<   2013年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

人生の成功者って?

おとといのfree birds いらして下さり、ありがとうございました。
「あ~、最近、身体動かしてなかったな~」と自覚するだけで、
意識は身体に向くのかなと思います。
ちょっとの背伸びだけでもね。

午後は「赤毛のアン」6章を読みました。

アンを孤児院へ返すべく、彼女を孤児院から連れてきてくれたスペンサー夫人宅へ赴いたマリラ。
カスバート兄妹が欲しがっていたのは男の子だと知ると、
「女の子をお願いしたい」と伝言を頼まれていたスペンサー夫人はびっくりしますが、
アンを孤児院へ返す必要はない、
ご近所のブリュエット夫人なる人物が、お手伝いの女の子を探している、
と言いだします。

「アンがちょうどいいじゃありませんか。これこそ神様の思し召しだと思いますわ」

ブリュエット夫人がどんな人物か、うわさで聞いていたマリラは、
いっこうに神様の思し召しだとは思えません。
道中聞いてきたアンの身の上話とあいまって、そんなひどい人にアンを渡すのかと思うと、
良心の呵責に苦しめられ、ついにアンを引き取る決心をするのでした・・・・



ここで「神様の思し召し」だと思うのは、スペンサー夫人が言うように、
たまたま女の子をひきとりたいと思っている人が、身近にいたことではなく、
そのことがきっかけとなって、マリラがアンを引き取る決心をした、
ということです。

マリラにはそんな自覚はいっさいなく、「喜んでひきとるとはいいかねる」ものの、
こうなったのも、神様がお与えになった私の義務、くらいな気持ちでした決心。
でも、後々のことを考えれば、この決心が、
マリラやマシュウの人生を大きく変えてしまったわけです。

幸せになるために、本当に必要なことと、
自分が必要だと思っていることは、まったく違うものだったり、するのかもしれませんね。
どんなことが人生に起きるか、まったくわからないけれど、
目の前にきたことには、とにかくベストを尽くそうと、
マリラとともに思った昨日でした(笑)。



ところで、「人生の成功者」って、どんな人をイメージしますか?
この章のキーマンであるブリュエット夫人は、
アヴォンリー近隣の人たちを描いた短編集・『アンの友達』の中の一編、
『ショウ老人の娘』というお話の中にも登場し、“人生の失敗者の一人”であると描写されています。
かたや“生涯の成功者”だと描写されるショウ老人は、
近隣の人たちからは「かいしょうなし」と呼ばれている、
大きな農場もなければお金もない、生活の術をかせぐ手立てに、まるで興味のない人です。

はたからはどう見えようとも、
その人の心が幸福であるか。
心が幸せで、自分の生活に満足して、自分以外のものに愛を注いだ毎日を送っているか。

それが、モードが繰り返し描く、「人生の成功者」のようです。



「あの人はまるで、錐(きり)みたいだもの」とアンがたとえたブリュエット夫人。
なんとなくわたしのイメージの中では、中年というより初老に近い、こわいおばさんのイメージがあるのですが、
「赤ん坊がむずかるので、今すぐにでもアンを連れて帰って子守りをさせたい」
と言うんですよね。
そう、彼女には赤ちゃんがいるのです。
「あらためて考えると、なんだかびっくりするよね」
「私たちより、若かったりしてね~」なんて、可笑しく語り合った、楽しい午後のひとときでした。
[PR]
by patofsilverbush | 2013-11-30 11:33 | ferrbirds赤毛のアン | Trackback | Comments(0)

人生の主役になる

その時々で、誰かが言ってくれた一言、本の中の文章、歌詞の一節、ドラマや映画のセリフなんかに、
はっとすることがありませんか?
ああ、この一言で、目が覚めました!わたしに必要な言葉でした!って。

そのときに心に感じた何かは、その時の自分に必要な気づきなのですが、
だいぶたって、同じ言葉が、
新たな意味を持ってよみがえってくることがあります。
同じような気づきなのだけれど、もうちょっと深い意味あいを帯びてきたり、
新しい局面をみせてくれたり。

以前、
「“しなければいけないこと”なんてない。何を選ぶかはあなた自身だ」
と、言われたことがありました。
あまり楽しくないシチュエーションで言われたので、その時は、
「わかってるよ、やってるよ、でも“しなければならない”日常の諸々は存在するじゃないの!」
と、腹がたちました。

でも最近になって、それは気持ちの持ちようの問題だな、と思うようになりました。

“すべきこと、しなければいけないこと”は、確かにあるのですが、
自分がそれをどう感じるか?ということです。
誰かがやらなきゃいけないから、そしてその誰かがやってくれないから、
わたしがやるしかない、
とか、
義務だからやらなきゃいけない、
とか 
思い始めると、際限なく不満が溜まってしまいがち。
やりたくないのに、やらなきゃいけない。どうして私ばかりが?って。

でもたぶん、そうじゃなくて、それは自分の選択の結果なんだよなぁ・・・
自分が、それをやるって決めた。
やりたくなければ、やらなければいい。
「やってるわたしばかりが、損してる」というのと、
「やるって決めました」と思って取り組むのとでは、
自分の感じ方が180°変わるんですよね。



誰かが何かを決めてくれるのを、ただ待っている主人公に、友達が
「自分の人生でわき役になるつもりなの?」という言葉を投げかける、
そんな、漫画の一場面に、はっと思ったことがありましたが、

自分で何をするか決める、
決めた結果、起きたことをしっかりうけとめる

ということを、案外、軽く見ていた自分に気がつくようなことを、
最近、よく見せてもらえます。


「これをする」というチョイスでも、「しない」というチョイスでもよくて、
どうするか決めたのは、自分自身、だと自覚すること。
それを選ばざるを得ない状況にあったとしても、それでも、
それを「選んだ」のは自分だと自覚した時に、はじめて、
自分のしていることに、前向きに取り組めるような気がします。

そして、前向きに取り組めるからこそ、自分の人生で主役になれるんですよね。
誰かが決めたことじゃない、
自分の人生を、責任もって生きることが、
人生で主役になることなんだなぁ、と、
あのとき感じなかった言葉の意味を、最近になって深く噛みしめています。

まだ、わたしはここまで。

たいてい、
言葉は違えど、結局いつも同じことを言われていることにも、
気付き始めた今日この頃(笑)。
同じ言葉をどこまで深く感じ取れるか、はかりしれない楽しみや面倒くささがあります。
[PR]
by patofsilverbush | 2013-11-30 10:50 | | Trackback | Comments(0)

プレゼント

先日、パートナー氏に素敵なプレゼントをもらいました。
クロスモチーフのネックレス。
シンプルながら、ちっちゃなダイヤがきらきらして、とても綺麗!
・・・と、パートナー氏は言うのですが、残念ながら、ネックレスをしてしまうと、
わたし本人からは見えないんですよね~。つまらん!

この手のキラキラしたものをもらったのは久しぶり。
やっぱり女性は、テンションあがりますよね。

時節柄、お店の方にも「クリスマス・プレゼントですか?」と聞かれたのですが、
全然そうではなく(笑)。
そもそも、記念日とか、誕生日とか、クリスマスなどのイベントごとに、
何かをしようという発想のない2人。
予約が必要な素敵なお店にも行ったことはないし、デートの思い出と言えば一番に思い浮かぶのが
公園というくらい。
とにかく、「素敵なシチュエーション」がなくても楽しかった。
結婚して14年という、中途半端なタイミングでのプレゼント(しかもやっぱり、結婚記念日でもないし)も
なんともワタシタチらしいのでした。


ときどき、自分で決めた目標や方向性の、あまりの果てしなさや、
成果がわかりづらく、一歩でも進めているのかもわからない状態に、
嫌になるときもありますが、
この十字架が、そんなわたしを励ましてくれそうです。


いつも助けてくれて、どうもありがとう。
[PR]
by patofsilverbush | 2013-11-27 11:45 | Trackback | Comments(0)

自分メンテナンス

ポストに手紙を投函しに行きがてら、近所を散歩しました。
久しぶりの朝散歩。
最近、チャージしてなかったなぁと反省です。

ストレス発散にお買い物するとか、スポーツするとか、掃除するとか・・・
人によっていろいろな方法があると思うのですが、
わたしにとっての散歩は、ストレス発散とは、ちょっと種類が違うみたい。
ウォーキングではなく、散歩。
「サザエさん」の波平さんが、「ちょっと散歩してくる」と言って出掛ける、あれですね。
だから、歩く速度も一定しません。
のんびりしたり、テンポよく歩いてみたり、立ち止まったり、ベンチがあれば休憩したり。
お茶を持っていくと、楽しいです。

アヴォンリーを離れ、街中の大学に進学したアンが、
「木のあるところに行きたいから」と墓地を散歩しようと思う場面がありますが、
本当に木からは、エネルギーをもらえます。
親しい木は話しかけてくるし、そうじゃなくても、エネルギーだけ送ってくれる方?もいます。


子供たちの通学時間は過ぎ、公園に遊びに来る小さな子とママたちには、まだちょっと早い、
中途半端な時間は、
人も少なく、とても静か。

紅葉と落ち葉で、目も綾な並木道。
オフコースの秋の名曲(笑)、「YES,YES,YES」を 心の中で口ずさみつつ、
もうちょっとしたら「さよなら」の季節だなぁ
なんて思ったり。

d0314849_11285450.jpg


周りの風景と自分が一致していくと、心が落ち着いてきます。
ひとりで。
広い広い世界と、わたしの間にはさまるものは、なにもなくて、
ただ その自然のままの美しさと、心が調和する幸せ。


慌ただしい毎日だからこそ、メンテナンスの必要を感じます。




d0314849_11282789.jpg

[PR]
by patofsilverbush | 2013-11-27 11:10 | | Trackback | Comments(0)

赤ちゃんと15歳の夜

車の中で聴いていたラジオから、尾崎豊の「15の夜」が流れてきました。
“尾崎”に特別な思い入れはなく、ほとんど聞いたことはないのですが、
それでも、この曲がどこかで流れると、ちょっと苦しくなります。

だって苦しいもんね、思春期って。
既成概念の中に閉じ込められるような閉塞感、そこから抜け出したい、どうしようもない衝動、
あてもなく、解決するすべもなく、自分がなにから解放されたいのかも、実はわかっていない・・・
あの感じ。

まだ、「わかるなぁ」と思ってしまう。15歳じゃなくなっても。

そんな曲を聴きながら、ふと、
息子が15歳になったとき、わたしはどうするのかな?と思ってしまいました。

「わかるよ、その気持ち!」
と思いつつも、親だから口を出したくなってしまうことも、いっぱいあるんだろうな。
言うことなんてきかないのはわかっていても、
「こうしなさい、ああしなさい、バイクは盗んじゃダメ!」とか(笑)ねぇ。



今朝
生まれたばかりの赤ちゃんの写真ばかりを展示した写真展を、
ある助産院が主催しました、
というニュースを見ました。

「赤ちゃんが誕生した瞬間の感動は、何物にも代えがたい、
それを忘れないで、虐待がなくなれば」
と、みんなのお母さんみたいな助産師さんがおっしゃっていました。


わたしが、生まれたての息子の写真を飾っておくのも、実は同じ理由。

子供と向き合っていくのは、いくら可愛いわが子とは言え 大変で、
いらいらして ほったらかしにしたい衝動だってある。
「もう!いや!!」と泣きたくなることもある。

そんなときに、写真の中の息子を見ると、ちゃんと思い出せるんですよね。
一晩中がんばって、やっと彼に会えた時の感動。命の重さ。あったかさ。



小学生になり、ずいぶん手がかからなくなったけれど、
自分とは考え方も、性格も違う生き物と一緒に暮らし、育てるのは、
きっとずーっとこの先も、やっぱり大変なことなのです。



まだ少し先の15の夜に、しばし思いを馳せつつ、
心配してもしょうがないので、
今の素直で、単純で、ママ大好き!なちび子ちゃんとの生活を、うんと楽しもう!と思います(笑)。
せめて尾崎ほど繊細でなく、元春くらいな感じで乗り切ってほしいものです。
[PR]
by patofsilverbush | 2013-11-26 08:59 | 子育て | Trackback | Comments(0)

ボレロ

週末は息子の乗馬へ。
馬の名前がANNEで!
たくさん撫でなでして、癒されてきました~♪

という前置きとは、なんの関係もないのですが(ただANNEだったから。それだけ)、
きのうは久しぶりにユーチューブで「ボレロ」を観ました。


ラヴェル作曲「ボレロ」に、鬼才ベジャールが振りをつけた、現代バレエの名作です。
今回観たのはシルヴィ・ギエムが踊っているもの。

初めてみたのは いくつのときだったかなぁ。もちろん、ジョルジュ・ドン ヴァージョンでした。

真っ暗な舞台の中央に、突然、片手があらわれる。
ライトを浴びた片手だけが、あらわれ、それがやがて両手になり、
ボレロのリズムを刻む腰や、足があらわれ、
ダンサーの顔があらわれ・・・る頃になると、
それまで 「なんだろうこれ」と思いながら観ていたこちらは、もう惹きつけられて、
目が離せなくなる。
そんなバレエです。


これまた名作バレエ漫画「SWAN」の中で、悲劇のダンサー、ルシィが、
クラシック・バレエと現代バレエの、表現の違いに悩み苦しむ主人公・真澄に踊って見せてくれるのも、
この「ボレロ」でした。

一定のリズムを刻んで 同じ旋律を繰り返すラヴェルの「ボレロ」。
旋律が変わらないことから生まれる、独特の緊張感や、
心臓の音と呼応するかのような、地の底から湧きおこるようなリズム、
音の高鳴りとともに大きく、激しくなってゆくダンサーの動き、
そして、ダンサー自身の存在感、生命力、感性!
そういったものが一体になって、観ているものを根底から揺さぶる・・・・

だって、不思議ですよね。
ストーリーや、登場人物に感情移入して、感動するわけじゃない。
そこにあるのは、ただ音楽と、踊りと、ダンサーそのもの。
華美な舞台装置や衣装があるわけでもないのですから。


そこにあるのは、ただ、エネルギー。
音楽の、振付家の、ダンサーの、エネルギーそのもので、
だからこそ、観ている側も、心が揺さぶられるなんていうレベルではなく、
魂が、自分の全存在が揺さぶられてしまう。
なんの感情も湧かなくて、ただ、身体が震えるほど感動する。
そんな作品って、本当に稀有です。
同じ時代に生きて、それを見せてもらえたことに、本当に感謝してしまいます。


シルヴィ・ギエムはほんと、人間じゃない~
と、彼女の足の甲にうっとりしつつ、小さなパソコンの画面から、
ものすごいエネルギーを受け取りました。

今週も、みんなに、楽しいことがたくさんありますように!
[PR]
by patofsilverbush | 2013-11-25 09:07 | Trackback | Comments(0)

ちょっとずつ

来月、お知り合いの方が開催されるガレージセールに出品させていただけることになり、
その準備をしています。
といっても、ふだんの日と同じ、なるべく心穏やかになるよう心がけつつ(笑)、
刺繍をするだけなのですが。

ハンカチにこだわって物づくりを始めたわけでもなかったのですが、
なんとなくやっぱり、ハンカチを作るのが好きです。
単純に刺繍が楽しめるのと、
お出かけのたびに、おともをしてくれる小さなクロスが好きなせいもあります。
布好きさんには、わかってもらえるかも、この気持ち。

できあがったものは出番がくるまで、小さなチェストにしまっておくのですが、
少しずつ、チェストの中にハンカチが増えていく感じも、
個人的に好きです。
そっと引き出しを開けて、こんなのもある、こんなのもある・・・
と、一枚一枚 お気に入りを探す楽しみで、ちょっとわくわくします。

来月はクリスマスがありますね。

お気にいって下さって、ご自分の楽しみのために手にとって下さる方もいらっしゃるでしょうし、
ちょっとしたプレゼント替わりにして下さる方もいらっしゃるかも。
ご縁をまって私の手元に残るものも、あるでしょうし、
それはそれで、
なんとなく楽しみなのでした。


なるべくヴァラエティに富んだものにしたいと思いつつも、
出来上がったものを並べてみると、
やっぱり自分の好みって出るものだな~
と 我ながら可笑しくなったりもします。
[PR]
by patofsilverbush | 2013-11-20 09:00 | Trackback | Comments(0)

『めがね』

このところ、何があったというわけでもないのに テンション低めで。
あ~アレだよね
という原因も、わかってはいるのですが、
あまりに些細なこと過ぎて、
自分でも  なんだかなぁ 気にしすぎでしょう・・・とあきれる始末。

些細なんだけどね、
その後ろに控えていることが でっかすぎて、答えがでないのよね。


そんな気分だったので、久しぶりに映画『めがね』を観ました。
ものすごく大好きな映画です。

小林聡美さん演じる主人公の女性が、南の島にやってくる。
彼女がどういう人で、何を抱えて島へやってきたのか、その背景はなにも語られません。
「携帯電話が通じないところへ行きたくて」やってきた、ただそれだけ。

一人旅なのに、なぜか宿の主人や、謎のかきごおりやさん?や、地元の女教師と食事しなきゃならないし、
朝は目覚めれば、そのかき氷屋(もたいまさこさん)が 部屋の中に爽やかな笑顔で座っていて、
あいさつしてくるし、
観光スポットもなく、「ここに来る人は“たそがれに”来る」とか言われちゃうし、
浜辺では毎朝、かき氷屋さんがラジオ体操ならぬ “メルシー体操”をしているしで、
はじめは戸惑い、困惑し、迷惑し、うっとうしく思う主人公が、
いつしか島のリズムに馴染んでいく・・・
という、ストーリーがあるような、ないような映画です。

とにかく海が美しく、
大きなトランクを引きずってやってきた、
そしてたぶん、トランクに入りきらない いろいろな感情を抱えてやってきた彼女の、
しだいしだいに 要らないものを捨てて、自由になっていく姿が、
なんとなく可笑しく、観ているうちに いつもわたしの心も軽くしてくれるのです。


あ~そうだよね、いらないよね、こういうの。

物理的な物はもちろん、
人間関係とか、自分で常識だと思い込んでいるもろもろのこととか、
必要だと信じていることの大半は、いらないものなんだなぁって。

きっとそれぞれに、何か事情を抱えて島へやってきた人たちであろうに、
みんな、自分は「たそがれる」ことが得意なんだ!と気づいて(笑)、
「たそがれて」暮らしている。
はたからみたら、それは現役からリタイアした、隠居生活のように見えるのかもしれないけれど、
たしかにある種の特技ではあるのかもしれません。
できない人には、絶対にできないのかも。


がちがちになっている心がほぐれて、柔らかくなったとき
はじめて人の声が届くようになる感じ。
「たそがれてる」なんて思われるのは、プライドが許さなかったのに。

かくいう私は、絶対的に得意だと、胸張って言えます!
隠居生活、最高~!(笑)

ちなみにこの映画、息子も大好きで。
「ぼくも たそがれるの得意だもんね」
「うん そうだね・・・」

ビバ!『めがね』ライフ!なわたしと息子は、メルシー体操をやってみるのも大好きです。


現実的には、生活があり、こんなふうに暮らしていくのは難しいのかもしれませんが、
心の中は、いつも自由でいられるように、なりたいものです。
[PR]
by patofsilverbush | 2013-11-19 14:27 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

男子

パートナー氏が買ってくる少年サンデーに、ラムちゃんのイラストが載っていました。

何かの広告のイラストで、
いろんな漫画家さんの人気漫画のキャラクターが たくさん描かれている中、
少年雑誌に掲載された、少年主人公のキャラクターが多い中に、
ひときわ可愛い ラムちゃん。
息子、
「これ誰~?」と
さっそく食いつきました(笑)。

アニメを見たわけでも、
ただいま連載中でもないのに。

男って結局ラムちゃんなんだ・・・こんな小さくても。

と思った、日常のひとこまでした。

ときどき、
「ぼくも 女の子ならよかった~。スカートはいてみたいし~」
と言いだす息子。

はきたいならはけばいいし、
ゲイでもなんでも 母はいっこう気にしませんが、
車好き、たたかいごっこ好き、単純で子供らしいその性格、
男子そのものだと 母は思います。
[PR]
by patofsilverbush | 2013-11-14 14:11 | 子育て | Trackback | Comments(0)

お買いもの

おはようございます。
今朝も寒かったですねぇ!
霜の妖精が、木々の葉を色とりどりに変えていく・・・
というアンの空想通りに、紅葉が美しい季節となり、
まだ木に残っている葉を楽しんだり、足もとの枯れ葉をがさがさいわせて楽しんだり、
お散歩も楽しい季節です。
とくに枯れ葉の中の、桜の葉っぱ!なんて美しいの!

さて、その11月ももう半ばとなり、
きのう、来年のカレンダーと手帳を買ってきました。
先日 ぶらぶらと物色した際、
「もうちょっと物色して、他にコレダ!ってものがなかったら、これにしましょう」
とパートナー氏と話していたカレンダーが、きのうお店に行ったらすでに無く・・・。
みんな準備がはやいな~。
仕方なく、今年 使ったのと同じシリーズのを買いました。

まっさらな日付。
どんなことが起こるのかな。
毎年のことですが、ものすごくワクワクします。


ところで、女性のみなさんは、男性とお買い物に行くのはお好きですか?
わたしはあまり、好きではありません。
なんだかパートナー氏にそばにいられると、気が散ってお買い物に集中できないんですよね。

ここでいう「お買い物」とは、生活の中の、非・必需品です。
お洋服とか靴とかバッグとかアクセサリーとか、そこまで贅沢じゃなくても、
ちょっとした雑貨とかね。
日常生活からちょっと逃避して、気分転換するのが「お買い物」だと思うのですが、
我がパートナー氏は、「お買い物」にでかけたついでに、「買い物」して帰ろうと言うのです。

この場合の「買い物」は、食糧・日用品のことですね。

逃避したいのに~?
現実的な買い物なんて、別の日にしてほしい。

と思うのは、わたしだけでしょうか?
[PR]
by patofsilverbush | 2013-11-14 09:16 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧