために、
今「ときめかない」のに様々な理由で手元にある数々のものたちを
「一気に・完璧に・短期間で」自分の手元から「解放してあげる」のが、「祭りの片づけ」
という、コンマリさん特有のお片付け。

前回、片づけをしたときに大量の物を捨てたはずなのですが、
今思うと、
それは単に「いらないものを捨てた」だけだったんだなぁ、と
今、思う。
「まあ(ときめかないけど)、取っておくか・・・」と保留にしたものやら、
「(ときめくわけじゃないけど)捨てられはしない・・・」と
手放さないことに執着した自分がいる。
いろんなことの合間を縫っての作業ですが、今回は真剣に祭りに取り組もうと思っており、
そして真剣に取り組むと、やっぱり大量の「解放したいもの」が溢れてくることに、
唖然としております。


本当は集中してやりたい、
ような気もするのですが、
「ときめくか、ときめかないか」ということや
こんなに無駄遣いして~😢と自分の馬鹿さ加減をはっきり知ることや、
「なぜ、ときめかないのにこれが捨てられないのか」、その理由を自分にきちんと問い、
解放しようと!
と決めるのは、実はとても難しい、精神的にハードな作業。
だって、見て見ぬふりをして、無かったことにして、スルーしたいではないですか!
でも見て見ぬふりをしてしまうのなら、
それは「今までの自分と変わらない」ということを選択しているということです。
何かを変えたくて、この片づけに取り組んでいるのなら、
ちょっとハードでも、ここはがんばるところ。
あいまに手をとめて、落ち着いた気持ちを取り戻せるのは
深呼吸をするのと同じく効果的な気がします。


ずいぶん、過去に執着しているんだなぁと思う。
そんなつもりはなかったけれど、
過去に感じたことに執着しているから、ものが手放せない
というのが、私のパターンのようです。
そのことを自覚できたことで、一歩前進。


八月ももう半ば。
いったい、息子の宿題は終わるのか、やらない気なのか!?
そんなイライラと気をもむ時間も、夏休みとして楽しみつつ、
一人(片づけ)祭りを満喫しています(笑)。











[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/25352391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2017-08-17 11:02 | | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧