自国民の安全はどうした?

一年前、オスプレイが沖縄で墜落した際のニュース映像の中に、
海から機体の残骸を引き上げる幾人かのアメリカ兵が映っていたものがありました。
兵士の中には男性もいれば女性もいたように思うのですが、
その映像は偶然、彼らが何らかの理由で皆で笑いあっている、笑顔の映像でした。

どんな理由で笑みを浮かべていたのか、
たまたま誰かが口にした一言がおもしろかったのか、
もちろん映像からはまったくわかりません。

ただ、それを見たときに、
自分たちの仲間が乗ったヘリが墜落したのに、なぜこんな場面で笑えるのだろうかと
思ったのを覚えています。


それと同時に、
墜落による事故があろうがなかろうが、
沖縄に住む人が死のうが生きようが、いえ、沖縄だけではなく、
日本人がどうなろうと、
この人たちにとっては「戦争に負けた国」「属国」の現地人でしかないいんだろうな
という印象を持ちました。


もちろん、笑ったのはその映像にうつっていた一瞬のことで、
後の時間は終始厳粛な顔をしていたのかもしれないし、
そんなふうに思っていないよ!という方もいるであろうとは思うのですが、

沖縄で相次ぐ事故や、繰り返されるレイプ犯罪などを見るにつけ、
アメリカの軍人ってバカなの?(こんなに問題になっているのに、また繰り返す学習能力の無さ!?)
それとも日本人を人間扱いしていないの?(こんな些末なことと、まったく問題視していないの!?)
わざと?
と思えてしまう。
それくらい、あの映像の中の笑顔は強烈な印象を私の中に残しました。


日本人の生命と財産を守る
と、自衛隊についての判断や、
憲法改正に目の色を変える首相はことあるごとに繰り返しますが、
自国民の生命を守ることより、金髪おじさんのご機嫌取りに汲々とすることのほうが
重要みたい。
世界の中心で「大国だ」と威張りたいのなら、
アメリカにしっぽをふるよりも、
温暖化問題や、核兵器廃絶問題でこそ、リーダーシップを発揮して見せればいいのに。
真のリーダーシップがとれる国ではないのだと、世界に公言しているようなものではないでしょうか。


子供たちの安全も守れないようなわが国に対して
怒りを禁じ得ません。




[PR]
# by patofsilverbush | 2017-12-14 12:38 | 子育て | Trackback | Comments(0)

もう制服のご用意!

先週の土曜日に、息子の中学校の制服を注文してきました。
だいぶん大きい学ランを試着している姿に、「うぷぷ、かわいい♡」とにんまり。
春になって、だぶだぶ・ぴかぴかの制服を着ているフレッシュな学生さんを見ると、
「かわいい、新一年生ね♡」って思いますよね~。
制服やら体操服・ジャージーに上履き・外履き、通学鞄にサブバッグ、
一通りそろえて、諭吉さんが何人も手を振って行かれました・・・。

制服って、男の子の魅力2倍増し!みたいなところがありませんか?
あれ、わたし、制服フェチ?
個人的にはブレザーより、断然、学ラン(笑)!
女の子はもちろんセーラー服が好きです♡(高校を選ぶ際の、けっこう大きなファクターでもあったような)
息子の通う中学は、
校内にいるほとんどの時間はジャージーで過ごす(制服屋のおじさん談)そうなので、
わたしと息子はけっこうがっかりしております。
ジャージーなんて・・・魅力半減、というか、ほぼ魅力ゼロでは~(( ノД`)シクシク…

ちびっちゃいけど、かっこいい男の子になってほしいなぁ。






[PR]
# by patofsilverbush | 2017-12-13 10:53 | 子育て | Trackback | Comments(0)

週末

きのうは息子と散歩。
久しぶりに通称「イギリス海岸」(個人的に・笑)まで足を運びました。

河川沿いは工事車両が通るため、平日に行くことはないのですが
日曜日は工事もお休み。
ふだん歩いている小さな川沿いの道を、富士山に向かって突き当りまで行くと、
大きな河につながるのだけれど、
ひとりだったら突き当りまで行って、引き返してしまうので、
水辺ぎりぎりまで降りてみるなんていうのは、お休みの日の、
2人で行く散歩ならではの楽しみですね。

ちなみに、生真面目と言うか、なんというか、
「ぶらぶら、
    気の向くまま、
         行く先も決めずに、
       途中で休憩したり、
     道をそれたり、
         もっと先まで行ってみたり」
という散歩の醍醐味が、さっぱりわからない、
そもそも外歩きなんて好きじゃないという夫は抜きです(笑)。


たくさんの足跡がきれいに並んでいる「イギリス海岸」。
「大きな“ハウンド”の足跡が!!!」(『バスカヴィル家の犬(ハウンド)』)
「怪鳥の足跡が!!!」(『ロスト・ワールド』)
と、最近、観たり読んだりした本やドラマを、日常の中に盛り込みつつ、
それぞれの世界観に浸る母と息子。かみ合うような、かみ合わないような^^;
あ、でもよく考えたら、どちらも作者はコナン・ドイルでしたね。


草原にしろ、水辺にしろ、
視界が広いというのはもう、それだけで気持ちがいいわたし。
予定のない、お休みの日ののんびりした気分を満喫した日曜日でした。






[PR]
# by patofsilverbush | 2017-12-11 12:38 | 生活 | Trackback | Comments(0)

本日の散歩

d0314849_16064678.jpg

d0314849_16070505.jpg

d0314849_16072056.jpg

[PR]
# by patofsilverbush | 2017-12-10 16:08 | 生活 | Trackback | Comments(0)

交換日記・・・・って;

先週のちびまるこちゃんで、友蔵おじいちゃんが
めんどくさがるまる子にたってお願いして、交換日記を始めるというお話をみた息子。
「交換日記ってなに?」から始まり、
「ママ!やろうよ!」と。
え~、友蔵かよ**;

というわけで今週、彼が書いた日記に返事を書く+わたしもその日したことを書く、
という交換日記を試みています。

学校での出来事も、家で起こったことも、
ほぼしゃべっているか、目撃しているかなので、
彼の新しいことを別段、知れるわけではないのですが^^;
表現がおもしろくて、これはこれで笑えるな、と思ったりしました(笑)。
今日も学校から帰宅して、私が書いた分を読んで、
「これだけ?」とのたまうのですが・・・
今日は半日授業ですよ~。朝、わたされて、たった3時間ほどのうちに、
そんなに劇的なことが盛りだくさんになる日もそうそうあるまいよ!


まること友蔵の交換日記は、予想にもれず、
「とくにかくこともない」というまるこの一言日記であっさり終わるのでしたが、
我が家の日記はいつまで続くことやら。
時おり、きまぐれにメモ帳に書き付けた昔の自分の日記を読んで
「おれ、ウケる~」
とおっしゃっておられるので、いずれ忘れたころに、
ウケるネタになることと思われます。






[PR]
# by patofsilverbush | 2017-12-09 12:32 | 子育て | Trackback | Comments(0)

アドベント

d0314849_14475678.jpg

今日は聖母マリア様に捧げるごミサに与ってまいりました。

わたしたちにくださる神様の恵みは
必ずしも、すぐに喜びを伴う、わかりやすいものではないというのは、
「神の母」であるマリア様もご一緒です。
むしろイエス様を授かったことにより、
イエス様を育てる中で、戸惑いや悲しみ、苦しみをたくさん体験されました。
その体験を重ねるうちに、
いただいた恵みの豊かさや喜びをかみしめたことでしょう。

という神父様のお説教でした。

どこが恵みなのかわからない。
という経験をも、「これは恵みである」と信じる信仰。
自分の理解が及ばない、ほどの恵みであること。


神様があたえようとなさっている恵みを、
わたしたちはずいぶんたくさん、受け取り損ねているのかもしれません。
と神父様がおっしゃっていましたが、
ほんとうにきっとそうですね。
自分には必要でない、と拒否してしまうことが、わたしの日常にはきっと、たくさんあることでしょう。

d0314849_14481580.jpg


もうすぐ、ここにイエス様が。
まさにアドベントです!








[PR]
# by patofsilverbush | 2017-12-08 14:50 | 季節 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧