自分の意見を持つ

もともと、政治などまったく興味なかったわたしが、
まがりなりにも「台風がくるらしいから期日前投票してこよう!」なんて思うようになったのは、
受洗前にも、受洗後にも、
お勉強を教えていただいていたシスターのおかげです。
受洗前には「キリスト教とはなんぞや」を教えていただきましたが、
受洗してからも、聖書を読みつつ日々のあれやこれやを「わかちあう」時間を
継続して作っていただいていました。
聖書やキリストに関わらず、なんでも話題になるわたしたちの会話の中には
子育てや死、子供の頃の思い出、などなどが散りばめられ、
政治の話はそのひとつでもありました。

といっても、
シスターに教わったのは政治についてではなくて(笑)
知らないですましていることや、自分の意見がないということは、
それについて会話すらできない、
ということです。


興味をもって、ニュースを見ること
わからない、なりに、今起きていることについて、自分の考えを持つこと。
詳しく知りたければインターネットというものもある時代です。
物事について、
とにかく自分なりの意見を持つことの大切さを、わたしはシスターに教わりました。
あたりまえみたいなことだけれど、
自分に興味のないジャンルに関して、
人って「わからないから」という言い訳のもとに、
無知のままでいることが多いんじゃないかな。

ファウストじゃないけれど、この世の「すべて」を知ることはむずかしい。
けれど、
せめて自分の身の回りで起きていること、
自分に関係のあることくらいは、
自分の意見を持っていたい、と思うようになった。


民主国家といわれる日本だけれど、
上から与えられたものを「はい」と受け取るだけの国民性。
富国強兵・軍国主義も、
民主主義も、
自分たちで主張し、勝ち取ったことは、歴史上ないのではないでしょうか。
それが果たして、真の民主主義といえるのか・・・。


誰か、上に立つ人がどうにかしてくれる、
と思うのはやめて、まずは自分の意見を持つこと。
(そのためには、対象を「知ろう」とすること)
政治についても子育てについても、そして「自分」というものを知る上でも、
それが何より大切なことだと思うようになりました。
今だって、政治に詳しくなったわけではないけれど、
とりあえず、意見はもってる!ってことが、きっと大事!




[PR]
トラックバックURL : http://ginnomori.exblog.jp/tb/25944716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2017-10-20 16:00 | | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧