ヴィオロンか楽隊か、はたまた鹿か

地平線をたどって
一列の楽隊が ぐずぐず していた

そのために
三日もつづいて雨降りだ            尾形亀之助




ヴィオロンの溜息どころか、一列の楽隊の演奏も佳境に入ってまいりました。
もう雨降りも五日目ですよ、亀之助さん!

真っ赤に燃えたストーブの芯があたたかそうです。

しっとりと侘びた木々の葉や
香りたつ紅茶の きりりとした赤。
楽隊の奏でる音色と共に、今、深まりゆく秋の気配を
目で、耳で、全身で、感じとる雨の日。
やっぱりヴィオロンの震えるようなため息や 奥山になく鹿の声のほうが
秋のもの悲しさにはしっくりくるでしょうか(笑)。




[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/25916439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2017-10-17 08:40 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧