<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

悪口

クリスチャンになって、あらら・・・008.gifと思うことは、
「罪を犯す」ことに 非常に敏感になることでしょうか。

我慢はしてみるものの、どうしたって、
相容れない性質の方はいらっしゃるわけで、
「まったくさ~」とワルクチに花を咲かせつつ、
「あ~、わたしって罪深いわ・・・」と思ってもいるわけなのです。021.gif


どんな人でも、誰かの悪口を言うのは いい気分ではないことでしょうが、

毎週のごミサのたびに、
「わたしは 思い、言葉、行い、怠りのよって、たびたび罪をおかしました」
と “告白”しているというのにねぇ007.gif

ごめんなさい、神様。


自分や、他の人を貶めるネガティブな思いや、
感情にまかせて口にしてしまう言葉、
いけないと分かっているのにしてしまう行為や、
反対に 見て見ぬふりをして しないで済ませてしまう怠慢さ。


これらのことが、キリスト教でいうところの「罪」なのだと知って、
そりゃあ罪悪感は覚えるものの、そんなこと、日常茶飯事じゃない?

始めはピンときませんでしたが、
きっと、そういうことに鈍感になっていてはいけないのですね。


生きていたら、いろんなことがあって、
いろんな感情が芽生えるのは、ごく当たり前のことです。

わたしはいい人だから、我慢するわ、
相手の在り方を受け入れるわ、いろんな人がいるものね・・・
と いい人ぶっても、
やっぱり 心の中では「ちょっと待て~!!!!」と思っていたりする、
ことに、
案外、自称「いい人」は気付かないものなのかもしれない。



「いい人」ではないわたしは幸いなるかな!
と、聖句をもじったりして考える、今日この頃。
だって少なくとも、神様に助けや許しを請えるわけですから。


つきあいきれない相手の言動に、
やれやれとため息をついてしまったり、
出かかる言葉を飲み込んでみたり する日もあるけれど、
わたしが主の御心を行動で表せるようにと、助けを祈ったほうがよさそうです。

クリスチャンとしての 自覚をもちなさい!
ということなのかもしれません。









[PR]
by patofsilverbush | 2015-10-30 10:33 | | Trackback | Comments(0)

10歳

10月半ばに、息子が10歳の誕生日を迎えました067.gif

060.gif半分 おとな 半分 こども
とかいうような歌が、ありませんでしたっけ?
ハタチで成人、と考えるならば、
子供時代のちょうど真ん中にさしかかったことになるわけです。


マシュウとマリラが 孤児院から引き取ろうとしていたのは、
「十か十一ぐらいの りこうな男の子」でした。

「そのくらい(の年齢)になってりゃ、
さしあたり すぐ何かと役にはたつしね、
まだまだじゅうぶん しつけもきくし、仕込めもするし、
いちばんよかろうということになったわけでね」


先日、学校で、いわゆる保健体育の授業、
男の子と女の子の、 身体の違いや、
思春期を迎えておきる 心や体の変化についての授業があったようです078.gif083.gif


10歳からの男の子の育て方、なんていう本を、
本屋さんで見かけたりするところをみると、
やはりひとつの節目ではあるのかしら?


どんなことに対しても、品のない考えは大嫌いですが、
ややデリケートなこの手の話題に関しても、
ごく当たり前の変化で、騒ぎ立てるほどのことでもないのだと、
オープンにしていられたらと思います。


自分の心や体を 大切に扱えるように。
そして同じくらい、相手の心や体を大切に扱えるように。
ということが、
ますます大切になってくる年齢になってきたということなのですね。









[PR]
by patofsilverbush | 2015-10-29 10:18 | 子育て | Trackback | Comments(0)

お久しぶりです

おはようございます003.gif
いかがお過ごしですか?


ずいぶんと間があいてしまい、
気がつけば 10月も終わってしまいますね。

夏休み明け、ようやく学校が始まったと思ったら、
シルバーウィークだの、学期末の早帰りだので、
いつ学校に行っているの?と言いたくなるほどだった9月・・・026.gif
さすがに当人も、
「最近、学校少ないよね」と気がついたほど!


そして10月
準備・製作に明け暮れた学校バザーも、
先週末、無事に終了し、
今年度のソーイング部の活動も ひとまず終了!
ほっと一息ついた、この数日です063.gif


PTAなんて ボランティアなのに、なにもそんなに一生懸命にならなくても?
と、思わなくもないのですが(笑)、
こういうことは、ガッツリやればやるほど、楽しいものなのも、また真実060.gif
新しいものを作ろうと 練習したり、
取り組んでいる作品を、より良いものにしようと奮闘しているメンバーを見ると、
わたしもがんばろ~035.gifと、よい刺激をもらえて、わくわくいたします016.gif
やっぱり、好きなことをしている時間は、大変であっても楽しいですよね056.gif


今日からはまた、自分の作りたいものに取り組めますので、
久しぶりに手の込んだ刺繍をしてみたいなぁ060.gif


日もすっかり短くなり、
朝晩 だいぶん冷えるようになってまいりました。
あたたかい食べ物・飲み物で体調を整えつつ、
お健やかにお過ごしくださいませね。


今日も素敵な一日になりますように♥








[PR]
by patofsilverbush | 2015-10-29 09:07 | 生活 | Trackback | Comments(0)

できあがり♫

隙間時間で編んでいたレースが できあがりました060.gif


d0314849_09525410.jpg
d0314849_09524259.jpg
『赤毛のアン』では、
年に1回、シャーロットタウンで開かれる品評会で、
ジョーシー・パイがレース編みで1等賞を取ったという場面があり、

ジョーシーとは仲の良くないアンですが、
同じ村の出身として、嬉しく思ったと
アンはマリラに報告しています。

ジョーシーはどんなレースを編んだのかな。

お裁縫の嫌いなアンが、手芸を楽しんでいる様子はほとんど出てきませんが037.gif

古雑誌から「かわいい新型レース編み」のパターンを見つけて 
編み方を覚える少女たちや
家事の合間にせっせと手を動かしては
キルトを編んだり、凝ったバテンレースを刺したりする女性たちが、
モンゴメリ作品にはたくさん出てきます。


ローラが結婚した時も、お友達がお祝いにくれたのが、
「見たこともないほどみごとなレース編み」でした。
「花と葉のきれいな模様を白い絹のレース糸で編んだ、
三角形の肩掛けだった」
なんて、
読んだだけで、うっとりしてしまいます012.gif

シルクの糸で編むレース・・・
いつか、もっともっと細い糸で編めるよう、
腕を磨きたいなぁ。









[PR]
by patofsilverbush | 2015-10-08 09:55 | 生活 | Trackback | Comments(4)

野辺の花

菊、といえば仏花
のイメージが強いかと思うのですが、
わたしは キク科の花は大好きです。

花占いができる形も可愛いし053.gif
畑の横っちょなんかに 星のように群がって咲いている小菊や、
やさしい薄紫の野菊など、
可憐な野辺の花 という風情が とても好き016.gif


週末に買い出しに行った野菜市場で
買ってきた小ぶりの菊。
たった二枝なのに、たっぷりしたボリュウムで、
満点の星のように、淡いピンクのつぼみがたくさん!
花弁の内側は白いので、
2色のグラデーションがとても愛らしい花束になりました。


大きな花瓶にどーんと生けても 迫力あったのですが、
あちこちで楽しみたくて、小さな器にわけて飾ることにしました。


聖母子像や、十字架上のイエス様の置いてある、
部屋の片隅、いつもの窓辺や



d0314849_15241196.jpg



ごちゃごちゃと雑貨のある、リビング中央の窓辺
d0314849_15235857.jpg



情緒欠損気味の男性陣がいるため、ふだんはあまり花を飾ることはない、
食卓にも。

d0314849_15242431.jpg


こんなにたっぷり楽しめて、たったの200円!
野菜市場は お財布にも優しい市場なのでした060.gif





[PR]
by patofsilverbush | 2015-10-06 15:32 | 季節 | Trackback | Comments(0)

主に従う

ふとしたことがきっかけで、
自分がずいぶん、人の期待に応えようとしていたことに
気がつきました。

といっても、具体的に何かを頑張っていたとか、
成果を上げていた、
ということは 一切なくて、
だからこそ、自分でも気がつかなかったのです、
誰かの意に添おうとして、もやもやしていた自分の気持ちに。


誰か素晴らしい人が示してくださる、
まっすぐな、正しい、素晴らしい道や、
センスのある、素敵な生き方。

素敵だな、と思う一方で、
自分が静かに神様と対峙した時に、
かすかに覚える違和感もありました。

その生き方、その道を、神様は本当に、
私自身に望まれているのだろうか?



まっすぐな、正しい、素晴らしい道。
けれども、神様がわたしに望まれている道とは、違う気がする・・・



誰か素晴らしい人の 示す道、
その人の考える、「まっすぐで、正しい、素晴らしい道」は、
その人の進むべき道 でしか ないのかもしれません。

わたしは、誰か素晴らしい人のお話ではなくて、
私の心に直接響く、神様のお話に、耳を傾けるべきでした。


そう思えたとき、
自分がすごく、その素晴らしい人たちの意に添おう、
期待に応えようとしていたことに気づきました。












[PR]
by patofsilverbush | 2015-10-03 10:21 | | Trackback | Comments(0)

ラブリーな一日になりますように

昨晩はものすごい雨の音で、目が覚めました。

このところの気象現象は、
なにかと極端で、
ちょっとドキドキしてしまいますね。

どうぞ皆さまも気をつけて、
よい一日をお過ごしくださいませ。




[PR]
by patofsilverbush | 2015-10-02 09:30 | 生活 | Trackback | Comments(0)

お年頃

「もてる子ってさ~034.gif」と、わが小学4年男子。
「まず、髪型がかっこよくなきゃダメでしょ~」

いやいや、まず、優しいことじゃないの?
と、お母さん。


「ちがうよ、始めのきっかけのことだよ~。
まず、髪型がかっこいいことでしょ?」

きっかけ?
そりゃあ、髪型っていうより、ずばり、
「まず、ハンサムなことじゃない?」
と言ってしまうあたり、お母さんは身も蓋もありません015.gif




「ママとパパは、何歳の時に知り合ったの?
どこで知り合ったの?
ダンスとか踊ったの?」
え・・・そりゃ、ディズニーの『シンデレラ』の見過ぎでしょ~037.gif
恋する夢子ちゃんか!?

小学4年男子。
恋の話もオモシロイ。













[PR]
by patofsilverbush | 2015-10-02 09:27 | 子育て | Trackback | Comments(0)

『おちゃめなふたご』シリーズ

息子が4年生になって、大きく変化したことは、
本をよく読むようになった、
ということです📚

赤ちゃんのころから、迫真の演技で読み聞かせをしてきたというのに、
いっこうに本を読むようにならないなぁ・・・026.gif
と 去年まで思っていたのですが、
苦節約10年、ようやく女優の努力が実ったようです072.gif

と 思いたいワタクシですが、
実はママ女優の努力のたまものではなく、
本当は、「ドラえもん」のおかげでは・・・?
と 思っているのが実際のところ037.gif

3年生のある日、初めて「ドラえもん」の漫画を読んでから、
たぶん息子は、活字を読むのが苦にならなくなったのです。


もともと、「物語」は大好きな子ですから(これは女優のおかげでしょう!)
一度読みだしてしまえば、物語の中に入っていくのは早いものです。
読み始めてはみたものの、
まだ内容が難しくて、途中で「寝かせて」ある本もいっぱいですが、
それはそれでいいかな、とも思います。


今、わたしと二人で読んでいるのが
「おちゃめなふたご」シリーズ060.gif
イギリスの女子寄宿学校の様子を描いたシリーズで、
少女だったわたしの愛読書でした(もちろん、今も愛読書016.gif
出てくるのは少女ばかり、挿絵もかわいい田村セツコさん053.gif
なので、
女の子の本を、男子に読ませてるの?と思われる方も、
もしかしたら、いらっしゃるかなぁ。


でも、おもしろいものは おもしろいし
我が家は「男女」というくくりで、間口を狭めたくない派060.gif

そしてこのシリーズ、成長していくうえで、
子供に覚えてもらいたいなぁ、とわたしが思うことが、
いっぱい出てくるのです。

精一杯ベストを尽くすことや、
人を思いやること、
責任感を持つことや、自立すること、
友達にいじわるすると どうなるのかや、
心を入れかえた子に、どう接したらいいのか などなど・・・。



奇想天外な冒険物語ではなく、
ごくふつうの子が繰り広げる、
ごくふつうの学校生活の物語だからこそ、
「この子とは、友達になれそう006.gif
この子は好きだけど、この子は好きじゃない025.gif」なんて言いながら、
息子も楽しく読めているようです。


登場する子供たちは、14,5歳なので、
ここまでの振舞い方や、気持ちの持ち方を期待するのは、
まだ年齢的には難しいのですが、
親の言うことを まだ素直に聞ける、
「女子っぽい」という理由だけで、そっぽを向かない 
この年齢で
読ませたのはよかったかな、と思います045.gif


親の期待も秘かに込めつつ037.gif息子にお勧めした このシリーズ。
先生も人格者ばかりではないことに、
再読したわたしも、反省を踏まえながら、楽しんでおります。





















[PR]
by patofsilverbush | 2015-10-01 14:48 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧