カテゴリ:子育て( 195 )

家庭科の宿題

息子が家庭科の宿題を持ち帰ってきました。
キルティングの巾着型リュック。
ハリー・ポッター柄(片面は月夜に浮かぶホグワーツ、もう片面はホグワーツの校章)を選んで
ハリー気分満載ですが
冬休み前に提出とのこと。

持ち帰った時点で、
巾着の紐通し部分がちんぷんかんぷんになっており、
このままでは縫い進められないことが判明。
「ええ~え・・・終わらないよぅ」と半泣きになる息子を無視し(笑・だって無理だってば)
ちょっとほどいてやり直ししてもらいました。
そもそも、縫い代の幅が左右違ってるしね^^;

夕ご飯後、作り方説明書をゆっくり見ながら
「はい、ここをまっすぐ縫って!」
と秘蔵のミシンを使わせて(男の子は機械とみると、すぐいじくりまわすので、怖い怖い)。
カメさん速度でしたがゆっくり縫えば大丈夫。
息を詰めつつ、1時間ほどできれいに仕上がりました。
自分でちゃんと、きれいに作れた!ことに満足したらしく、
ためつすがめつ嬉しそう^^

家庭科の宿題、ミシンは怖いしまっすぐ縫えないし、嫌いだったなぁ・・・
とクラブで作る課題だったワンピースを
母に全面的に縫ってもらった中学生の自分を思い出しました(笑)。






[PR]
by patofsilverbush | 2017-12-21 14:31 | 子育て | Trackback | Comments(0)

楽しいやら、楽しくないやら??

d0314849_10310367.jpg
週末、いつもの「散歩行こうよ~」という息子のお誘いを、
サイクリングにしてみました。
誘ってくれるうちが華~ですもんね(苦笑)。

川沿いを海方向へ、出発!
出かけた時間が遅かったので、さすがに海までは行けませんが(早くても無理か?)
行けるところまで ひたすらこぐこぐ!ビートルズです。

なんだか楽しそう~な感じもしますが、
子どもと出かけるって、わたしは個人的に、実はけっこうなストレスです。
自分のペースで歩けないって、思いのほかストレスであることに、
子どもを産んでから気がつきましたが、
なにしろ自分のペースでは何もできない、集中もできないことが、
子どもと過ごす時間のストレス・ナンバーワンでは?
男の子のせいなのか、女の子にはない無駄な動きとか、
用を言いつけても、いちいちふざけては事が速やかにはかどらないとか、
せっかちで短気なわたしにはかなりの忍耐力を要する息子とのラブリーなお時間。
もちろん自転車もたいへんで、
車間距離5センチくらいでぴったり後ろを走ってくるとか、
歩行者が待っていても平気でのんびり道をふさぐとか、
並走しながらものすごくそばまで寄ってくるので、わたしと接触事故とか
ものすごいスピードでこいだかと思えば、突然速度を落としてみたり、蛇行運転などなど
最近のニュースでもよく見かける迷惑走行そのもの!
おかげで注意のし通し、あげくにぶつけられて土手から転げ落ちそうになり、キレる(私が!もちろん!)
という、身体より心がくたくたになるサイクリングだったのですが・・・


とにもかくにも、楽しめる事を楽しまないと、
ほんと、子育てなんてやってられない!


というわけで、
サイクリングロードの横の冬枯れた畑の中で、
離発着の練習?を繰り返すヘリコプターを間近でながめたり、
沈みゆく夕日を堪能したり、
がんばった、わたし(落涙)!


仕事と家事と育児を両立してます!
というスーパーウーマンみたいな人もいるけれど、
ほんとかいな??とかなり懐疑的。
子どもと過ごす時間はかけがえない宝だけれど、
「やればできるんだよ!」みたいな、
そんな簡単なものに考えてほしくない、というのが 日々の実感です。

d0314849_10312056.jpg
d0314849_10313510.jpg



[PR]
by patofsilverbush | 2017-12-19 10:53 | 子育て | Trackback | Comments(0)

自国民の安全はどうした?

一年前、オスプレイが沖縄で墜落した際のニュース映像の中に、
海から機体の残骸を引き上げる幾人かのアメリカ兵が映っていたものがありました。
兵士の中には男性もいれば女性もいたように思うのですが、
その映像は偶然、彼らが何らかの理由で皆で笑いあっている、笑顔の映像でした。

どんな理由で笑みを浮かべていたのか、
たまたま誰かが口にした一言がおもしろかったのか、
もちろん映像からはまったくわかりません。

ただ、それを見たときに、
自分たちの仲間が乗ったヘリが墜落したのに、なぜこんな場面で笑えるのだろうかと
思ったのを覚えています。


それと同時に、
墜落による事故があろうがなかろうが、
沖縄に住む人が死のうが生きようが、いえ、沖縄だけではなく、
日本人がどうなろうと、
この人たちにとっては「戦争に負けた国」「属国」の現地人でしかないいんだろうな
という印象を持ちました。


もちろん、笑ったのはその映像にうつっていた一瞬のことで、
後の時間は終始厳粛な顔をしていたのかもしれないし、
そんなふうに思っていないよ!という方もいるであろうとは思うのですが、

沖縄で相次ぐ事故や、繰り返されるレイプ犯罪などを見るにつけ、
アメリカの軍人ってバカなの?(こんなに問題になっているのに、また繰り返す学習能力の無さ!?)
それとも日本人を人間扱いしていないの?(こんな些末なことと、まったく問題視していないの!?)
わざと?
と思えてしまう。
それくらい、あの映像の中の笑顔は強烈な印象を私の中に残しました。


日本人の生命と財産を守る
と、自衛隊についての判断や、
憲法改正に目の色を変える首相はことあるごとに繰り返しますが、
自国民の生命を守ることより、金髪おじさんのご機嫌取りに汲々とすることのほうが
重要みたい。
世界の中心で「大国だ」と威張りたいのなら、
アメリカにしっぽをふるよりも、
温暖化問題や、核兵器廃絶問題でこそ、リーダーシップを発揮して見せればいいのに。
真のリーダーシップがとれる国ではないのだと、世界に公言しているようなものではないでしょうか。


子供たちの安全も守れないようなわが国に対して
怒りを禁じ得ません。




[PR]
by patofsilverbush | 2017-12-14 12:38 | 子育て | Trackback | Comments(0)

もう制服のご用意!

先週の土曜日に、息子の中学校の制服を注文してきました。
だいぶん大きい学ランを試着している姿に、「うぷぷ、かわいい♡」とにんまり。
春になって、だぶだぶ・ぴかぴかの制服を着ているフレッシュな学生さんを見ると、
「かわいい、新一年生ね♡」って思いますよね~。
制服やら体操服・ジャージーに上履き・外履き、通学鞄にサブバッグ、
一通りそろえて、諭吉さんが何人も手を振って行かれました・・・。

制服って、男の子の魅力2倍増し!みたいなところがありませんか?
あれ、わたし、制服フェチ?
個人的にはブレザーより、断然、学ラン(笑)!
女の子はもちろんセーラー服が好きです♡(高校を選ぶ際の、けっこう大きなファクターでもあったような)
息子の通う中学は、
校内にいるほとんどの時間はジャージーで過ごす(制服屋のおじさん談)そうなので、
わたしと息子はけっこうがっかりしております。
ジャージーなんて・・・魅力半減、というか、ほぼ魅力ゼロでは~(( ノД`)シクシク…

ちびっちゃいけど、かっこいい男の子になってほしいなぁ。






[PR]
by patofsilverbush | 2017-12-13 10:53 | 子育て | Trackback | Comments(0)

交換日記・・・・って;

先週のちびまるこちゃんで、友蔵おじいちゃんが
めんどくさがるまる子にたってお願いして、交換日記を始めるというお話をみた息子。
「交換日記ってなに?」から始まり、
「ママ!やろうよ!」と。
え~、友蔵かよ**;

というわけで今週、彼が書いた日記に返事を書く+わたしもその日したことを書く、
という交換日記を試みています。

学校での出来事も、家で起こったことも、
ほぼしゃべっているか、目撃しているかなので、
彼の新しいことを別段、知れるわけではないのですが^^;
表現がおもしろくて、これはこれで笑えるな、と思ったりしました(笑)。
今日も学校から帰宅して、私が書いた分を読んで、
「これだけ?」とのたまうのですが・・・
今日は半日授業ですよ~。朝、わたされて、たった3時間ほどのうちに、
そんなに劇的なことが盛りだくさんになる日もそうそうあるまいよ!


まること友蔵の交換日記は、予想にもれず、
「とくにかくこともない」というまるこの一言日記であっさり終わるのでしたが、
我が家の日記はいつまで続くことやら。
時おり、きまぐれにメモ帳に書き付けた昔の自分の日記を読んで
「おれ、ウケる~」
とおっしゃっておられるので、いずれ忘れたころに、
ウケるネタになることと思われます。






[PR]
by patofsilverbush | 2017-12-09 12:32 | 子育て | Trackback | Comments(0)

昇級審査

きのう、合気道の昇級審査が無事におわり、これで今月の行事は終了!
ほっとしました~。
あ、まだ今週金曜日の、持久走記録会があったわ・・・^^;
とにかく、体調良くすべての行事に参加できたことに感謝です。


審査前の稽古を見ていたら、
あまりのだらだらっぷりに、思わずイライラしてしまいましたが(苦笑)
いざ審査となれば、
3年前には、わ~、あんなことができるようになるんだぁ
と思っていたことができるようになっていたりして、
ちゃんと覚えてるのね、よかった!とほっといたしました。


なかなかに長丁場だったので、途中、
ロビーにて本を読んだりしながら待っていたのですが
大きな窓から燃えるような木々の葉が鮮やかにみえて、
それが時おり、風でさーっと散るさまも美しく、
活字におとす目もうつろいがちに。
秋のニューヨーク。な気分の、日曜日でした。






[PR]
by patofsilverbush | 2017-11-27 10:15 | 子育て | Trackback | Comments(0)

精神力

日曜日に行われた市の駅伝大会、おかげさまで無事に終わりました^^。
寒~い朝だったものの、お天気は良くて^^
息子は通っている小学校3チームの中でも一番遅いチームでしたが、
みんな無事に走り切りました🏃がんばった!
それにしても、トップで走ってくる学校なんて、同じ小学生とは思えない、
スピードの差!
途中から周回遅れのチームが多数となり、
ずいぶん差があるものだなぁとびっくりいたしました。
だってほんと、ウサギと亀くらい疾走感がちがうの(笑)。
なんでもそうですが、きちんと取り組んでいると、やっぱり動き方からして違うものですよね。

なにはともあれ、寒い中、朝からみんながんばって走った小学生たちでした。
お友達が、疾走(迷走?)中の息子をスマホで激写してくれて♡
写真だけ見ると、ユニフォームなんて着ちゃってなんだか速そうです。うふふ。



ところで・・・。
学校行事やマラソンの練習でやや疲れがたまっていたり、
ちょっと体調崩したこともあって、ここ2週間ほど、合気道の稽古に行かれなかったのですが、
26日の審査を前にして、
駅伝から帰宅後、先生から電話がかかってきてしまいました💦
夫が電話に出て、欠席の理由を説明したのですが、
「そういう時に稽古に行かせるのが、親でしょう!」と怒られたらしく、
夫もぶりぶりしておりました。
うーん。
結局、午後の稽古に行かせたのですが、
審査って、別に受けなくても、落ちても死ぬわけじゃぁ無いしね・・・。
きっと、しんどい時こそ頑張ることで、精神力が養われる、ということを
先生はおっしゃりたいのだろうと思うのですが、
そういうふうに、稽古をしてきたわたしとしては、
賛同できるような、賛同できないような、複雑な気持ちです。
親の一番の仕事は、子どもを導くことではなく、
体調管理と、
子どもが何かやりたいと言ったときに、できるだけ協力してみることではないかと。
見解の相違です。
実のところ、しんどいときにがんばって稽古に行っていたというのに
わたしのメンタルはかなり薄弱です(笑)。

精神力って
どんなふうに養われるものなのでしょうか。


今日も風が冷たいですね。
みなさまもあたたかくして、体調にお気をつけてお過ごしくださいませ。












[PR]
by patofsilverbush | 2017-11-21 10:44 | 子育て | Trackback | Comments(0)

風邪対策いろいろ

今月はすべての週末に息子関連の予定が入っていて、
私自身は暇なのに、気分的に落ち着きません。
学校の音楽発表会や、明日は部活の駅伝大会、その次は半年ごとの合気道の昇級審査。
どれこもれも、わたしががんばるべきものはひとつもありはしないのですが(笑)
とにかく会場に連れて行かねばなりませんしね。
それにこの時期、何が落ち着かないってやっぱり体調管理です。

寒暖の差が激しいし、風邪も流行ってくるしで、
当日、ちゃんと参加できる健康状態でいられるのか、
ヒヤヒヤものです。
明日の駅伝大会を前に、おととい辺りからなんとなく
風邪気味で鼻が出る、のどがいがいがすると言い出しやがりました。
はぁ、やれやれ。
とりあえず最後の一服が残っていた葛根湯を飲ませ、
ハチミツを舐めさせ🐻、マスクにラベンダーオイルをひとたらし。
きのうあらたに葛根湯と、甘酒を買ってきました。


お米だけとは思えないあのこっくりした甘~さが、私も息子もやや苦手なのですが、
飲む点滴と言われていることでもありますし!
とにかく内側から身体をあたためたくて、
すりおろししょうがを入れてみました。
ちょっとピリッとするしょうがのおかげで、飲みやすくなります🍵

鼻はずるずるしていますが(スミマセン💦)どうにか熱はでずに持ちこたえております。


葛根湯を買った際、レジの店員さんが
「お大事になさってください」と添えて下さった一言が嬉しい、
風邪で休養の土曜日です。

みなさまも、よい週末をお過ごしくださいませ。







[PR]
by patofsilverbush | 2017-11-18 14:34 | 子育て | Trackback | Comments(0)

お母さん業に誇りを

今日は午前中、お友達のおうちにお邪魔してお茶をいただきました。
死から、学校のバザー活動、子供のこと、自分のことと
日々のいろんなことが話題になりましたが、
あまり大きな声で言うのは憚られる話題も。
ずばり、「お母さん」について。


男女平等や、女性の社会進出が推奨される昨今ですが、
その裏で、
どうも子供がないがしろにされているような気がしてならない。
こう言うとわりとすぐに「時代錯誤」などと言われてしまうのですが、
そしてもちろん、女性が仕事を持ち、生き生きと人生を過ごすのは、
とてもとても素晴らしいと思う一方で、
その女性自身が
「お母さん」という仕事を軽く見てはいないかという疑問が、
絶えず心の中にあります。


待機児童問題が話題になると、まず「保育園を作る」となりますが、
はっきり言って、それって大人の事情ではないのかなぁ。
だって子供は、お母さんと一緒に過ごしたいんじゃない?
そして「誰か大人がみていてくれ」たとしても、
お母さんに代わる人は誰も、たとえお父さんであっても、
お母さんの代わりになる人は、いないと思うのです。


きっと、そのときそのときに、
子どもが必要とする時間や愛情の分量があると思うし、
後付けでは得られない何かがきっとあるようにも思う。
できない事情があるのならばいざ知らず、
大人の都合で他人に預けることは、育児しているとは言えなないのではないかと、
いろいろご批判あるのを承知で、
本当はそこまで思っています。あ、言っちゃった。



ただの「お母さん」でいることはいや。
名前のある、社会とつながりのある仕事を持った、一個人としての人生を謳歌・満喫したい。
というのは、
人として、ごく当たり前の願望です。
長い間、女性に閉ざされてきた「社会人」としての扉が、
少しずつひらかれてきた今、
ひとりの人として、自分のかけがえのない時間を生き生きと過ごしたい気持ちも、
もちろんわかる。
仕事に家庭に介護にと、さまざまなジャンルで同時に活動できる女性の能力は、
もう男性なんかにはできないでしょ!
と誇れるものでもある。

だからなおさら、
「お母さん」という労働を、
女性がもっともっと誇って欲しいと思うのです。
誰でも子育てしてるから、やって当たり前、
なんてことは、全然ない。
ひとりの人間のために自分の時間や労力を割き、責任もってつきあい、待ち、
かつ、無償の愛情をもって
赤ん坊から社会人になるまで見守るなんてことは、
もっともっと、社会的にも誇るべき仕事ではないでしょうか。

男性がそう思うわないからこそ、
女性からまず、母である自分を
どんな社会的地位にある人よりも誇って欲しいと思わずにはいられません。


今日、たくさんの話をした友人と、最後に盛り上がった話題でした。






[PR]
by patofsilverbush | 2017-11-14 14:38 | 子育て | Trackback | Comments(0)

音楽発表会

きのうは小学校の音楽発表会でした。
なにしろしつこいようですが^^;すべての行事が「小学校生活最後」なので
見にいってまいりましたよ。

幼稚園の頃からそうですが、
人前でのパフォーマンスがとにかく苦手な息子。
にこりともせず、無表情で
大半の子供たちが体をゆらして歌うなか、ほぼ直立不動で突っ立っているので
かえって目立つ始末(苦笑)。
でも、日々の練習、がんばったんだろうな。

元気いっぱいで可愛らしい低学年の合唱と比べ、
高学年の合唱は「歌用の声」が出るようになり、
美しいハーモニーが素晴らしかったのですが、
そういう、技術的なことはおいておいて、
なんだか涙が出そうになったのは、3年生が歌った童謡のメドレーでした。
春がきた~富士山~もみじ~冬景色
と、思わず口ずさんでしまいたくなる 美しもなつかしい童謡にぐぐっときたところ、
最後は
ふるさと
で、
くー、泣けるラインナップ!!
ああ、日本人だなぁ・・・なんて、自分の出自や、民族としてのアイデンティティを
再確認してしまった、
日本の美しい歌でした。


歌うって、楽しいことですよね。








[PR]
by patofsilverbush | 2017-11-12 12:20 | 子育て | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧