カテゴリ:生活( 263 )

お片付け

サンタクロースからベッドが届いたので、
いよいよ息子の一人部屋を整えるべく、
納戸と化していた2階の一室の片づけが、年末の一大行事となっております。

納戸と化していた一室を片づける、
ということは、
つまりそこに「とりあえず片づけて」おいた もろもろのモノたちの、
新たな(そしてちゃんとした)しまい場所を見つけねば!ということなので、
ハイ、一室じゃすみませんよね~。
これを機に各自個室化計画を練っておりましたが、
エアコンを設置してあるのが寝室だけなので、
猛暑の季節を思い断念(笑)。
寝室はそのままに、ベランダに出られる部屋を フリーなワークスペースとすることに。


家族が3人しかいないことだし、誰に見られるわけでもないので
2階の部屋は今まで、どこもドアは開けっ放しでした。
通りすがりに、あいているドアから、
今まではごちゃごちゃ 雑然としていた「納戸」が、
美しく整った「部屋」としてちらっと見えると、とっても気持ちがいい!
ワークスペースもなんとなく漠然と片づけてあるだけでしたが、
これまたごっちゃごちゃと細かい手芸用品を、きちんと収納すべく、
わたしはワークスペースで、息子は自室で、
ここ2日ほど楽しく立ち働いております。
ふだん片づけないくせに、集中しだすとかなり念入りに整理整頓するうちの子。
そのキレイさを保ってくれるよう、切に願います( ´艸`)


「一人で寝る~060.gif」と張り切っていた彼ですが、
昨晩の地震であえなく出戻ってきました((^^;)
毎晩ちょっとずつチャレンジになりそう!?
まだしばらく、ドアは開けっ放しでいけそうです。


[PR]
by patofsilverbush | 2016-12-29 11:58 | 生活 | Trackback | Comments(0)

年末の・・・?

「SMAPすげぇ」と 中居君がおりおりにもらしますが、
自分以外のメンバーへの敬意や、信頼や、愛がこもったその言葉が好きです。

「SMAPのメンバーが大好きなSMAP」が、大好きだったし
大好きです。


悲しいときや、やりきれない気分のときに、
しなくてもいい掃除に精を出す マリラの気分。
グリーンゲイブルスとちがって、我が家は掃除の必要はおおありですがね(苦笑)

[PR]
by patofsilverbush | 2016-12-28 13:17 | 生活 | Trackback | Comments(0)

カワセミ

季節外れの暖かさのせいか、
今年はあまり「クリスマス!」という季節感を感じないままですが、
明日から学校は 待望の冬休み!
競艇も最後のSGレース!
ということで(笑)、周囲にはそこはかとなく 年末感も漂ってはおります。
まあ、基本的に我が家は 夫の仕事も年末年始あったりなかったりだし、
大掃除もしないので、
毎年「年末・年始恒例の・・・」というものがないんですけどね。


「一年あっというまだったなぁ!」と年末になると毎年思いますが、
いろいろ思うことがあって、個人的に気持ちが苦しかった昨年に比べると、
今年は驚くほどのんびり、おだやかな一年でした。

特筆すべき大事件も起こらず、
毎日が淡々と過ぎてゆきましたが、
その中に、
嬉しいこと、楽しいこと、サプライズ、大変だ!と思うこと、
悲しいこと、憤りを覚えること、途方に暮れること、等々が、
バランスよく散りばめられた一年であったと思うのです。


「今年もよい一年でありますように」と新年には願うけれど、
きっと “楽しいこと” ばかりだったら、その楽しさに気づかないようになってしまう気がします。
ちょっと悲しかったり、ちょっと切なかったりする時があるから、
小さなハッピーを心から楽しめるような。
「持っているから、“持っている” というお恵みに気がつかない」のと一緒ですね。
禍福は糾える縄の如しで、
そのバランスがちょうどよい塩梅なのが、結果として「よい一年だった」と思える年に
なるのかもしれません。




コウノトリに引き続き、
きのうはカワセミのダイブを目撃!お魚を食した後、
ホバリングしているのも見られて「わ~、カワセミ(らしい)!」と
また一人感激したのでした。
そんなふうに、
今年の残りの日々も過ごしていけたら、と祈る。
今年はそんな一年でした。




[PR]
by patofsilverbush | 2016-12-22 09:27 | 生活 | Trackback | Comments(0)

コウノトリを!

見てしまいました~✨

お買い物に行く途中、地元とはちょっと離れた場所だったのですが、
車の中から「ん?あの鳥は?」と、飛んでいる姿が目に入りまして。
幹線道路から一歩入ったおうちの、屋根の上にはばたきつつ舞い降りてきたのは、
まさしくコウノトリ!!!


く~、車じゃなかったら、戻って見たかったものを!
(注:運転していたのは、もちろん夫です( ´艸`))


私が住んでいる市には、コウノトリの観察センターがあり、
放鳥などもしているので、
いつかどこかで見られたらいいなぁ・・・なんて思っていたのですが、
まさか実際に、
空を飛ぶ姿が見られるなんて!
アンデルセンの絵本のように、屋根に舞い降りる姿が見られるなんて~(落涙)


なにかいいことがありそう♡
と思ったら、帰りによってスーパーで紅玉林檎を発見!
これまた嬉しい♡
今日はハッピーラッキーの多い一日です。





[PR]
by patofsilverbush | 2016-12-20 15:09 | 生活 | Trackback | Comments(0)

ポニーテールもどき

長らくヘアカットに行かない髪が、ずいぶん伸びてしまいました。
バレエをやめて以来、ときどき伸ばすことはあっても、
基本的にはショートボブ→肩よりちょっと伸びてしまった💦を
繰り返しております。
切りに行きたいけれど、冬はニット帽をかぶったりするので、
結べるくらいがちょうどよかったりもするんだよねぁ・・・なんて迷いつつ、
とりあえず邪魔なので、朝起きたら、後ろで一つ結びに。
巻いたりブローしたりなんだり・・・なんてことは、いっさいしないずぼらなワタクシ(笑)。

サイドの髪を編み込みもどきにすることもあるけれど、
基本的にはいろいろいじるほどの長さのない、
実に中途半端な状態なのです。

そんなずぼらなひとつ結びですが、
下のほうで結ぶと、本当に「落ち着いちゃってますな!」な雰囲気になってしまうので、
最近はやや結ぶ位置を上にして、気分upをはかっています060.gif
ポニーテール、までは、もちろんいかないけれど、
耳たぶではなく、耳の上側から延長したくらいの、
おくれ毛がほろほろこぼれ落ちない、ぎりぎりの位置。
ほんのちょっとの差ですが、
圧倒的に気分も上がり、印象もぐっとアクティブになる・・・ような気がします(笑)。
本当は様になるほど髪も長くはなく、ちんちくりんな感じなのですが、
ストールをまいたりニット帽をかぶったりしてボリュウムが出た頭周りには、
このくらいのちんちくりん加減で動きが出た方が、
軽やかになるような気もしていて。


落ち着いたといえば聞こえはいいけれど、
要は老けて見える、というのは、女性ならできれば回避したいところ。
気分がアクティブであるって、
やっぱり日々のフットワークにも相当影響しますし、
自分が軽やかな気持ちになれることは、
積極的に試してみたいですよね。





[PR]
by patofsilverbush | 2016-12-15 13:37 | 生活 | Trackback | Comments(0)

月曜日

おはようございます016.gif
寒い週末から、寒い週明けとなっておりますね。

「どうしてイギリス人は “新鮮な空気” が好きなんだろう!」
アガサ・クリスティが生んだ名探偵の一人である、
寒がりなエルキュール・ポアロは しょっちゅう嘆いていますが、
たしかに今朝は、掃除の際に入れ替えたお部屋の空気が、なかなか暖まりません。
ポアロなら「換気」と聞いただけで身震いするでしょうが、
わたしは“新鮮な空気”が大好き♡
夫と息子はポアロ派なので、2人がそろう週末は窓も開けづらく・・・。
週明けの朝は 窓を開け放つ喜びでいっぱいです(笑)。
冒頭のごあいさつの後のハートマークは、そんな気持ちの表れ(笑)。
日中、暖かくなってから喚起してもいいのだけれど、
朝の空気ってやっぱり何か、特別な成分が含まれているような気がします。
きりりと爽やかで、静かで、フレッシュ。
月曜日は特に、そんな空気で室内をまっさらにしたくなってしまうのです。


わたしはといえば、
もう一人の名探偵、
“色とりどりのふわふわしたもの”(ショール)にくるまっている 
ミス・マープルよろしくの恰好。熱い紅茶でもいれて、針仕事の続きにとりかかろうかな。
クリスマスまで2週間、冬休みまでも2週間。
それは寒いわけですよね。

待降節のわくわくを感じながら、今週も毎日を楽しめたらいいですね。








[PR]
by patofsilverbush | 2016-12-12 09:40 | 生活 | Trackback | Comments(0)

目新しい

ややボリュウムのある、あたたかな茶色のセーター。
好きなのですが、
ユニセックスでちょっと男の子っぽいイメージと、
なんとなく顔色がくすんで見えるようになったのが気になって、
ああ、そうだと
きのうは、ふだんつけないパールのイヤリング(*フェイクですが)をつけてみました。
ほらほら、顔がくすんでくるアラフォー世代には、パールやシルクで光をプラス!とか、
雑誌に載っているではありませんか(笑)。


家事の邪魔になるので、結婚指輪もつけないわたしが
ふだんつけるアクセサリーは、ネックレスが主。
ピアスの穴もあけていないし、
昔はよくしていたイヤリングも、
落としたらいやだな、耳も痛くなるし💦と ほとんどしなくなりましたが、

夜勤明けで帰ってきた夫がまず、
「今日どこか行ったの?」
学校から帰ってきた息子も、
「あれ、今日どこか行った?」
と 開口一番。
顔周りについているのですぐに目に入ったようです。
着ているのはいつもと同じセーターなのだけど、
なんだかお洒落している!と男どもは思ったよう(笑)。


目新しいアクセサリーの効果って、すごい!
見飽きたお母さんも、新鮮に見えているのかも!?
光効果があったかどうかはわかりませんが、
家族の反応が新鮮で、私自身もふだんとはちょっと違う、
優雅な気分になれたことは、素敵な効果でした049.gif



もうひとつ、シンプルなニットに映える冬のアクセサリーに、
スカーフがあります。
襟元の詰まったニットだと、ネックレスは見えなくなってしまうし、
長く下がるタイプのものをつけると、うっかり毛玉になっていたりもするので、
ちょっと淋しいかな
というときにはスカーフを使うと、見慣れたニットも新鮮な気持ちで着られます♫
シルクの程よい光沢が 顔周りを華やかにしてくれるような気がするし、
あたたかいというおまけつき♡なのも、
お気に入りのポイントです。






[PR]
by patofsilverbush | 2016-12-08 14:40 | 生活 | Trackback | Comments(0)

美味しいおやつ

子どもの頃、よく食べたおやつのひとつが「乾燥芋」でした。
茨城に住んでいた祖父が送ってくれる荷物の中によく入っていて、
同じく 必ず入っていた「ぼんたんあめ」と共に、
今でも懐かしい、大好きなおやつです。


秋の終わりになると、義父が毎年、サツマイモをどっさり届けてくれるので、
今やホームメイドの干しイモが、冬のお楽しみおやつのひとつになっております。


ストーブで暖を取るついでに、無水鍋に入れたサツマイモをセット♡
しばらくすると、甘~いいい匂いがしてまいります( ´艸`)
無水鍋は、素材から出る水分で調理ができるので、
アルミホイルを敷いた鍋に、そのままおいもをいれて、火にかけるだけ。
お水入らず、ほくほくのお芋に仕上がるんですよ060.gif
なべ底側の皮がいい具合に焦げて、焼き芋風味になるところもグー049.gif
d0314849_09555070.jpg

かなり大きい鍋なので、数本まとめてふかせるのがいいところで、
出来上がったら、そのまま食べてもよし!
ケーキに入れてもよし!
余ったぶんは
皮を少し厚めに剥いて、薄切りにし、ざるに並べて天日干し。
お好みの硬さになるまで数日かけて、じっくり干してというか、ほったらかして(^^;))。
できあがった干しイモは 冷凍して保存できるので、
おやつがない!なんて時にも ちょっと重宝なのです。

が。
我が家では子ネズミならぬ大ネズミが出るせいか、
じっくり乾燥している間に、いつの間にかすっかり芋がなくなっている!
なんてことも、しばしば。
息子が通りすがりに 行きがけの駄賃とばかりつまみ食いをするのです。
冷凍するところまでいきつくことは ほとんどないのですが(笑)
なんだかわかる、
こうやって一口つまめるものって、なんとなく美味しくて食べちゃうんだよね~♥


ちなみに、
ねっとりと柔らかい安納芋は 乾燥にも時間がかかり、やわらかめの仕上がり。
さっぱりした紅東は、適度な硬さがあって、いわばハードタイプな干しイモに仕上がります。
やや厚めにスライスすると、食べごたえのあるおやつに。
食べ比べたり、作り比べたりして、好みの干し芋を作ってみるのも、
冬のお楽しみのひとつです。

d0314849_09551513.jpg







[PR]
by patofsilverbush | 2016-12-07 10:22 | 生活 | Trackback | Comments(0)

アレッポの石鹸

お風呂で使っているのは ボディーソープではなく、石鹸です。
大人も子供も使える、顔も体も洗える、シンプルな石鹸。
「これ一筋!」というわけではなく、気になったものを気分によって買ってみたりしていますが、
一番よく使うのは、アレッポのオリーブ石鹸です。
いい匂いがするわけでもない、オリーブ色の無骨な石鹸。
けっこうな大きさで、「塊」という言葉がぴったりな外見です。
とてつもなく使用感がいいとか、洗い上がりがしっとりする✨ というのも、
実は特別 感じたこともないのですが、
なんだろう、なんとなく、好きなんですよね。実直な石鹸だなぁ!という感じが(笑)。
小さい頃、肌が弱くて、柔軟剤も使えなかった息子のためにも、
余計なものが入っていない、無香料であることも、安心でした。
(今も柔軟剤は使っていません。たぶん、もうかぶれることはないと思うのですが、
今となってはあの強すぎる人工的な香りが苦手になってしまった💦)


シリアのアレッポ。
戦闘地帯となり、
この良質の石鹸を作る工場も、原材料のオリーブ畑も荒れ果ててしまい、
アレッポ石鹸のレシピはそのままに、今やシリア以外の国(フランスなど)で作られるものが多くなっているとか。
悲しいことです。


美しい、平和な国で、アレッポ産の石鹸がいつまでも作り続けられますように。
お風呂に入るたびに、かの地を思うことも、小さな祈りであるかもしれません。



何かに対して祈ること。
祈っています、ということ。
思いを馳せること。

時々、自分の平和な日常と、相手の状況とが かけ離れていて、
その日常の贅沢にどっぷり浸っている自分は、なんて偽善的なんだろうと思うこともあります。

そういう葛藤を自分の中に抱えていても、それは私個人の心の問題で、
やっぱり、
誰かや、何かに思いを馳せ、
相手が幸せであるように祈ることは、大切なことだと思うのです。





[PR]
by patofsilverbush | 2016-12-04 12:11 | 生活 | Trackback | Comments(0)

定番だけど

ところで、みなさまのおうちのポテトサラダには、
なにが入っていますか?

キュウリや人参、コーン、ハム、たまねぎなんかが定番でしょうか。

母のポテトサラダに入っていたので、わたしも薄切りにした林檎を入れるのが好き。
秋になると長野から美味しい林檎が届くので、
春・夏にスーパーで林檎を買うこともなく、
林檎が入ったポテトサラダは、秋・冬のお楽しみなのです。


今日のお弁当はポテトサラダのサンドイッチにしたので、
林檎♫林檎♡と思っていましたが、
私同様 リンゴ大好きな息子に「リンゴはそのまま食べたい!」と主張され、
泣く泣くきゅうりの定番形に・・・。


林檎以外の具としては、
きゅうり、にんじんが我が家の定番ですが
(生のたまねぎは夫が苦手なため)
今日は人参は彩に別添えしたかったのと、野菜をたくさん食べさせたいので、
キャベツをたっぷり混ぜて、ハムのピンクもちらほらと、
白地にグリーンの配色爽やかなポテトサラダでした。


お友達が作ったのをいただいたときは、粒マスタードが入っていて
新鮮で美味しい!と思ったし、
マヨネーズで仕上げないで、豆乳とレモン、塩、こしょうで味付けすると、
さっぱりしたポテトサラダに(わたしはこちらの方が好き)。

ポテトサラダひとつとっても、
各家庭の味があって、楽しい。
みんなどんなお弁当を持ってきたのかなぁ~
ちょっと覗きに行きたい気がしたお昼でした♫



[PR]
by patofsilverbush | 2016-11-28 16:06 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧