<   2016年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

円熟する 『赤毛のアン』第13章・2

さて、
牧師さんが、ピクニックの開催を正式に発表するのを聞いて、
「興奮のあまり体中が冷たくなり、ぞくぞくっと鳥肌が立った」
と話すアンに、 マリラは吐息をつきます。
 

「あんたは物事に執着しすぎるよ」

物事は、自分の思い通りになることばかりではない。
わくわくと期待して待つことが 現実にならなかったとき、
待つ喜びが大きいほど、失望も比例して大きくなることにもなる。
そんなアンの性質を、マリラは懸念したのです。


「この先の人生で、何度もひどくがっかりするんじゃないかと思いやられるよ」



感受性豊かなアンの、この性質は、
そのままモード・モンゴメリの性質でもありました。

モードは友人への手紙に、この自分の性質について、こんなふうに書き綴っています。



『以前はとても衝動的で、感情の起伏の激しい性格でした。
気短かということではなく、憎しみにせよ 愛情にせよ、
いったん心に生まれると、とことんまでいってしまたものです。
それは重大な欠点であったばかりか、
知的・精神的・肉体的に、多くの点で害を与えるものでした』



自分の激情のままに、心を揺り動かされること。
小さな喜びに 天国まで舞い上がることも簡単なら、
絶望のどん底に突き落とされるのも、また容易な性質。


人生の様々な局面や、体験、
意思に反して余儀なくされる生活が、そんな自分に
「自制心を働かせる習慣を身につけさせてくれた」と
モードは続けます。



『この欠点を根絶したという確信はありませんが、
人に対しても自分に対しても、
穏やかに、はるかにあたりの柔らかい人間になりました』



もって生まれたままの性質を、自制して抑えることは、
いっけん、ありのままの自分を隠すことに見えますね。
大人になってゆく過程で、人は、
他者を傷つけないよう、また自分が傷つかないよう、
もともとの性質を抑えたり、隠したりせざるを得なくなります。
一人一人が思いのままににふるまう世界では、誰も安心して暮らせません。
自分の役割を、それぞれがきちんと責任をもって果たすために、
時には自制し、譲り合うことや、妥協点を探ることも必要です。


ずけずけと思ったことをそのまま口にすることが、
必ずしもいいわけではないし、
自分の気持ちより、相手の心を思いやることや、
他者を理解しようとする努力、
自分とは違う、相手の在り方を受け入れること。
住みよい世界は、一人一人の そんな努力やルールがあって、
生まれるものなのですから。


「世界には自分だけ」のような 幼児のふるまいを経て、
「自分と他者のいる世界」を作ってゆけるようになることを、
世間では、“成長” と呼ぶのかもしれません。



ちょうど、突拍子もない行動で、マリラやリンド夫人や唖然とさせるアンが、
マリラから「分別」を学び、
周囲と調和することも学んで行くように。




一方、憂えるマリラに、アンは自分の喜びの気持ちをこんなふうに説明します。


「何かを期待して 待ち焦がれることも、
楽しみのうちの半分だわ。
期待して 思い通りの結果にならないこともあるかもしれないけれど、
待ち焦がれるときの楽しさは、誰にも止めることはできないわ。
何も期待しないより、期待して失望する方が、ずっといいわ」




アンのこの性質は 大人になってもずっと変わらず、
やがて大きくなってからも、
アンとマリラの間には、同じようなやりとりが繰り返されるのです。

しかしそこには、時を重ねてきた変化も、見受けられます。


この続きは、また次回に♫








[PR]
by patofsilverbush | 2016-01-30 09:51 | ferrbirds赤毛のアン | Trackback | Comments(0)

雪⛄

寒い朝です。

関東平野部でも、夜の間に雪が積もるのでは、
との予報でしたが、
目が覚めてみると、冷たい雨。
8時過ぎになって、雪が混じり始めました。


お出かけの方は、どうぞ気をつけて。


よい週末をお過ごしくださいませね。




[PR]
by patofsilverbush | 2016-01-30 09:02 | 季節 | Trackback | Comments(0)

素材フェチ♡

大好きなセーターたち 🐑🐐🐑🐏🐑
羊ちゃんや山羊ちゃんたちに ブラシをかけて、
引き出しにしまう前の、
こんな状態が、いちばん可愛いのです♡


d0314849_13135603.jpg
d0314849_13141076.jpg
ふかふか ほっこり。

服だけではなく、布を買うときもそうですが、
綿、麻、毛糸。。。
織の風情や
素材そのものが好きです。








[PR]
by patofsilverbush | 2016-01-29 13:18 | ファッション | Trackback | Comments(0)

円熟する 『赤毛のアン』第13章・1

free birdで読んでいる『赤毛のアン』は ただいま15章。
ずいぶん長らく更新していませんでしたが、
実は13章が、個人的にとてもむずかしかったのです💦



通い始めた日曜学校で
夏の一大イベント、ピクニックがあると聞き、
うきうきと心待ちにするアン。
「アイスクリーム」なる食べ物が出る、とダイアナに聞いたものの、
アンの想像力をもってしても、
一度も食べてことのないアイスクリームの魅力ははかりしれません。
楽しい期待がふくらむばかり,
頭の中はピクニックのことばかりです・・・



と、楽しみを夢中で心待ちにする、子供の可愛い様子がつづられていきますが、
ほんとうに子供って、こんな感じですよね。

「いついつに、どこどこに行くよ」
なんて、ちょっと言おうものなら、
それが明後日だろうと、一週間先、ひと月先であろうと、
頭の中はもう そのことでいっぱい!
寝ても覚めても、興奮して、話すことと言えば、そのことばかり・・・
少なくとも わが息子はアン同様なので、
聞いてるこちらが うんざりするほどです(笑)。


もと・アン、今はマリラの気持ちもわかるわ~ の、
この年になって読むアンの魅力は、この辺にもあるのかも。


アンのおしゃべりにも、マリラのお小言にも、
おもわずニヤリと笑ってしまう。
どっちも経験しているから(笑)。



日曜学校のピクニック、とは言っても、
参加するのは子どもたちだけではなく、
映画やテレビなどのなかった時代、
ピクニックは 大人も子供も参加を楽しみにする、
夏の最大のイベントでした。


女学生だったモンゴメリも、
だいの仲良しの男の子と一緒に 野原を歩き回り、
彼が素敵なことを言ってくれ、
まわりの男の子たちに冷やかされたりして、
ちょっといい気分になった、楽しい夏のピクニックのことを、
日記に書き記しています060.gif





さて、アンが夢中になって食べたがるアイスクリーム🍨は
冷蔵庫のない、
作ったものを、保存しておけない当時、
作りたてをその場でいただく、
夏のフレッシュなご馳走。
大人も子供も大好きでした♡


冬の間、池や湖に厚く張った氷を切り出して、
おがくずを挟みながら、氷室に貯蔵しておき、
夏の特別なご馳走の時に、こんなふうに
貯蔵庫を持つ 農家の方から提供されて、
アイスクリームは作られます。



ローラの旦那さんとなる アルマンゾも、
少年時代に お父さんやお兄さん、手伝いの人たちを手伝って
氷切りをしています。
長ーいのこぎりの両端を 二人組になって持って氷を切るとき、
さて、どちらが氷の下にもぐって切るのか決めようぜ!
などという冗談に、アルマンゾは笑い出します。
「氷をどうやって切るか知らない連中もいるなんて、すごくこっけいだった」
ちなみに
まず、斧で穴をあけた氷のふちから、鋸をたてに水に入れて、
一人で氷を切っていきます(笑)。
『アナと雪の女王』の冒頭でもありましたね、氷切りのシーン。



9歳のアルマンゾは穴のへりで 大人たちが氷を切るのを見物していましたが、
何かのはずみで水に転落、
氷の下の暗く冷たい水の中に引き込まれるところを、
危うく助けられます。

そんなときも、父さんは心配なんてまったくしません。
むしろ、そのアルマンゾの不注意に
「目玉が飛び出すほど、鞭でたたかなけりゃならんぞ」

仁王立ちで叱り、
「もう9歳にもなるのに、ついうっかりしてばかなことをしたではすまない」
ことを、よく承知してるアルマンゾも、
鞭で打たれて当たり前だと、恐ろしさに震えながら覚悟します。



うちの10歳男子と、何たる違い!!!


農作業は男の子の仕事でしたので、
父さんはアルマンゾに 手伝いをたくさんさせますが、
失敗しても、決してフォローはしてくれません。
どんなことでも歯を食いしばって、自力で解決させながら、
アルマンゾの「一人前の男」としての自覚も、育ててゆくのです・・・





さて・・・
話はだいぶんそれてしまいましたが(笑)
アンのわくわくっぷりとマリラの冷静さを
次回はもう少し、
書いていこうと思います。








[PR]
by patofsilverbush | 2016-01-29 10:08 | ferrbirds赤毛のアン | Trackback | Comments(0)

意識して立つ

free birdsでは、
身体をほぐすストレッチのほかに、バレエのバーレッスンなんかも、
やってみたりしますが、
「立ってください」
と バレエで言うところの “一番ポジション” でまず立っていただくとき、
人ってふだん、本当に何も意識せず、立っているんだな、ということに
気づきます。


おなかをひっこめる
お尻の穴をきゅっと締める
肩を下げて
身体の中心を 上に引っ張り上げる
目線は遠く


このあたりで
「呼吸してくださいね!」
と声をおかけすると、たいていの方が、
「はぁ~~~」と、無意識に止めていた息を吐き出します(笑)。
もちろん、息をすることが、いちばん大事です(笑)!


「立つ」ことの中に、これほど意識することがあって
はじめて「美しく立てる」ということかもしれませんが、
それらの注意事項以前に、

「かかとで しっかり地面を踏む」

という意識を、まず持つことをおすすめします。


「わたしは今、立っている」
「地面をしっかり踏んでいる」
という意識、
自分が大地にどっしり根を張る感覚があって初めて、
身体をいくら動かしても、ぶれない軸ができるように思います。


上に、上に、「妖精のように軽やかに」
ということばかりでは、軸がふらついてしっかり立つこともできない。


身体はもちろんのこと、
日々の自分の動作や
自分がいま、どこにいて、なにをしているのか、を意識して行うことが、
心の軸にもつながるような気がします。







[PR]
by patofsilverbush | 2016-01-28 09:03 | freebirdsストレッチ | Trackback(1) | Comments(0)

ボーダーレス

ルクセンブルくという国を ご存知ですか?
ベルギー、ドイツ、フランスに囲まれた、小さな国です。
見ていた旅番組に、この国が登場しました。


面積は 日本で言ったら○○県、というくらい、
小さな小さな国だけれど、
EUきっての豊かな国。
その豊かな生活を求めて、移民の数がもっとも多い国でもあるそうです。

生粋の「ルクセンブルク人」は、人口の35%、と紹介されていたとおり、
行き交う言葉はもうさまざま。
「あなたはルクセンブルク人ですか?」
「いいえ、わたしはフランスから来ました」
「ドイツから」
「ロシア人です」
などなど、なかなかルクセンブルク人にはゆきあたりません。

ようやく、カフェで、二人ともルクセンブルク人だという夫妻に出会います。

「わたしには兄弟・姉妹がたくさんいるけれど、
みんな いろんな国の人と結婚していて、
ルクセンブルク人と結婚したのは わたしだけなのよ」
「子供のころは、学校のクラスにイタリア人が二人だけ。
それが今は、クラスにルクセンブルク人が二人だけ、よ!」
と、楽しそうに教えてくれる奥さん。

お茶に誘われた 閑静なお宅は、お庭がとても素敵で、
「こんなところに住みたいなぁ」という関口知宏さんに、
「日本系の銀行も、いっぱいあるよ。あそこに新しい家を建築中だし、
ここで働けばいいじゃない?」
と、ご夫婦そろって 実に気軽に移住のお誘い(笑)。
素敵♡


大国に支配されないよう、自国を守ってきた歴史をふまえ、
「歴史上、今が一番 平和で豊か、幸せなルクセンブルクだね」
と笑います。



自国の文化を守ることと、自国民よりも多くの移民を受け入れること。
その、バランスに、
世界が四苦八苦しているさなか。


日本には郷に入っては郷に従え、ということわざがあるけれど、
どこへ行っても
あくまで自国の文化を押し通すのが、当たり前という国の人もいる。
どちらが良い・悪いもなくて、
ただ 違うということです。

飛行機ができて、インターネットが普及して、
世界は狭くなったといわれるけれど、
それでも国境はある。
自国の文化を守りたい・他者は排除したいという気持ちも、
そう簡単になくなりはしない。

言わなくても 暗黙の了解で通じていた「常識」が通じない、
という事態が起こっている今、
そこに住むみんなが気持ちよく暮らせるよう、ルールの説明や、
もしくはいっそ、新しいルールを作ることも、必要になるのかもしれません。




いつも思うけれど、
自分たちが作り出した 急速な発明・発達・変化というものに、
人の心のほうが、ついていけていない感は 否めません。


これから、どんな世界が広がってゆくのでしょうか。
まさにボーダーレス、それぞれが尊重しあい、認め合い、
心をひらけあえる、新しい世界を、
人は作ってゆくことが できるのでしょうか。













[PR]
by patofsilverbush | 2016-01-27 09:40 | 生活 | Trackback | Comments(0)

『ショウ老人の娘』

幸福というものは 
  見つけたときに取らねばならぬということ__
  その場所に印をつけておいて、
  もっと都合のよいときに取りに戻っても無駄だ、
  そのときにはもうないのだから



モンゴメリのお話には、割と頻繁に「かいしょうなし」な人が登場します。

農作業に精を出すべき時に、
景色を眺めたり、本を読んだりしていたりする人。
収穫としてもぎ取るべき林檎を、
近所の男の子が木によじ登って取るがままにさせておく人。
つまり、
現実的な豊かさ__広大な農地や、そこから得られる収入よりも、
精神の豊かさを選ぶような「変わり者」の人たち。


何を選ぶのが幸せであるのか、それはひとそれぞれ。
豊かさの意味も、ひとそれぞれであること。
『ショウ老人の娘』には、幸福に対するモンゴメリ哲学が、随所にあふれています。


「小さな事柄のなかに喜びを見出す方法を よくよく知り抜いていさえすれば、
わけなく幸福になれるのである。」

「人生をつねに虹のような空想の円屋根や 尖塔のそびえる宮殿のごとくに考えるひと」

「はつらつとした生命の喜び」・・・


「昔も今も 人生を楽しんできたし、
ほかの人たちも楽しむように 力を尽くしてきた」ショウ老人の生涯は、
村の人々が「かいしょうなしだ」と考えようと、「成功した」と
モンゴメリは書きます。






「よい学校に通わせたい」という、金持ちの親戚の申し出を受け、
三年前に都会に出した、
愛する娘ブロッサム。
妻亡き後、たったひとりで大切に、大切に育てた 娘のためを思う決断でしたが、
さびしい三年を経て、いよいよブロッサムが帰宅する日もあさってとなり、
心躍らせているショウ老人に、
近所の住むブリュエット夫人が、
心無い言葉を投げかけるのです。

一度きらびやかな、都会の生活を味わったものが、
三年前と同じ娘だと思っているの?
こんな何もないところに 帰ってきたいと、本気で思っているわけがないでしょう。と。


初めて、村の人たちと同じ目線・視点で 自分の生活を眺めることになったショウ老人は、
その貧しさ、刺激のない退屈な日々、
貧弱な家や、愚かな老いぼれな自分を、
ブロッサムが恥ずかしがるかもしれないという事実に、直面し、打ちのめされます。



このブリュエット夫人、そう!
アンを引き取らないと思い、返しに行ったマリラの代わりに、
アンを引き取ろうと言った夫人なのです。

あまり良いうわさを聞かない この夫人の手にアンを引き渡すことに、
ためらいを覚えたマリラは、アンを引き取ることに決め、
マシュウも「あんな女に渡すもんか」と 珍しく声を大きくする、
まさにアンにとってのキーマンであった、ブリュエット夫人のことを、
モンゴメリは、ショウ老人とは対照的に
「人生の失敗者」だと描写します。



お父さんが大好きであったブロッサムが、
果たして、
冷めた目で田舎を眺め、すべてを見下す
都会かぶれの娘になって帰ってくるのか、
読者としても気になるところですが
もちろん、人生に虹を見出す天才であったモンゴメリのお話ですから、
060.gif



こちらも、子供のころから大好きであった、とは言えない
(もちろん、ハッピーエンドでよかったね、という意味では 好きでしたが)
何度も読むうちに、
自分にとっての真の豊かさに思いをはせる、
美しい、
モンゴメリらしいお話しであるなぁと しみじみ味わうようになりました。


このような、「幸福」を芯におきながら、
自分の家柄や頭脳、野心に対する誇りを捨てきれずにもいた、
モンゴメリの複雑な心境にも、思いすることは、たくさんあります。



何を選ぶのか、それが果たして幸福であるのか。
頭で考える幸福と、
心が感じる幸福とでは、
かなりの食い違いがあるのではないでしょうか。










 

[PR]
by patofsilverbush | 2016-01-26 10:35 | ferrbirds赤毛のアン | Trackback | Comments(0)

メッセージ

あまり器用でないうえに、
自分の感情を表に出すことの苦手なその人が、
ラジオでかけてくれた曲に、
ようやく 心が軽くなった夜でした。

どんな言葉を並べるより、
届くメッセージ。


大好き!





[PR]
by patofsilverbush | 2016-01-24 11:27 | 生活 | Trackback | Comments(0)

freebird

冬になり、                  🐦
夏の間は野山を飛び回っていたであろう、野鳥たちが、🐦 🐦
また庭にやってくるようになりました🐦

暖かい室内から 庭を眺める
冬の楽しみのひとつです。


いつも、お友達とやってきました~♫という感じに、
3~4羽でやってくるシジュウカラや、
ハクセキレイ、メジロ、ヒヨドリは、道端でもよく見かけますので、


なかなか外ではゆっくり見ることのできない、
アオジや、
ジョウビタキなんかが来ると、ちょっと嬉しい016.gif


特にジョウビタキは、
ふくふくとまぁるいシルエットが愛らしく、
来ると嬉しさ倍増012.gifなのですが、
今年はオスもやってくるので、
鮮やかなオレンジ色の胸の、可愛らしい姿を見ると、
『秘密の花園』のコマドリみたいに、秘密の鍵をはこんできてくれそうな気もし016.gif
なんだかいいことありそう~060.gif なんて、
仕事の手をとめて、しばし見惚れてしまいます。



今日は初めて見る小鳥ちゃんが。
背中に縞々のある、コゲラでした。
茶色にオフホワイトのボーダーが、素朴で可愛らしい。


060.gifまばゆい光に飛んでゆけ
 いつか ぼくらが費やしてきてる時間は
 言葉よりも星の数よりも
 とても大切なものに変わってくでしょう


と、時々、口ずさむ、SMAPの歌の、
タイトルは
freebird。


小さな暮らしの中で、大切なものに費やす時間。
これからも、
これまで以上に大切にしたいと
今年は、今までになく 強く思います。










[PR]
by patofsilverbush | 2016-01-23 16:50 | 生活 | Trackback | Comments(0)

感謝して、感謝されないこと

今までの経験で、学んだことは?
とインタビューで聞かれた、
女優のアン・ハサウェイが、
こんなふうに答えている記事を読みました。


「いかに人に感謝して働くか、
そして、
いかに人に感謝されずに働くかね」



“たくさん、たっくさん”の失敗から、学んできたことのひとつ、
としてあげた、こんな答え。

素敵な人だなぁ016.gifと思って。



そんなふうにいられたら、とても素敵ですね。




[PR]
by patofsilverbush | 2016-01-23 09:11 | | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧