カテゴリ:季節( 117 )

埋め草

二日間のガレージセールも無事に終わって、今日は久々に何もなく、
のんびりした気分です。
日曜日でもある初日に入らっしゃる方が多くて、
わたしがいた二日目は ややまったりしていたのですが、
それでも、立ち寄ってくださる方がほとんど途切れず、
たくさんの方が手に取って下さり、
つくづく、幸せだなぁ✨としみじみいたしました。
自分が作ったものを、どなたかが気にいって下さるって、
まるで奇跡ですもの!ありがたいことです。

わたしも靴職人さんが 靴用の革の端切れで作る、
真っ赤な裁ちばさみケースなど 小物をゲットしホクホク♡
さっそく年季の入った裁ちばさみをセットして(可愛い!)
今朝はにやにや笑いが止まりません(笑)


さて、そんなガレージセールの合間に、
周辺で催されているオープンガーデンに参加されているおうちを
ちょこっと覗きに行ってきました。

さほど広さはないお庭だったのですが、
まあ、なんて可愛いの~♡
ガーデンの主役と言えばもちろん植物なのですが、
その主役を支える大道具・小道具がすごい!
お庭の表も裏も横も、もう360度手抜き無し!
おうちの壁面にめぐらされた木枠や、棚などのディスプレイスペース。
これらの大道具を背景に、主役の植物が美しく、かつナチュラルにしつらえられ、
さらに彩を添えるガーデングッズや数々の雑貨の小道具が、
行く先々で目を楽しませてくれて。
もうこのお庭に住みたい!というくらい。
どうしたらあんなふうになるのか、もうさっぱりわかりません。

まあそんなこんなで、新しい刺激も受けて、
近い将来、お庭も模様替えしたいなぁ、なんて気分になりつつ、
我が家の小さな庭を眺めながらお茶を飲む昼下がりです。

なでしこ系の濃いピンクの花、ジェニーがまっさかり。
ちょっと前まで森の下草風だった庭が、
今はマーガレットの白とジェニーのピンクで、可愛い雰囲気に。
花の季節は駆け足。
今日はこのまま、のんびりお花を楽しみたい一日です。





[PR]
by patofsilverbush | 2017-05-16 13:13 | 季節 | Trackback | Comments(0)

サイクリング2

五連休も残すところ、あと一日半ほど。
お休みの方はそれぞれに 楽しく過ごされていますでしょうか?
からりとよいお天気に恵まれたので、冬のニットもお洗濯してすっきりいたしました174.png

きのうはまたまたサイクリングへ。
d0314849_14362099.jpg
前回は「この道はどこまで続くんだろうねぇ」と 探り探りでしたが、
今回は終点が分かっているので
「あら、もう着いちゃったの?」と、少々あっけないくらいでした。


一般車両は通行止めになっている、かなり広い工事車両用道路で、
わたしの大人用自転車に乗ってみたり、
道からそれて ちょっと気になる美しいところを眺めてみたりして。
うーん、野ばらの甘い香り!
アンがグリーン・ゲイブルスへやってきたのも、こんな季節。
芽生え、ほぐれるような喜びを全身で味わうような春は、
物語の始まりにふさわしい季節ですね。
d0314849_14360543.jpg
d0314849_14363991.jpg
なかなかお目にかかれない、桐の花。
なんて品のある紫!

トトロに出てきそうな小さな橋で、ちょっと休憩。
d0314849_14365674.jpg
d0314849_14373968.jpg
何を見つけたのやら??
d0314849_14370848.jpg

田んぼの中をゆく小径は、幼い頃遊んだ、祖母の家の近所を思い出させます。
一人で祖母の家に泊まりに行って、
祖母が用事をしていれば、一人で近所をぶらぶらしていた幼い日。
「子供のころの記憶」といえば、自分のうちの周囲よりも鮮明で、
もしかしたらそれは、まったく一人でいたからかもしれません。
怖かった記憶はないのだけれど、
きっと少しだけ、緊張していたのかもしれない。
人はいなくて、畑や、竹やぶや、お寺や、養豚所や、線路や。
道端に生える草。田んぼのあぜ道。
いつも人気のない公園の奥のお稲荷さんだけは、赤い鳥居ときつねが少し怖かった。
そういうものと、まったく一人で向き合っていた時間は、
きっととても濃厚だったのでしょう。


帰りに図書館によって、カフェスペースで持参のおにぎりを食し、
(出かけるとき、おにぎりや、ちょっとしたおやつをもっていかなくちゃ!
と思うのは、母譲り(笑)。お金もかからないし、
お腹がすいたらお店が見つからなくても安心だしね。
外で食べると、梅干しのおにぎりが最高に美味しい!)
図書館わきの公園・森をちょっと散策。
絶滅危惧種であるキンラン(金蘭)が、それはそれはたくさん自生していて、
やはり子供の頃、林の中で一輪だけ咲いていた、
この珍しい花を見つけたときの喜びも、思い出しました。

金鉱は至る所にある。


アンじゃないけれど、川のそばに住むのが夢だった、
イメージとは違うけれど、
気がつけば 水辺の光景を満喫しています。

d0314849_14375333.jpg






[PR]
by patofsilverbush | 2017-05-06 14:59 | 季節 | Trackback | Comments(0)

可憐

d0314849_14290702.jpg
わたしの小さな庭も、この季節は一番美しい。
花の季節が過ぎると、葉っぱがやけに勢いよく鬼鬼しく茂りだし、
もちろん雑草も勢いを増し・・・と、
藪!な感じになってしまうのですが(苦笑)
春、
足元に小さな花が星のように散らばり、葉もこじんまりとまとまっている今は、
庭全体が清々しく、やさしげです。
つい用もなくふらりと出てしまう。
猫のひたいほどなスペースを、飽きもせずに行ったり来たり。
春の花は可憐。

d0314849_14292308.jpg

[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-27 14:30 | 季節 | Trackback | Comments(0)

春爛漫

今年の春は、なんだかいつまでも寒いなぁ 
と思っていたら、突然、初夏がやってきましたね。
淡い夢のような桜もすっかり葉桜となり、今度は濃いピンクの八重桜が、愛らしい。
今朝は久しぶりに朝散歩へ行きましたが、
雨が上がって間もない、湿った空気、重たい雲の下で、
花や葉の色彩がひとつひとつ、いつもよりくっきりと見えるようでした。
今朝はキジがたくさんいたなぁ。恋の季節ですね。

イースターを迎えて、
ふわっとほどけるものがあって。
今年に入ってから だいじに抱えていたつぼみが、
イースターにあわせるようにふわっとひらいたみたいな気がして、
「新しく生まれる」恵みをいただいたと思った。


春ですね。
毎日、うつりゆく季節を感じましょう。

d0314849_14105018.jpg
今日のハッピーをお届けいたします↓


d0314849_14114086.jpg





[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-18 14:12 | 季節 | Trackback | Comments(0)

お花見

きのうは暇になった息子と午後の散歩。
出かけると帰らないからな~・・・・・と渋ったのですが、
出てしまえば案の定。。。だって菜の花が、それはそれは綺麗だったから!(笑)

一面の菜の花
一面の菜の花

というフレーズで構成された詩を、はるか昔に読んだ覚えがあるけれど、
土手は本当に一面の黄色。可愛い!

d0314849_10523048.jpg
川を渡って吹き抜ける風はまだ冷たいけれど、
♫風に翼を広げ
たら空に舞い上がってしまいそうな気持ちよさ。
桜はようやく咲き始めたばかりだけれど、お花見は桜に限らず。
こんな菜の花の小径があったら もちろん通りたくなる(笑)↓
d0314849_10521333.jpg
かくて「おうちはだんだん遠くな」り、けっこう先まで歩いてしまいました。
とはいうものの、「お散歩」圏内なのだけれど、
海ってけっこう近いのですね。

d0314849_10525095.jpg
d0314849_10533663.jpg
海まで歩いたわけではなく(笑)
川です。ここだけ海岸みたい。


一人で散歩していると、川も、風も、花も草も、鳥も、わたしも、
等しくそこにあるだけだけれど、
2人だととたんに賑やかになる。
棒切れ使いのバルサが、周りで常に戦ってるし。
無駄に動き続けて、最終的に「疲れた~」と言い出す軟弱バルサ。
もうすぐ学校が始まりますよ。







[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-03 11:04 | 季節 | Trackback | Comments(0)

鎌倉

春休みも半分ほど過ぎましたでしょうか・・・・・・・・長い!
きのうは息子と二人で、鎌倉へ行ってきました。

息子は初めて、わたしも超!久しぶりの古都。
基本ノープランな2人なのですが、せっかくの遠出だし、
と前日に(笑)簡単な計画を立てて 早朝出発。
8時には現地に到着しておりました。
さ、ハイキング ハイキング。
「海と、鎌倉幕府が見たい(!)」というリクエストと、初めての人はやはり大仏でしょう
ということで、
北鎌倉からハイキングコースをずっと歩いて
源氏山公園→銭洗弁財天
(息子のリクエスト。湧き水でお金を洗って使うと、何倍にもなって帰ってくる、という・・・欲にまみれてるぜ!)
→大仏→長谷観音→鎌倉文学館→海
→江ノ電で鎌倉まで戻って、お店をひやかしつつ八幡宮
という、4~5時間のコースプラン。

早朝の、ほとんど人のいないハイキングは
鶯の声をすぐそばに聴きながら 時おり枝枝を駆け回るりすも見られたり、
日に白く輝く雪のようにふんわりした満開の山桜を眺めたり、
途中、木々の途切れたところから遠くに海が見えることに感激したり。
目的地を目指してせっせと歩くこともなく(笑)のんびりとお散歩歩きで山中を満喫できました。
ハイキングコースからちょっと寄り道した 銭洗弁財天前の化粧坂がかなりきつくて!
大仏につく頃には「わ~、歩きました~」くらいな気持ちになったので(笑)
見るからに人混み~な長谷観音はあっさりスルー。
このあたりでお茶休憩をとりたかったところなのですが、
女子と違って男子はスパルタですね!
「ママ、お弁当持ってきたから、お店はいいよ」と言われ、可愛いカフェやスイーツなどもスルー((´;ω;`)ウゥゥ
鎌倉文学館に着いたところで、さすがに足がバテバテになり、
ひっそりしたお庭の片隅で、美しい洋館を横目におにぎりを食べながら
かなりのんびり休憩しました。

のんびりして元気も回復✨したところで、
人と車の往来が激しい表通りは避け、路地を歩いて由比ガ浜へ。
あたたかくて、人もまだまだ少なくて、貝殻など拾いながら、
山の次はのんびりと海を満喫。
ここへ来たら拾わなくては!な桜貝をさがして。
鎌倉が舞台のドラマ『最後から二番目の恋』でも、中井貴一が拾ってましたね(笑)。
はじめて一人で鎌倉へ来たとき、
「広いんだよな」と思っていた海が、
実際に目の前にしたら 自分の予期よりはるかに広く 遠く広がっていて、
世界は広いと思った。19やそこいらの頃。
訪れるたびに由比ガ浜でひろう桜貝は、薄く儚くて、
帰宅すると小さなガラスジャーに入れていますが
桜の花びらのようでもあり、海の香りがするようでもあり、
山のようでもあり海のようでもある、鎌倉らしいわたしの宝物なのです。


江ノ電で鎌倉に戻ろうと思っていたのに、海岸をあるいて
結局そのまま大路まで行ってしまい、
結局一日歩いていた!すごい!もちろん、息子より私の方がくたくたですよ(笑)
人混みの小町通でジェラートを買い食いしつつ、お土産屋さんをのぞいて。
八幡宮で挙式している美しい白無垢の花嫁さんも見られたし、
ほぼほぼプラン通り、4時には鎌倉を引き上げてまいりました。


「やりきった!って一日だったね!楽しかったね!」という息子の言葉通り、
朝から晩まで、(電車で遠くまで行って、帰ることも含めて)一日使い切ったなぁ✨という
ぎゅっとつまった一日でした。
春休みの気分を満喫できたかな?
桜には一足早かったのですが、せっかくこんなにしっかり歩けるようになったので、
また、一緒に出掛けてくれるうちに行ってみたいと思います。

d0314849_15003905.jpg







[PR]
by patofsilverbush | 2017-03-31 15:01 | 季節 | Trackback | Comments(0)

小鳥ちゃんたち

庭にずいぶんいろんな鳥が来るなぁと思います。

この冬、初めてやってきたのはツグミ。
幾度かお見かけしました。

今日はカワラヒワが2羽。初めてのご訪問です。

「あ、見たことない鳥!」と思う瞬間は
びっくりするほど楽しくわくわくします。


[PR]
by patofsilverbush | 2017-03-10 15:14 | 季節 | Trackback | Comments(0)

🎎

明日から3月。2月は日数も短いせいか、あっというまです。
去年は出しそびれてしまったお雛様を、今年は早く出そう!と思っていたのに、
なんだかんだと出しそびれているうち、
まぁ、ずぼらなまる子ちゃんのお宅でも出したのに!大変だわ!
と 今日、出しました(笑)。
いいの、我が家は誰もお嫁に行かないのだし、
来月まで出しておくわ~。

我が家のお雛様は、🎎おふたりだけなのに、
なにがめんどくさいかというと、やっぱり箱が多いからですよね。
お屏風の箱やら、台座の箱、お二人が入っておられる箱。
どれも嵩張る大きな箱なので、出すのを躊躇してしまう。

それでも、えいやっと出してしまえば
とたんに室内は春らしい、華やかな気配に✨
季節の変わりめ・木の芽時。
花粉は飛んでるわ 日々の気温差は激しいわで 体調を崩しやすい季節でもあります。
小さなころは、女の子の息災を願うお人形だなんて、あまり考えたことはなかったけれど、
自分のこと、子供のこと、仕事や家庭のこと、
日々のストレスを抱えている今だからこそ、
みんなの息災を祈りたい。


ところでみなさまは、きちんとひな祭りのお祝いをされますか?
わかめちゃんが晴着を着せてもらい、お母さんやお姉ちゃんがごちそうを作ってくれて、
お友達を招いてお祝いをする磯野家のお雛祭りを何度も見ているような気がしますが、
我が家は
「みんなで歌でも歌おうよ~」と訴えるまる子に、
「え・・・・・」と絶句したさくら家派でございます(苦笑)。
明日、桃の花を買ってこようかな。
それとも庭のクリスマスローズを飾ろうかな。




[PR]
by patofsilverbush | 2017-02-28 13:50 | 季節 | Trackback | Comments(0)

もうすぐ春ですね!

長らくほったらかしていた髪の毛のお手入れに、美容院へ。
伸ばしている・・・わけではなくて、
ショートボブが伸びちゃったのよ的ひとつ結びのひっつめ髪で
どうにかやり過ごしてきましたが、
息子が床屋さんでさっぱりしてきたのを見たら、「わたしもさっぱりしたい~!」と(笑)。

せっかくちょっと伸びたので、
なんとなく結べるくらいの長さをキープしておこうか、
それともここ数年の定番、ショートボブにもどそうか、
迷いましたが、
思い切ってゆるめのパーマを久しぶりにかけてみました。
きゃ!憧れの亜希さんみたい♡(*髪だけ!)
という勝手な思い込みはさておいて、
動きのある、ふわふわなヘアスタイルのおかげで、
軽やかな、春らしい気分になりました♡
「初めて恋した時のよう」に、「なにもかも輝いて」見える毎日を過ごせたら~♫


今日も暴風が吹き荒れております。
からっからのお天気続きだった毎日に、雨が降るようになり
ああ、春が近いんだなぁ
と思う今日この頃です。



[PR]
by patofsilverbush | 2017-02-24 10:03 | 季節 | Trackback | Comments(0)

きれい

d0314849_13225242.jpg
床に臥せっているあいだに、庭のクリスマスローズが咲いていました。
日当たりの悪い我が家の庭でも、
毎年 綺麗に、たくさんの花を咲かせてくれます。
うつむいている、やわらかなフォルムが好き。



息子が熱を出す直前の 先週日曜昼下がりは、
2人でのんびり散歩を楽しんでおりました。
川を見ながらおやつに持っていったビスケットを食べたり、
穴場の、人も、車も通らない道端でまったりしてみたり。
晴れていた空がだんだん曇ってきたところで、美しい光景が。
d0314849_13245302.jpg


     

宮沢賢治ではありませんが、イギリス海岸と名付けたくなる風景でした。




[PR]
by patofsilverbush | 2017-02-06 13:29 | 季節 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧