カテゴリ:生活( 283 )

いちごジャムは熱々で♡

みなさんは何ジャムがお好きですか?

我が家では母がたくさん送ってくれる、さまざまな手作りジャムを
一年を通して美味しく食しています。
一番多いのがあんずジャム。
秋には林檎ジャム。
ブルーベリーや、ときどき苺や、変わり種ではワッサークインという固めの桃、
そうそう、この秋にもらった中には栗、というのもあって、
どれも美味しく
結婚して10年以上もたつというのに、いまだに母の料理にお世話になっている朝食の幸せ。
息子もわたしも林檎ジャムが一番好きで、
あけようものならあっというまになくなってしまうのです。


さて、きのうはとほうもなく寒かったせいか、
朝、息子を送り出し、わたしも出かける支度をしながら
「お昼にはいちごジャムをのせた、さくさくのトーストが食べたい!
しかもいちごジャムはできたてのように熱々で!」
と、頭の中がいちごジャムトーストモードに(笑)。
サンタクロースのような真っ赤なダウンコートを今シーズン初めて着て出かけ、
さて、帰ってきたのは正午少し過ぎ。
珍しくもコンビニエンスで買ってみたクリームスープパスタと一緒に、
さっそくいちごジャムトーストでお昼にいたしました♪

オーブントースターを予熱しながら、
食パンにいちごジャムを落としておきます。
苺の塊がのこっているので、どさんどさんといい感じ。
あたたまったトースターに入れて、パンがきつね色になるまで焼いたら、
小さくカットしたバターをジャムの上に散らして出来上がり♡

熱々のジャムの熱でバターが溶けて、
程よい酸味と甘さに、コクを添えて
わ~なんて幸せ♡
ふつうに「ジャムを塗る」よりも、断然、好み!


どのジャムの瓶をあけようかな~と迷うのは、
あらゆる日常の迷いの中でかなり至福の迷いであるとおもうのですが、
ジャムってそれ自体、なんだかハッピーなエネルギーを持っているような気がします♪






[PR]
by patofsilverbush | 2017-12-16 10:55 | 生活 | Trackback | Comments(0)

週末

きのうは息子と散歩。
久しぶりに通称「イギリス海岸」(個人的に・笑)まで足を運びました。

河川沿いは工事車両が通るため、平日に行くことはないのですが
日曜日は工事もお休み。
ふだん歩いている小さな川沿いの道を、富士山に向かって突き当りまで行くと、
大きな河につながるのだけれど、
ひとりだったら突き当りまで行って、引き返してしまうので、
水辺ぎりぎりまで降りてみるなんていうのは、お休みの日の、
2人で行く散歩ならではの楽しみですね。

ちなみに、生真面目と言うか、なんというか、
「ぶらぶら、
    気の向くまま、
         行く先も決めずに、
       途中で休憩したり、
     道をそれたり、
         もっと先まで行ってみたり」
という散歩の醍醐味が、さっぱりわからない、
そもそも外歩きなんて好きじゃないという夫は抜きです(笑)。


たくさんの足跡がきれいに並んでいる「イギリス海岸」。
「大きな“ハウンド”の足跡が!!!」(『バスカヴィル家の犬(ハウンド)』)
「怪鳥の足跡が!!!」(『ロスト・ワールド』)
と、最近、観たり読んだりした本やドラマを、日常の中に盛り込みつつ、
それぞれの世界観に浸る母と息子。かみ合うような、かみ合わないような^^;
あ、でもよく考えたら、どちらも作者はコナン・ドイルでしたね。


草原にしろ、水辺にしろ、
視界が広いというのはもう、それだけで気持ちがいいわたし。
予定のない、お休みの日ののんびりした気分を満喫した日曜日でした。






[PR]
by patofsilverbush | 2017-12-11 12:38 | 生活 | Trackback | Comments(0)

本日の散歩

d0314849_16064678.jpg

d0314849_16070505.jpg

d0314849_16072056.jpg

[PR]
by patofsilverbush | 2017-12-10 16:08 | 生活 | Trackback | Comments(0)

あるひとこま

叔母が柿をたくさん送ってきてくれたのですが、
いかんせん、我が家で柿を食すのはわたしひとり。
うーん、これは誰かのヘルプが必要だな!
とりあえず近所の友達にLINEやメールを送り、食べてくれる人を確保!
午後、散歩がてらあちこちに宅配をいたしました。

コストコの美味しいパンをいただいたりして、
お互い「ありがとーさっそく食べる~」とほくほく。

お昼頃から曇ってきてしまい、急ぎ干してあった布団を取り込みましたが、
アン曰く「真珠色の曇り空」に、目の覚めるような木々の葉が鮮やかに映えて。
森と言うわけにはいかないけれど、美しい遊歩道を歩いていって、
友達と美味しいものの物々交換、
こんな日常が好き♡



[PR]
by patofsilverbush | 2017-11-27 15:51 | 生活 | Trackback | Comments(0)

ハイジ!!

d0314849_14171943.jpg
お友達がお菓子を包んでくれた紙ナプキンが、ハイジ!!
はい、宝箱行き決定です♡^^♡





[PR]
by patofsilverbush | 2017-11-14 14:19 | 生活 | Trackback | Comments(0)

インナーマッスル、鍛えているはずが・・・??

万歩計を使い始めて1週間ほどたちますが、
根がまじめというか、基本、「ちゃんとしなきゃ!」と思いがちなワタクシ、
毎日記録され、グラフ化されるアプリによって なんとなく強迫観念が生まれ・・・
先週は毎日きちんと出かけましたよ、ウォーキングに(笑)。
実のところ、
ウォーキングのカロリー消費量なんてたかが知れているのだし、
消費カロリーを気にして速足で歩く、とか
全然好みではないのですが、
通わなくてはならない習い事のごとく、若干の強制があったほうが、
わたしのような怠け者にはよいのかも???と思わなくもない、ような、ないような・・・


そんな中、
先日、本屋さんで立ち読みした本の中に
「壁につかまって片足立ちで1分間=ウォーキング50分と同じくらいの消費カロリー」
なる記述が!
ほんとですか!?
というわけでウォーキングに加え、
壁につかまらないで(キープできるから)片足立ち、左右各1分ずつ、
というメニューも加えてみました(笑)。

ヨガでいうところの「木のポーズ」みたいにしていたのですが、
1分ってやってみると、案外長く感じます。
なんとなく手持無沙汰な腕を、バレエよろしく上げたり下げたり。
「あ、そうだ!1分立ってるついでに腕をぐるぐるまわして肩甲骨を動かしたら、
身体がバランスをとろうとするから
インナーマッスルもより鍛えられるんじゃない??」
などと言いつつ 肩まわりをぐるぐる。
隣で夫もやっていたのですが、
インナーマッスル不足?なのか、軸足がぐらぐら 
彼のあまりのよれよれ よろよろっぷりに大笑いになってしまいました。

皆様もお試しあれ!笑えます(笑)




[PR]
by patofsilverbush | 2017-11-13 19:34 | 生活 | Trackback | Comments(0)

万歩計

d0314849_15281068.jpg
お天気の良い朝は、川面がきらきら。
家を出る時は肌寒いなと思っていても、歩くうちに身体がぽかぽかしてくる、
朝のウォーキングです。

あまり運動だと思っていなかったのですが、
万歩計で歩数を測る友人たちに触発され、
万歩計アプリをインストールしてみました。
う~ん、確かに
「今日はこれだけ歩いた!」という目安はでき、
漠然と歩くより、張り合いはあるかもしれませんね^^





[PR]
by patofsilverbush | 2017-11-10 15:36 | 生活 | Trackback | Comments(0)

わくわくと

布団を干したり息子と散歩に行ったり、いつも通りのんびり過ごした連休も終わり、
今日からまた平日の始まりです。
10月はずっとお天気が悪かったので、
なんだか晴れているだけで嬉しい!
お布団もふかふかとあたたかく、気持ちよく眠れます^^

雨でなかなか行かれなかった(を口実にさぼっていた?)ウォーキングも再開。
朝露できらきらする原っぱや、
金色に紅葉した木々、落ちている桜の葉の豊かなあか!
桂の木から漂うカラメルの香りも香ばしさを増し、
毎朝、あやしくふんふんと香りを楽しんでおります(笑)。


新しい地図のようにわくわくと、毎日を過ごせますように。
固まらない、
そんなふうに。わくわくと。



[PR]
by patofsilverbush | 2017-11-06 10:01 | 生活 | Trackback | Comments(0)

谷中銀座

良いお天気に恵まれております千葉の連休です。
みなさまはいかがお過ごしですか?

初日の昨日は、バレエ時代のお友達と久しぶり~に会えて、
谷中をぶらぶらしてまいりました♪
わたくし含め4人、
わたしともう一人はすっかりバレエから遠のき、小学生や高校生の子供がいたりしますが、
あとのお二方は現役の✨バレリーナ。
年齢も、環境も、住んでいるところもそれぞれで
なかなか会えないのですが
青春時代(笑)を同じお教室で過ごした仲間ならではの連帯感が(笑)。
なにしろ先生による「恐怖政治」(友人談)を経験してきたのでね~
「NO」と言えない、あの押さえつけられる感じ、
なかなか分かってもらえる人は少ないので・・・。


美味しいものを食べつつ、近況を語り、思い出に笑いあい
気づけば1万歩以上歩いているという(ヘルシーな友人たち計測)、
暴飲暴食なんだかヘルシーなんだか分からない、
楽しい休日。

予定を入れたときは夫のシフトも未定だったため、
息子をまる一日留守番させる?怖いんですけど💦と思っていましたが、
幸いなことに夫も休みで!
雨マークがついていたお天気も、晴れになりあたたかく、ぶらぶら歩きにぴったりで!
予定を入れた後、週末の予定がバタバタと入ってしまったため、
私にとっては「この日がぴったり!」な一日となったのですが、
これは友人も同じようなことを言っていたので、
まさに神様が用意してくださった一日だったのかもしれません。
神に感謝!


東京近郊に住みつつ、家に引きこもっておりますゆえ、
例にもれず谷中も初めてだったのですが、
小さな雑貨屋さんがたくさんあって、まだまだ覗いてみたいお店もたくさん。
路面店をぶらぶら、
楽しいですね。











[PR]
by patofsilverbush | 2017-11-04 11:06 | 生活 | Trackback | Comments(0)

海の向こうにいるのは

SMAPの『Triangle』という歌は、
たくさんある大好きなSMAPの曲の中で、
私の中ではちょっとおもしろい位置にある曲です。
もちろん、好き。
なのですが、ほかの数々の曲と違って、
「元気をもらえるから」「○○だから」とだけでは言い表せない、
いろんな感情がわいてくる曲なのです。

たとえば
闘うことをやめない、
飢餓や病気に苦しむ人たちを顧みない、
自分を含めた「人間」全般に対する憤り。
自分の中にいつもあるこうした怒りに気づいたのは、
ユニセフ大使としてソマリアの惨状を目にしたオードリー・ヘップバーンの、
こんな言葉を読んだ時でした。


『私は自分を含めた
人間というものに対する憤りでいっぱいです。
“集団の罪”は信じないけれど
“集団の責任”なら信じます』


いつもすごくモヤモヤしていた自分の感情が、憤りであったのだと思ったとき、
すごく強い衝撃を受けた。
そんな憤りを、このSMAPの曲にも感じるのです。



「わたしたちがそれぞれ異なる外見を持つように、
自由でこそ、いのちなのだ
大国の英雄(ヒーロー)や戦火の少女が持つのは
それぞれ重さの同じ、尊ぶべきいのち」




憤りだけではなく
理不尽に失われていく命を悼む気持ちや、共感、
この地球上の、すべての人を愛おしむ気持ちが、静かに胸の中に広がる、
そんな歌。



選挙を前にして
防衛対策や圧力を強化する政策に賛成していた、ある高校生の男の子が、
たまたまインターネットで脱北者である、同じ年ごろの女の子の語る映像を見た。
軍事演習や、軍事パレードの映像ばかり目にしていた彼が見たのは
誰かに、どこかの国に、攻撃されることを恐れている、
おびえている、悲しんでいる、自分と同じようなひとりの人。
「こちらから攻撃をしてはいけない、対話すべきなんだ」と強く思いました、と
そう話しているニュースを見ました。
大きな「国」の向こう側にいるのは、
「ひと」なのです。
楽しければ笑い、食事をし、恋をし、悲しければ泣き、傷つくこともある、
一人一人の大切な暮らし。人生。命。
ニュースはそれを伝えない。


暮らしを破壊されるのは、一人一人の、
「ひと」なのです。
小さなレベルでものを考えたとき、その一人一人の、わたしたちと同じ「ひと」に
圧力をかけるのが正しい在り方なのか。文明国の在り方なのか。
もっと大きなレベルで物事を考えているのだと言うのなら、
弱者に寄り添う政治なんて、ちゃんちゃらおかしいということになるのではないでしょうか??


海の向こうにいるのは、
国境線の向こうにいるのは、
泣いたり笑ったりしながら、日々をせいいっぱい生きている、
同じような人たちなのです。









[PR]
by patofsilverbush | 2017-10-21 11:55 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧