<   2014年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

彩りを添える

落ち込んでいる私を励ましてくれるのは、
かっこいいヒーローでも ヒロインでもない、
「ちょっと変わった」人たちです。


ショウ・クワイヤに青春をかける?高校生たちを描いた 『glee』 は、
大好きなドラマです。
歌やダンスなど、ショウ的な部分は もちろん大好きなのですが、
登場人物ひとりひとりが、
抱えている悩みを通して自己を見つめていくさまや、
人種・性格・趣味嗜好さまざまなメンバーが、
ぶつかり合いながらも長い時間をかけて、お互いを理解しあい、
愛を深めていく姿をみると、
ああ、これが目指している世界だな・・・と、勇気をもらえます。

中でも大好きなのは、カート。
ゲイである自分、を、しっかり見つめ、認め、誰はばかることなく自分を貫いている、
まっすぐな人です。
カートほど極端に「人と違う」自分を自覚している人は、少ないかもしれないけれど、
みんな多かれ少なかれ、持っているんじゃないかな?
人とは違っているかもしれない自分、や
それをかくしたい気持ちを。

大好きな場面はたくさんあるのですが、
友達のブリトニーに、
「あなたはユニコーンよ」と言われて、カートがとまどう場面は 印象的でした。
「ユニコーンは自分が他の馬とは違うと自覚している、素晴らしい生き物。
だからあなたも、人とは違う自分をもっとアピールして、学年委員長の選挙ポスターを作るべき」
と、選挙に立候補したカートのポスターを、
“ゲイ(である自分)をアピールした”ものにしたほうがいい
というブリトニーに対して、
必要以上にゲイをアピールしたくないと考えるカート。

自分のことは好きだけれど、
いじめられても、そういう自分をかくすことはしないけれど、
ことさら主張しなくたっていいんじゃない?
もっとふつうのポスターにしたいんだ。
・・・もっともな気持ちです。


さまざまな恐怖症に悩まされ、日常生活を「ふつうに」おくることすら困難なMr.モンクが、
難事件を次々と解決していく『名探偵モンク』。
高いところも、汚い場所も、ミルクも怖い、ささいなゆがみもゆるせないほど几帳面で、
自分が決めた銘柄のミネラルウォーターしか飲めず(他のは黴菌が入っているかもしれないし!)、
人と握手した時には必ず除菌ティッシュで手をふくモンクさんも、
自分が変わり者だと自覚しているし、それをかくそうとはしません。

人目を気にせずに自分を貫くということは、何からも自由であるかわり、
かなりの勇気がいることでもあります。
カートもモンクさんも、時には勇気を持ち続けることに、疲れてしまうときもある。
「ユニコーンでいることに疲れたよ」 とカートが弱音を吐けば、
「変人でいることに疲れた」 と、落ち込んだモンクさんが呟くこともあります。

それでも、
もういやんなっちゃったなぁ・・・
と何もかも投げ出したくなる日があっても、
自己を見つめ、認め、いつもありのままの自分でありたいと願うわたしにとっては、
以前に書いた『アグリー・ベティ』のベティを含め、
いつも頼もしい同志であり、味方であり、前向きな勇気をくれる、大好きな人たちなのです。


モンゴメリは「ありのままのその人」を描いた作家でもありますが、
アンの隣人ハリソン氏は、リンド夫人に「変人」だと称されています。
     「たしかにハリソン氏は、他の人とは違っていた。
      人と違っているということが、変わり者の変わり者たる所以なのだ」
同じくモンゴメリの『パットお嬢さん』に登場する「変人」チリタックに初めてあった日に、
パットの妹のレイは、
「変人って、世の中に彩りを添えるわね」
と言います。


「みんなと同じ」を意識してしまう、モノトーンな人たちの中にあって、
世の中に彩りを添える存在である・・・
そんな素敵な表現をされると、
変人でいることも、なかなかいいじゃない?なんて、嬉しく思えたりして、
今日もいろんなことに励まされるのでした。

本当はみんなそれぞれ、素敵な色を持っている。
マイノリティでもかまわない。
それをありのままに出せる、虹のような世界に、なっていくといいなと思います。
[PR]
by patofsilverbush | 2014-01-29 10:30 | | Trackback | Comments(0)

愛が足りない

長野のグループホームにいる祖母と、手紙のやり取りをしています。

やりとり、とは言っても、
祖母と私は、価値観も好みもまったく正反対で、
共通する興味というものも、いっさいありません。

もともと東京で一人暮らしをしていた祖母ですが、
認知症などで一人暮らしが困難になり、グループホームでお世話になることになりました。
見知らぬ土地で、見知らぬ人たちとの共同生活を余儀なくされた祖母に、
わたしもすることがあるわ、
と 少しでも思ってもらいたくて、手紙を書いてみたのがきっかけでした。

お互いの日常のできごとが主な内容ですが、
祖母の手紙には、よく、
自分のこれまで生きてきた人生の価値観を否定するような表現、
でも他の何も受け入れられず、今現在が不幸であることが、つづられています。

幸せな気持ちで日々を過ごしてもらいたいわたしは、
自分なりに思うところを綴るのですが、祖母にはそれが、伝わらないようでした。




ルルドの泉をご存知でしょうか?
フランスのルルド、
貧しい一人の少女・ベルナデッタの前にあらわれた聖母マリアが
彼女に示した場所から 泉が湧きあふれ
その水に触れ、飲んだ人の病気やけがが、癒されていったのだそうです。
今でもルルドは 
奇跡の癒しを求めて たくさんの人が訪れる巡礼地となっています。

聖母マリアにお告げを受けたベルナデッタですが、
身体が弱く 病に苦しみ、若くして亡くなっています。
そのベルナデッタのお部屋の壁には、
彼女のこんな言葉を書いた額がかかっているそうです。

“問題は病ではない 
 むしろ、愛がたりない”

どういう意味かな?
いろんな意味にとれる言葉です。
ベルナデッタがどんな気持ちでこの言葉を口にしたのか、わたしにはわかりませんでした。


ある日、祖母からの手紙を読んでいた時、
突然、
この言葉が心に浮かんできました。

ああ、わたしには 愛がたりない。


幸せな毎日を過ごしてもらいたいと、わたしが書き送っていた言葉。
でも、祖母に必要なのは、
アドバイスや忠告ではなく、
同情や慰め、自分の存在を肯定する言葉ではなかったかと。
あなたは大事な人ですよ、と、伝えることだったのだと、思ったのです。



ベルナデッタがどんな意味を込めて、この言葉を口にしたのか、
わたしにはまだ わかりません。
祖母の心に寄り添ってあげることも、まだまだ難しい。
あまりの価値観の違いに、どう返事を書いていいのかわからず、
薄っぺらな手紙を書いてしまうこともしばしばです。

人の心に寄り添うというのは、本当にむずかしいことですが、
この言葉を知って、少しだけ、
自分の足りない部分に気づくことができたのかもしれません。
[PR]
by patofsilverbush | 2014-01-28 09:12 | | Trackback | Comments(0)

午年ですね

年末にライセンスを取ってから、
長野へ行ったり、
体調を考慮したり、または崩したり、で
なんだかんだと行かれなかった乗馬へ、きのう ようやく行ってきました。

小さな馬場(というか、サークル)から、少し広いサークルへ。

きのう乗せてもらったのは、メルモちゃん。
身体は大きいけれど、のんびりやさんだそうで、
馬装(サポーターをつけたり、鞍を乗っけたりの支度)している間に、
眠くなってしまったようです(笑)。
なでなですると、気持よさそう~な顔をするので、わたしが癒されます!

d0314849_1118030.jpg



今まではジュニア会員だけのクラスを、ずっと取っていましたが、
今度からは大人も子供も一緒にレッスンを受けるクラス。
初めてだったので見学しましたが、息子はちょっと緊張したみたいでした。
 
「広いと、気分が違うの?」と聞くと、
「気持ちいい」 とのこと。
そうだよね~、見ていても、気持がいいもの。

サークルが広くなると、より自分で馬をコントロールしなければならず、
馬のスピードをゆるめたり 速めたり、
乗っている馬の性格も考えながら「乗る」練習になっていくようでした。


まだまだ全然へたくそで、悪戦苦闘の息子でしたが、
またのんびり、馬ライフを楽しんでもらえたらと思います。

d0314849_11235963.jpg

[PR]
by patofsilverbush | 2014-01-26 11:30 | 子育て | Trackback | Comments(0)

ひつじのはたき

だいぶ前に、門倉多仁亜さんのご本で見かけた、ドイツ製の羊毛のはたき。
可愛いなぁ~
と思っていたら、
先日、同じものではありませんが、雑貨屋さんで見つけましたよ♡
ちょうど、ハンディワイパーを買わなきゃ・・・
でも味気ない・・・なんて思っていたところだったので、
ナイスタイミング!
というわけで、もちろんこちらをお買い上げ。
だって どうせお掃除するなら、可愛い道具でテンション上げたいですものね!
天然素材と 見た目に弱いわたし(笑)。


天然木の柄の先に、ふわふわの羊ちゃんがくっついているみたい。
羊ちゃんでほこりを払うのは、ちょっと可哀想ですが
許せ!
使い終わった後は、お庭でパタパタと振って ほこりを落とします。
猫と遊んでるみたい!
と 息子に笑われました。

これで私も、お掃除上手になれるかしら~。
丁寧な毎日は、可愛い道具から。
これ、わたし的には かなり大事なことなのです。



d0314849_11554432.jpg

[PR]
by patofsilverbush | 2014-01-15 11:59 | 生活 | Trackback | Comments(0)

家事の仕方

先週は年明けお初のfree birdsがありました。
いらして下さった皆さま、ありがとうございました。

お正月をだらだらと過ごしていたので、うわぁ、大丈夫かな私!?と
いささか心もとない気分でしたが、皆さまのおかげでしゃきっと?した気分に。

幼稚園前の小さなお子様をお連れの方もいますが、
会うたびに、言葉が増え、コミュニケーションが取れるようになり、
ミニカーで一緒に遊べるようになったり、ヨガマットを片付けるのを手伝ってくれたり・・・
成長ぶりに目を見張ってしまいます。

午後はアン8章を、途中まで。
アンを引き取ることに決めたマリラは、それをアンに告げないままに、
午前中いっぱい、
アンに家事を手伝わせ、その仕事っぷりを観察します。
自分をどうするのか、我慢できずに問うアンに、マリラは引き取ることにしたとようやく教え、
アンはうれし涙にかきくれるのでした。
マリラは「気を静めなさい。あんたは泣くのも笑うのも簡単すぎる」とアンに言います・・・。


初めてマリラが登場するシーンで、マリラは台所の、日陰になった席に座っていました。
窓辺でちらちら照ったり陰ったりする日光は、マリラにとっては当てにならない、気まぐれなもの。
その気まぐれな光にわずらわされたくないからです。
それなのに、そんな気まぐれな日光のように気分がくるくる変わるアンを、
育てることになるなんて!
子育てはまさに、忍耐や、いかに相手のあり方に沿うかの、修行のようです!
アンに必要な分別や落ち着き、常識を教えつつ、
それだけではない、もっと人生を「楽しむ」ために必要な何かを、
マリラもアンから学んでいくのでしょう。


ところで、アンに話をする前にマリラは、昼食の皿洗いに使った布巾を
熱湯ですすぎなさい とアンに言いつけています。
当時、
多くの家には流し台というものがなく、
皿洗いは テーブルの上に置いた桶に、お湯を張って行われていました。
まず ストーブでお湯を沸かし、石鹸水を作ります。
その石鹸水を汚れるたびに何度か作り変えながら、
油汚れしていないものから順に布で洗い、
水滴が乾いてシミにならないうちに よくふいて、銀器やガラスなら磨いて 仕上げます。

このときの昼食はdinnerという言葉が使われているところから、
あたたかいお料理が出る、一日のメインの食事、
ということがわかります。

最後に油汚れのお皿を洗ったら、
皿洗いに使った油汚れの残る布巾を、熱湯できれいにしなさい
とマリラは言っているわけです。


我が家でもお皿洗いは固形石鹸と布を使ってしています。
アンを意識したわけではまったくなく、
界面活性剤をなるべく使わない生活をしよう、と始めたことでしたが、
今回 
あれ、これが当時のお皿洗いか!と初めて気がつきました(笑)。
ちなみに、水道は使ってますよ(笑)。便利な世の中ですね。


家事の途中で空想にふけってしまうアン。
そんなことから、みんな 自分の家事の仕方に思いを馳せてみたりした午後。
ルーティンワークなだけに、
雑になったり、時にあれやこれやが気になって中途半端になってしまったりしがちですが、
一つ一つの作業に、いちいち集中してできたら、
一日の充実感も違ってくるような気がしました。

今年はもっと楽しんで、丁寧に家仕事に取り組もう!
と、思ってみたり、して。
[PR]
by patofsilverbush | 2014-01-14 09:55 | ferrbirds赤毛のアン | Trackback | Comments(0)

博物館へ

成人式を迎えた皆さま おめでとうございます。

寒い寒い連休でしたが、いかがお過ごしでしたか?
我が家は初日はパパがお仕事、昨日は日曜日なので教会へ。
というわけで、今日はようやくお出かけ。
車で30分ほどのところにある、博物館へ、お弁当を持って行ってきました。

息子は幼稚園の徒歩遠足で行ったことがあるのですが、
私とパートナー氏は初めて訪れました。
「この距離を、幼稚園の子が よく歩いたね~」
と、車でぴゅ~っと走りつつも 今更ながら2人でびっくり!
先生方、その節はありがとうございました。

入るとまず、でっかいマンモスがお出迎えしてくれます。

d0314849_17185284.jpg


最近、氷河期の生き物を特集した番組を見たばかりの息子、
想像以上の大きさに、
「え~マンモスでっかい!」
マンモスは氷河期の終わりとともに、人間によって捕食され、絶滅への道をたどりましたが、
「こんな大きなものに、ぼくは立ち向かえない・・・」
「そういう子は、畑を耕して野菜を作る農耕民族になるんじゃない?」
なんて、ちょっとお兄さんな会話も、できるようになりました。
テレビで見ただけでは、なかなか大きさまでは体感できないですものね。



もちろん恐竜もいます。
ほねほねくんも、

d0314849_17195757.jpg


動くのも!

d0314849_17201444.jpg


ほねほねくんは、窓際に展示してあるのですが、
外の自然の風景とあいまって、なんだか生きていた時の姿が想像されます。

息子の恐竜図鑑を何度も見せられてはいるのですが、
ぼんやりながめているせいか、恐竜時代がいつのことやら、まったくのうろ覚えで。
きのう息子に聞いたところ、
三畳紀に恐竜らしき生き物が現れ始め(まだ小さい)、
ジュラ紀で全盛期を迎え、
白亜紀にゆるやかに種を減らしつつ、隕石の衝突で絶滅したそうです。

長い長い、地球の歴史を考えてみれば、
生物が水で暮らしていた時代も
上陸して恐竜が栄えた時代も、
ほんの最近のことです。
ましてや人間の時代なんて、まばたきにも満たないほど。

そのわずかな時間の中で、なんという破壊をもたらし、
何種の生物を絶滅に追いやったことか!と、その進化?のスピードに、
空恐ろしささえ感じます。


「地球のためにできること」という表現をよく聞くけれど、
わたしたちはそんなことを言えるほど、上等な生き物ではないのだと思います。
地球が私たちを生かしてくれているのだし。
ただ、生かされていることをわすれない、ということしか、
本当はできないのじゃないかな。

でも、
わたしたちの子供のために、地球を綺麗にしておくこと は、
まちがいなく、積極的にできることではあると思っています。

すべての子供たち、地球上に生きるすべての種のために、
わたしたち一人一人が責任を持って考え、取り組まなければいけないことだと、
絶滅してしまった動物たちを見ながら 強く思いました。

d0314849_17383936.jpg


おおかみくんと、ツーショット♪

博物館の外には散策できるコースや、芝生の広場もあるので、
また あたたかいお天気の日が楽しみです。
[PR]
by patofsilverbush | 2014-01-13 17:51 | 子育て | Trackback | Comments(0)

夏目漱石

寒波到来!で、ダウンコートの縫い目からも、寒さが身体に届くような気がします。

  暗がりに 雑巾を踏む寒哉

という夏目漱石の句があります。
寒い夜中、たとえば用を足しにしぶしぶ起きだしていったのに、
廊下で 
片付け忘れた冷たい雑巾を、裸足でふんづけてしまった・・・みたいな?
本当にそんなシチュエーションだったかどうかは、わかりませんが(漱石さんスミマセン)
なんだか 伝わるものはありますよね(笑)。

漱石は友人である正岡子規を介して、俳句を学びました。
深い心理を読み説くような、ちょっと小難しい句ではなく、
ほんの一瞬の動作や、瞬間的に浮かんだ感情、情景などを、
「ほんの軽いこころもち」のままに詠んだ句が多く、
心に響いた一瞬を焼きつけたそれらは写真のようで、
情景を目の前に思い描くような想像力を 刺激されます。


こんな短い句の中に、閉じ込められた一瞬。

漱石は、誰の心にもあるネガティブさや、欠点を見つめ、
「そんな自分である」「そんな相手である」人と、どうつきあってゆくのかを、
誠実に見つめた作家でもあるような気がします。
だから三角関係や不倫の恋を描いてはいても、潔癖であり、
その「自分のもつ、どうしようもない性質」に対して、
誠実に向き合おうと苦悩するようなまじめさがあります。
大好きな作家です。

とっつきにくそうな明治の文豪なイメージですが、
アンとはほぼ、同じような時代を生きた、同年代なのです。

そして こんな俳句を読むと、
ちょっと日常生活が垣間見えるようで、親しみが湧きはしませんか?


  我に許せ 元日なれば朝寝坊      漱石
[PR]
by patofsilverbush | 2014-01-11 11:58 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

教育のたまもの?

12月を振り返ってみると、
ものすごく怒っていたひと月だったな、と思います。
振り返ってみるまでもなく、
ああ、また怒ってる、
という自覚もあり、エネルギーを消耗し続けた日々でした。

主な原因は わたしの可愛い息子さんで(笑)、
何度言って聞かせても、同じことの繰り返し、
ということに、疲れ果てる日々でした。

ひとつの成長の段階に来て、息子自身もわたしも、ちょっととまどったのだと思います。
今までとはちょっとずつ変わってきている、のに、
そのことに自覚のない息子、
階段を上らせたいわたし、
それに無頓着で、今まで通り振舞いたい息子・・・というように。

そんなある日、
疲れ果てた挙句に、怒りを通り越して涙が出てきました。
ふだんはこんなに素直でいい子なのに、
外に出ると、「かっこつけたくて」(息子いわく)ひどいマナーになってしまうのは、
わたしの言って聞かせる説明が悪いからなのよね。
ごめんね、叱ってばっかりで。

・・・と、はやい話が泣きおとしです(笑)。

素直な息子は、こんなときにもすぐに反応してくれます。

「ママ、ごめんね!ママは悪くないんだよ、ぼくがわるかったんだよ~」
と号泣。
「でも、あなたはこんなにいい子でしょ?お外でも同じように振舞えないのは、
ママのお話が悪いからじゃない?」
「ぼくはいい子だけどね(と、泣きながら)、お外に行くと嬉しくなっちゃって、
わけわからなくなっちゃうの~。ぼくが悪いんだよ~(号泣)」


面白かったのは、怒られたり、泣いたりしながらも、
「ぼくはいい子」だと、思っているんだな~というところです。


あなたはいい子で 大切な子

と、日々 話していることが、
言うことは聞かなくても、そこだけはちゃんと伝わっているんだなぁ
ある意味で、教育の成果はあるらしいと、思いがけなくわかった出来事でした。


冬休みを挟んで、日常とは違う環境に身を置いて、
ちょっと気分転換できたわたしたち。
今年はどんなふうに なっていくのかな。
また一緒に、いろんなものを見て、感じて いけたらいいね。


怒るばかりではなく、時に泣いてみるのも効果的ですね(笑)。
母は女優であるべし!
それとも、それは 相手が単純な男の子だから?
[PR]
by patofsilverbush | 2014-01-08 10:04 | 子育て | Trackback | Comments(0)

かわいい!

Pasco秋のプレゼントキャンペーンのプレゼント
リサとガスパールのトースターに、母が当選したそうです~。

ところが当選を知る前に、トースターを買ってしまったそうで(笑)、
彼女を我が家へ送ってくれました!
わぁ~ありがとう。可愛い~♡

結婚当初から、もう14年もお世話になった、我が家のトースター(こちらは“彼”という風情)。
しかもパートナー氏がパチンコの景品で持ち帰ったというシロモノ。
そろそろ買い換えたいよね、なんて話しつつ、使い続けていたのですが、
新年あけましたところで きりよく、お役御免とあいなりました。

長い間、美味しいトースト焼いていただき、ありがとうございました。

d0314849_9233586.jpg

[PR]
by patofsilverbush | 2014-01-08 09:26 | Trackback | Comments(0)

職業病?

そのお仕事ならではの、ちょっと人と違うくせや観点が身についている、
というようなことが、みなさまにもおありではないかしら?
案外 自分では気がつかないものかもしれませんね。

わたしはよく、物をみるのと同じ目線で人を見ていることがあります。
ものすご~くかっこいい人がいたとしても、
「このフラワーベースのラインがきれい」と思うのと、
「きれいなボディラインだなぁ。きれいな顔だなぁ」と思うことはまったく同じ。
そこから「あら素敵♡」と発展することは、まずありません。
(絶対ない!とは言い切れないのも、恋なのですが)
それはたぶん、
自分のポジションが正しいのか、自分の身体がどう見えているのか、
常に鏡でチェックしているバレエのレッスンからくる 、癖なのかもしれません。
美人もイケメンも、綺麗なものなら見ていたくなる。
「好き」と思うのとは、全然 別のことです。

母は若かりし頃、幼稚園の先生をしていましたが、
先日 話していたところ、
「自分の孫は可愛い可愛い♡という気持より、
どの子も同じように、幼稚園の先生のようの目線で 孫も見てしまう」
と言われて、
ああそうか
と、すごく納得しました。


家族だから、という甘えよりも、
時に礼儀や常識を主張する母に、時々、
淋しさを感じることもあります。
息子に対しても、「甘やかしてくれる、なんでも言うこと聞いてくれるおばあちゃん」というより、
母よりも厳しい(?息子いわく)しつけをしてくれる存在でもあります。

でもそれは、たぶん母の職業目線からきていたのね!と、
初めて母の言動に納得がいったのでした。


親子でも、夫婦でも、友人でも、
人はそれぞれに生きてきた歴史、過ごしてきた過程があり、
その背景までは、どんなに親しくてもなかなか見えてこないものなのだと思いました。
見えない個人の歴史の違いで、
時に誤解してしまったり、
自分との考え方の違いに腹を立てたり、
してしまうのも、仕方のないことです。
「わかってほしい、察してくれよ」
と思うのは、それぞれの我がままでありエゴですね。
お互いを理解し、それぞれのあり方を認め合うには、たいへんなエネルギーを必要とする場合も、
あるかもしれません。

自分にも独特な目線があるように、
相手にもきっとある、独特な視点。
一口に「常識」だけでは片づけられない違いにまで目を向けられた時、
初めてその人らしさがわかるのかもしれません。

そういうのも、ある意味では職業病と言うのかしらね?
[PR]
by patofsilverbush | 2014-01-07 09:16 | | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧