カテゴリ:季節( 122 )

冷たい雨ですので

長野から帰宅したのは夏のような強い日差しの中、
暑い暑いと言いながら駅からの道を歩いた、
あれはほんの1週間前。
「週末は寒くなりますよ」という予報に、翌日、念のためにとストーブを出し、
「もう出したの!?早くない?」と息子にびっくりされたのですが、
この週末から使い始めていますよ!出しておいて正解でした。

今朝の空気のなんて冷たいこと!
そしてもう4日目になるこの雨の、飽きもせずによく降り続くこと!
みなさま どうぞあたたかくして 体調にお気をつけてお過ごしくださいませね。
新しい1週間の始まり。
よいことがありますように!




[PR]
by patofsilverbush | 2017-10-16 08:54 | 季節 | Trackback | Comments(0)

心弾む

キンモクセイがふわっと香るお彼岸。
昨日はお墓参りに行き、忙しかった今週もフィニッシュです。
そして来週はさらに忙しいという、
なんだかわたしには珍しく、予定が満載のこの9月。

このところ、ちょっと自分を甘やかしていた向きもあるかなぁ
などと思うけれど、
それはそれで、必要な時間であったとも思う。
キンモクセイが甘く香るので、なんだか祝福のようです。

何をするにもよい気候。心が弾みますね。
よい日曜日をお過ごしくださいませ。


[PR]
by patofsilverbush | 2017-09-24 11:21 | 季節 | Trackback | Comments(0)

ヤモリ

数か月前のこと、たぶん冬ではなかったかと思うのですが・・・

夜、ふと見上げた天井に、なんとヤモリがはりついていて、
息子と二人、ぎょっとしたことがありました。
びっくりしてきゃ!っといった拍子に、向こうもびっくりしたのか、
凄い速さで天井を伝って、そのまま冷蔵庫の裏へ。

どきどきしましたが、実のところワタクシ、ゴッキーがいるくらいならヤモリのほうが
何百倍まし、
と、その後数日、ドキドキしながら暮らしましたが、
再び見かけることもなく、いつしか忘れ去っておりましたところ、


つい先日。
玄関ドアの内側に張り付いているところを再発見!
きゃ!という悲鳴に、再びびっくりしたのか、
不要だというのにたたんで放置してあるガーデンパラソルの中にぽたりと落ちてしまい・・・。
まだいらしたのね!
とふたたびどきどき。
翌日には入浴前のお風呂場に出現し、裸の背筋をひんやりとさせてくれました。
家守と書くくらいだから、きっと我が家を守ってくれているにちがいはない。
ありがたくはありますが
そっと秘かに、できれば庭からでも、守ってくれると なおありがたい!



翌日、休日の夫に訴えると、
「え~」と言いながら(決して虫や爬虫類、得意ではないので)お風呂場をチェックしてくれるあいだ、
ヤモリとイモリの違いなどを、インターネットで調べてみたりしましたが、
なんとイモリは、神さまのおつかいという記述が。
ハエやゴキブリなど、家の中の害虫を食べてくれるので、なるべく退治しないであげて、
などと書かれると、
うーん、まあ、家内にいてもいい・・・か・・・
という気分にもなり(苦笑)
「神様のおつかいなんだって!」とお風呂場の夫に声をかけたところ、
「つかまえたよ」とあっさり。
「ほら!」
とビニール袋に入れられたヤモリちゃんを見ると、
心なしか、夕べ見かけたのよりも サイズが小さいような気も、しなくはない。
とりあえず、庭に出してもらって、
実は秘かに、もう1匹いるのかも・・・???
と、まだちょっとドキドキしている今日この頃なのです。


梨木果歩さんの『家守奇譚』にも登場するヤモリ。
爬虫類(も両声類も昆虫も)苦手ですが、
なんとなく、程よい距離を保てば可愛いような気もします(笑)。








[PR]
by patofsilverbush | 2017-08-25 13:47 | 季節 | Trackback | Comments(0)

ブルーベリー

勉強は午前中、涼しいうちにすませましょう!
と夏休みのしおりに書いてありますが、
もう朝起きて、窓を開けた瞬間から暑い!とげんなりする日々。
朝の爽やかな空気なんて 皆無です。
日本は熱帯になってしまったのかしら?
午後になると、眠くて眠くて、するつもりでいる作業がまったくはかどりません。

夜はぐっすり寝たいので、一晩中 冷房つっけぱなしなため、
昼間は極力、汗をかくように、
冷たい飲み物は控えるように、心がけてはいるのですが、
その汗がまたべたべたして気持ち悪いのですよね。
夏の私はべったべたのぎっとぎと、涙のとんこつ娘です 
という満島ひかりさんが出ている某CMのフレーズを思い出してしまう😢

庭もジャングルのようですし・・・ああ、ニットやコートが恋しいなぁ!

さて、ジャングル化した庭の草取りはまったくする気になれませんが、
外出から帰宅した際、
庭から玄関までのアプローチに植えたブルーベリーを収穫するのが、
この暑いさなかのちょっとした楽しみになっています。
木は1本なので一度にとれるのはせいぜい10個ほど、
片手に納まるくらいの量を
毎日、家にもどりしな、ちょっと摘んで、そのまま冷凍庫へ。
シーズンの終わりにまとめてジャムにしようと思っています。

出がけにおいしそうな濃紫の実をみると、かわいくて、
なんとなくハッピーな気分で出かけられるのも、素敵。

まだまだ暑さは本番中。
冷房で体が冷えすぎてしまったり、
または暑さにばててしまいがちな、過酷なシーズンです。
体の内側をあたためて、夏を乗り切りましょう~。









[PR]
by patofsilverbush | 2017-08-08 15:11 | 季節 | Trackback | Comments(0)

暑中お見舞い申し上げます

こんばんは!暑中お見舞い申し上げます。
戻り梅雨とかで パッとしないのに蒸し暑い・・・という毎日が続いていますが、
いかがお過ごしですか?

久しぶりの更新ですが、
特に何があったわけでもなく(笑)、夏休みと暑さで ぼんやりと過ごしておりました。

ちょっと時間が空いたのを幸いに、にわかにミシン熱が再沸騰♪
ここ数日は、宝の持ち腐れのようになっている在庫布をどうにかすべく、
ミシンワークにいそしんでおります。
エプロンを新調したいな、から始まって、
何か涼しいトップスが欲しい、とか、
薄いペチコートを作りたい、とか、
ワンピースのアンダーに着られるスリップも作りたい、とか、
いろいろ作ってみたいものはあるので、ちょっとずつ。


できあがりはまた後日アップするとしまして・・・(写真を撮っていない!)
お洒落にスタイリングされた、洒落たソーイング本を見ながら作ってはいても、
なんとなく気分はととねえちゃん。
日常着を自分で作れるって、なんだか楽しいことです。


明日から数日、久しぶりに長野の両親宅へ遊びに行きますが、
帰ってきたら、まだまだ作りたいものがあって、
出かけるのが惜しいくらいな気分(笑)。

暑い毎日、体調に気をつけて、よい日々をお過ごしくださいませね。






[PR]
by patofsilverbush | 2017-07-26 19:36 | 季節 | Trackback | Comments(0)

埋め草

二日間のガレージセールも無事に終わって、今日は久々に何もなく、
のんびりした気分です。
日曜日でもある初日に入らっしゃる方が多くて、
わたしがいた二日目は ややまったりしていたのですが、
それでも、立ち寄ってくださる方がほとんど途切れず、
たくさんの方が手に取って下さり、
つくづく、幸せだなぁ✨としみじみいたしました。
自分が作ったものを、どなたかが気にいって下さるって、
まるで奇跡ですもの!ありがたいことです。

わたしも靴職人さんが 靴用の革の端切れで作る、
真っ赤な裁ちばさみケースなど 小物をゲットしホクホク♡
さっそく年季の入った裁ちばさみをセットして(可愛い!)
今朝はにやにや笑いが止まりません(笑)


さて、そんなガレージセールの合間に、
周辺で催されているオープンガーデンに参加されているおうちを
ちょこっと覗きに行ってきました。

さほど広さはないお庭だったのですが、
まあ、なんて可愛いの~♡
ガーデンの主役と言えばもちろん植物なのですが、
その主役を支える大道具・小道具がすごい!
お庭の表も裏も横も、もう360度手抜き無し!
おうちの壁面にめぐらされた木枠や、棚などのディスプレイスペース。
これらの大道具を背景に、主役の植物が美しく、かつナチュラルにしつらえられ、
さらに彩を添えるガーデングッズや数々の雑貨の小道具が、
行く先々で目を楽しませてくれて。
もうこのお庭に住みたい!というくらい。
どうしたらあんなふうになるのか、もうさっぱりわかりません。

まあそんなこんなで、新しい刺激も受けて、
近い将来、お庭も模様替えしたいなぁ、なんて気分になりつつ、
我が家の小さな庭を眺めながらお茶を飲む昼下がりです。

なでしこ系の濃いピンクの花、ジェニーがまっさかり。
ちょっと前まで森の下草風だった庭が、
今はマーガレットの白とジェニーのピンクで、可愛い雰囲気に。
花の季節は駆け足。
今日はこのまま、のんびりお花を楽しみたい一日です。





[PR]
by patofsilverbush | 2017-05-16 13:13 | 季節 | Trackback | Comments(0)

サイクリング2

五連休も残すところ、あと一日半ほど。
お休みの方はそれぞれに 楽しく過ごされていますでしょうか?
からりとよいお天気に恵まれたので、冬のニットもお洗濯してすっきりいたしました174.png

きのうはまたまたサイクリングへ。
d0314849_14362099.jpg
前回は「この道はどこまで続くんだろうねぇ」と 探り探りでしたが、
今回は終点が分かっているので
「あら、もう着いちゃったの?」と、少々あっけないくらいでした。


一般車両は通行止めになっている、かなり広い工事車両用道路で、
わたしの大人用自転車に乗ってみたり、
道からそれて ちょっと気になる美しいところを眺めてみたりして。
うーん、野ばらの甘い香り!
アンがグリーン・ゲイブルスへやってきたのも、こんな季節。
芽生え、ほぐれるような喜びを全身で味わうような春は、
物語の始まりにふさわしい季節ですね。
d0314849_14360543.jpg
d0314849_14363991.jpg
なかなかお目にかかれない、桐の花。
なんて品のある紫!

トトロに出てきそうな小さな橋で、ちょっと休憩。
d0314849_14365674.jpg
d0314849_14373968.jpg
何を見つけたのやら??
d0314849_14370848.jpg

田んぼの中をゆく小径は、幼い頃遊んだ、祖母の家の近所を思い出させます。
一人で祖母の家に泊まりに行って、
祖母が用事をしていれば、一人で近所をぶらぶらしていた幼い日。
「子供のころの記憶」といえば、自分のうちの周囲よりも鮮明で、
もしかしたらそれは、まったく一人でいたからかもしれません。
怖かった記憶はないのだけれど、
きっと少しだけ、緊張していたのかもしれない。
人はいなくて、畑や、竹やぶや、お寺や、養豚所や、線路や。
道端に生える草。田んぼのあぜ道。
いつも人気のない公園の奥のお稲荷さんだけは、赤い鳥居ときつねが少し怖かった。
そういうものと、まったく一人で向き合っていた時間は、
きっととても濃厚だったのでしょう。


帰りに図書館によって、カフェスペースで持参のおにぎりを食し、
(出かけるとき、おにぎりや、ちょっとしたおやつをもっていかなくちゃ!
と思うのは、母譲り(笑)。お金もかからないし、
お腹がすいたらお店が見つからなくても安心だしね。
外で食べると、梅干しのおにぎりが最高に美味しい!)
図書館わきの公園・森をちょっと散策。
絶滅危惧種であるキンラン(金蘭)が、それはそれはたくさん自生していて、
やはり子供の頃、林の中で一輪だけ咲いていた、
この珍しい花を見つけたときの喜びも、思い出しました。

金鉱は至る所にある。


アンじゃないけれど、川のそばに住むのが夢だった、
イメージとは違うけれど、
気がつけば 水辺の光景を満喫しています。

d0314849_14375333.jpg






[PR]
by patofsilverbush | 2017-05-06 14:59 | 季節 | Trackback | Comments(0)

可憐

d0314849_14290702.jpg
わたしの小さな庭も、この季節は一番美しい。
花の季節が過ぎると、葉っぱがやけに勢いよく鬼鬼しく茂りだし、
もちろん雑草も勢いを増し・・・と、
藪!な感じになってしまうのですが(苦笑)
春、
足元に小さな花が星のように散らばり、葉もこじんまりとまとまっている今は、
庭全体が清々しく、やさしげです。
つい用もなくふらりと出てしまう。
猫のひたいほどなスペースを、飽きもせずに行ったり来たり。
春の花は可憐。

d0314849_14292308.jpg

[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-27 14:30 | 季節 | Trackback | Comments(0)

春爛漫

今年の春は、なんだかいつまでも寒いなぁ 
と思っていたら、突然、初夏がやってきましたね。
淡い夢のような桜もすっかり葉桜となり、今度は濃いピンクの八重桜が、愛らしい。
今朝は久しぶりに朝散歩へ行きましたが、
雨が上がって間もない、湿った空気、重たい雲の下で、
花や葉の色彩がひとつひとつ、いつもよりくっきりと見えるようでした。
今朝はキジがたくさんいたなぁ。恋の季節ですね。

イースターを迎えて、
ふわっとほどけるものがあって。
今年に入ってから だいじに抱えていたつぼみが、
イースターにあわせるようにふわっとひらいたみたいな気がして、
「新しく生まれる」恵みをいただいたと思った。


春ですね。
毎日、うつりゆく季節を感じましょう。

d0314849_14105018.jpg
今日のハッピーをお届けいたします↓


d0314849_14114086.jpg





[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-18 14:12 | 季節 | Trackback | Comments(0)

お花見

きのうは暇になった息子と午後の散歩。
出かけると帰らないからな~・・・・・と渋ったのですが、
出てしまえば案の定。。。だって菜の花が、それはそれは綺麗だったから!(笑)

一面の菜の花
一面の菜の花

というフレーズで構成された詩を、はるか昔に読んだ覚えがあるけれど、
土手は本当に一面の黄色。可愛い!

d0314849_10523048.jpg
川を渡って吹き抜ける風はまだ冷たいけれど、
♫風に翼を広げ
たら空に舞い上がってしまいそうな気持ちよさ。
桜はようやく咲き始めたばかりだけれど、お花見は桜に限らず。
こんな菜の花の小径があったら もちろん通りたくなる(笑)↓
d0314849_10521333.jpg
かくて「おうちはだんだん遠くな」り、けっこう先まで歩いてしまいました。
とはいうものの、「お散歩」圏内なのだけれど、
海ってけっこう近いのですね。

d0314849_10525095.jpg
d0314849_10533663.jpg
海まで歩いたわけではなく(笑)
川です。ここだけ海岸みたい。


一人で散歩していると、川も、風も、花も草も、鳥も、わたしも、
等しくそこにあるだけだけれど、
2人だととたんに賑やかになる。
棒切れ使いのバルサが、周りで常に戦ってるし。
無駄に動き続けて、最終的に「疲れた~」と言い出す軟弱バルサ。
もうすぐ学校が始まりますよ。







[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-03 11:04 | 季節 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧