<   2016年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

母は強しと言いますが・・・?

実を申せば、子供というものは大嫌いでございました(笑)。

「かわいい~♥」と思ったこともないし、
うるさいしーめんどくさいしー小生意気だったりして、
何を話せばいいのやら?
という感じで、できれば敬遠したかった!


いやぁ、今も、特別好きってわけではありませんが、
自分に子供がいたりすると、
なんだかもう、自分ちの子も、よその子も、
同じような感覚になる。
近所のおばちゃん的感覚ですよね。


ずいぶん前、息子が幼稚園のときのこと。

通っていた小さな園は、送迎バスなどないので、
毎日徒歩15分ほどの送り迎えをしておりましたが、
その日は、
たぶん、息子の態度があまりにもひどくて、カチンときたんですよね、
よく覚えていませんが(笑)。
帰り道を、ずっとお説教しながら歩いていたのです。

我が家の近くまで来たとき、
道端のミラー(車や歩行者を確認するための)に、
何かを投げつけている、中学生の男の子が2人。

石みたいに、すごく硬いものではなくって、
たまたま降った雪だったか、土塊だったような気がします。

ただ、柔らかいもの、というかんじではなくて。

息子を怒っていた勢いで、つい、
「やめなさい!割れたら弁償できるの!?」
と 雷を落とし(笑)
まさか誰にも 何も言われやしないと 完全に油断していたらしい彼らは、
びっくりしたような顔をしていましたが、
とりあえずその場は、投げるのはやめにしてくれました。

こちらは鼻息荒く、そのまま家に帰りましたが、

翌日、幼稚園の先生にそんな話をしたら、
「まぁ。最近、こわいから気をつけてください~」
と やんわり呆れられました(笑)。


まぁ、普通のご機嫌であったなら、
あぶないから やめてね~
くらいの注意しかしなかったと思うので、
かんぜんにおばちゃんの八つ当たりで、申し訳なかったのですが


そんなふうに、
お店で走り回っている子どもとかに、
「あぶないから やめようね」
と注意するようになったのは、自分が子供と生活するようになってからです。



そして、
不器用ながらも一生懸命なにかしようと、伝えようとしている姿をみて、
ぎゅぅっとしたくなるようになったのも、
子どもと生活するようになってからのことです。




[PR]
by patofsilverbush | 2016-02-29 13:43 | 子育て | Trackback | Comments(0)

SHERLOCK

久しぶりに、映画を観に行きました016.gif

数か月前から もうものすごく!楽しみにしていた、
『SHERLOCK』。
テレビシリーズの現代版「シャーロック・ホームズ」である、
『シャーロック』の、いわば、お楽しみ映画です。


テレビ版は、原作の物語をベースに、現代に置き換えたストーリー。
細かなエッセンスを随所にちりばめた、
シャーロキアンも 思わずくすりと笑ってしまう、納得のおもしろさですが、
映画のほうは、オリジナルのストーリー展開で、
ドラマとはまた違うおもしろさが。

ゴシックホラーの要素もあって、
幽霊の国?イギリスらしい、
心地よいスリルを味わえました~👻



平日の朝だったせいか、がらがらにすいていたのも、
また贅沢♡


ちょうど、サンドイッチと スープと 映画館のポップコーンと、
大好きなものばかり出てくる、大好きな本、
『それからはスープのことばかりかんがえていた』を
読んだ直後だったので、
なおさら映画気分・・・060.gif
マイポットのハーブティを、時々 思い出したように飲みながら
(怖くて 我を忘れていたので)
リラックスして 19世紀のロンドンに タイムスリップしてしまいました。


余談ですが、
19世紀のシャーロックが 自室で着ているガウン。
シャツとタイとベストを着て、
きちんとした格好の時でも、
部屋にいるときは上着を脱いで ロングガウンでリラックスモードに。
外出するときは、ガウンを 上着とコートにさっと代えて出かけてゆきます。
最高にかっこいい、昔からの憧れジェントルマンスタイルです。










[PR]
by patofsilverbush | 2016-02-26 09:33 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

キャビアを食してます

「ママ、最近、キャビア食べてないから 作って」
と、昨夜、息子が。

きゃ、キャビア?
最近どころか、生まれてこの方、食べたことありませんが・・・???

「ほら、お肉につけてあるじゃん!」
「キャビアなんて、つけてないよ」
「だ~か~ら~。冷蔵庫にはいってるから、見せてあげる!」

なぬ、いつのまに、我が家の冷蔵庫にキャビアが!

と見せられたのは、マスタードでした。


お肉嫌いなうちの子、
マスタードソースのお肉が好きなので、
わりとしょっちゅう、作っているんだけれど、
まさかキャビアだと思っていたとは。
びっくりポンです。




[PR]
by patofsilverbush | 2016-02-21 10:51 | 子育て | Trackback | Comments(0)

らしい

先日、ポーチを新調した時の事。

ビビッドな 朱色と黄色の 帆布のポーチがふたつ並んでおり、
フレッシュな、元気の出る色に 珍しく心惹かれて眺めていたのですが、



「黄色のほうが、お客様のイメージですが、
鏡で持ち姿をご覧になられては?」
と店員さんが。


ポーチを持つ姿を、鏡でチェック?
服を買うわけじゃ ないのに?

と 一瞬、思いましたが


確かに、ポーチを持ってる姿って、
自分ではわざわざ見ないけれど、
人からは見られていることも、あるかもしれないものね!
なんだか目からウロコな発想でした。



化粧室で、ほかの人の持っている持ち物を眺めたりすることって
まったくないけれど(笑)
たとえば電車で、前に座った人が、
その人らしいバッグを持っていたりすると、
「わぁ、似合っていて、素敵016.gif
と思いますものね。
バッグや服、靴 そのものが「素敵」なときと、
その人の雰囲気にぴったり合っていて「素敵」と思うときとあって、
そりゃあ断然、後者の方が、
よりお洒落で、目が離せなくなるのです。




鏡に、ポーチを持った姿をうつしてみましたが(笑)、
まあ、確かに、黄色のほうが、わたしらしかった(笑)。
そして、
持っている青いかごバッグから、この黄色いポーチが出てきたら可愛いだろうな、
という妄想のもと、
新しいポーチは黄色 ということに、あいなりました060.gif


水仙の黄色、
フリージアの黄色、
パンジーの黄色。
春が待ち遠しい!










[PR]
by patofsilverbush | 2016-02-20 09:14 | ファッション | Trackback | Comments(0)

もうすぐ5年生

今日は 今年度さいごの授業参観があります。

きのうから「絶対来てね!楽しみ~」と言われていますが、
参観が楽しみ、というより、
参観後の 懇談会の間、
帰宅せずに 友達と学校で遊ぶのが楽しみなのでは・・・?


今年度もあっというまに過ぎ去ってしまい、
四月からは5年生。
「高学年の仲間入り」な4年生と比べても、
5年生になると、「しっかり高学年」な感じがして、
身体も小さく、甘えん坊の うちの子が!?と 
なんだかびっくりしてしまいます。


全生徒10人足らずな幼稚園に 入園させる際は、
まったく心配しませんでしたが、
さすがに大人数になる小学校は、かなり心配しましたっけ。
校門まで送っていくこと1年強、
そこから距離をだんだん短くしていって、
やがては庭の掃き出し窓から 「いってらっしゃい」と手を振るだけになり、
最近では 勝手に「行ってきます」と出かけていくようになった、
後姿を見ると、

その時々では心配なようでも、
その子の「時」が来れば
ちゃんと成長していくんだなぁ と誇らしくも思います。



周りのペースと比較すると、き=っとなったり、
心配もしちゃうのだけれど、
その心配は、必要ないコトなんだなと思うようになって、
ずいぶん気が楽になりました。



できる・できないは別として(笑)
自分できちんと宿題をして、机に向かうようになったり
毎日のように お友達と遊びにいったり、
生き生きと生活している、
そのことを一番たいせつに、ゆっくり、
彼のペースで 彼らしく成長してゆくのを、
こちらものんびり構えて、見守れたらといいと思いつつ、

今日の参観に行ってまいります。







[PR]
by patofsilverbush | 2016-02-19 09:57 | 子育て | Trackback | Comments(0)

私の定番?

みなさんは、「私の定番」と呼べるものが おありですか?


スーパーで、使いもしない調味料を
「便利そう~おいしそう~」と買ってしまい、
結局 使いきれないことがあるように、

お洋服にも、買ったはいいけれど どうにも使いこなせないものって、
ありますよね😢



「定番」というと、
たとえばデニムとか、白いシャツとか、ボーダーのカットソーとか、トレンチコートとか
なんだかシンプルで、
長い間 愛用できそうなものが よく並びますが、

さまざまな失敗ショッピングを繰り返した結果((;´Д`)笑)
わたしの「定番」は、
「ちょっとデザイン性のあるもの」であるな、と気づきました。
数年がかりの研究みたい。とほほ。
アホみたいですが、
時を経ないと気づかないことって、多々、ありますねよ。ねっ???


「これ、着まわせそう~便利そう~」というシンプルなものが、
結局 似合わないという・・・。
そして逆に、
「これ可愛い!016.gif016.gif016.gif」と一目ぼれして、
何も考えずに買ったものが、一番 似合うし、
気に入って 長く着ているんだね、
と、10年選手の服たちを見ると、しみじみ感じます。


いわゆる「定番」でないだけに、
似たようなものをリピートして買うことはできません。
まさに一期一会!な服たちなので、
(だから買い替えもできないし、10年選手なんですよね)
あまり「マイ定番」な感じはしなかったのですが、


並べてみると、それぞれにどこか個性があり、
ちょっとデコラティブ、
ディテールが好き♡
などの共通点があって、
ああ、それが「わたしの定番」なんだぁ~
と。


ワードローブ全体を眺めて、自分の定番を知ろうとするより、
好きなものだけを並べると、
自分の好みが自分でよくわかる。


選ぶ基準が、自分の中でちょっとはっきりもしたし、
春に向け、お洋服の整理が楽しみです060.gif






[PR]
by patofsilverbush | 2016-02-18 10:07 | ファッション | Trackback | Comments(0)

『ハイジ』続き

クララのお屋敷にいる間、ハイジが一番 気にかけたのは、
ペーターの、目の見えないおばあさんのことでした。


働き手である父親が亡くなった ペーターの家は 貧しく、
お日様のあかるい光さえ見えない、真っ暗闇の中、
一日中すわって糸をつむいで 日々を過ごしていた おばあさんにとって、
ハイジの明るさ、やさしさ、楽しいおしゃべりは
太陽のように 人生を明るく照らしてくれるものだったのです。

そんなおばあさんに、真っ白なやわらかいパンを、
お土産に持って帰ってあげられる といわれ、
都会にやってきたハイジ。
こんなに長く帰れないでいるうちに
おばあさんが死んでしまっていたら、どうしようと、
心配もひとしおなのでした。




山へ帰ったハイジは、
念願かなって おばあさんに白パンも食べさせてあげることができ、
再び健やかに日を送り始めるのですが、
ある日ふと、気がつくのです。
あのとき、神様がすぐに、自分を山へ帰してくれなくて、
よかったのだ と。



きっかけは、おばあさんに読んであげた、讃美歌の本でした。
目が見えなくなってから 大好きな讃美歌の本を読めずにいた おばあさん。
学校嫌いなペーターも字がろくろく読めず、
あきらめていたその本を 
街から帰ってきたハイジは、読めるようになっていたのです。
美しい讃美歌の言葉に触れ、
おばあさんの顔にあらわれた安らぎの表情を見て、
ハイジはびっくりします。


自分が山へ帰してほしいと祈ったあのとき、
すぐに山へ帰っていたら、
こんなにたくさんの白パンを、
クララがお土産に持たせてくれることも、なかった。
まだ字を覚えていなかったわたしは、
おばあちゃんに本を読んであげることもできなかった。
つらい思いをしたけれども、
今、こんなふうにおばあちゃんにしてあげられるのは、
神さまのお計らいのおかげなんだ・・・



ハイジはその気持ちを、素直におじいさんに打ち明けます。


人にも、神様にも背を向け、心を閉ざして生きてきた おじいさんです。
「神に見捨てられたら、もうそれっきり、とりかえしはつかないってことか」
とつぶやくおじいさんに、ハイジは
聖書の中でイエス様が話したたとえ話 “放蕩息子” になぞらえた、
美しいお気に入りの絵本の話を読んで聞かせるのです。


とりかえしのつかないなんてことはない。
父親(“天の父”である神様)は、いつでも待っていてくださる
放蕩三昧をしたあげくに 帰っていく息子(わたしたち)の帰りを待ち望み、
帰れば涙を流して喜び迎え、抱きしめて、
お祝いのパーティをしてくれるのよ。



ハイジの この素直な信仰は、
やがてさらに広がって、
みんなを幸せへと導いてゆくのです。




こんなふうにうまくいくのは、物語だから、
と言うむきもあるかもしれませんが、
信仰の根本である、「神様の善を、ただ素直に信じること」が
これほど美しく描かれた本は、なかなかないかもしれません。



子どもでも大人でも、
自分の気持ちを押し殺すことは、非常に苦しく、つらいことです。
誰にも言えない、
そんな気持ちを、神様になら安心して打ち明けられる。
だって誰にも告げ口したり、
責めたり お説教したり、なさらないから。
ただ 黙って受け止めてくれる中で、
いつか自分では思いもよらない時に、そして最善の時に、
期待しているよりもはるかに大きな恵みを下さる。



つらいときが過行くのを じっと待つのが、 さらにつらいとき。
聖書を読むのが、ちょっと大変なときには、
『ハイジ』を開くと、その素直な主への信頼が、
すっと心に染みわたってくるのです。
おばあさんの顔に表れた、安らぎの表情や、
おじいさんの顔に表れた、明るい表情。



「神」という存在が、
目には見えなくても、声は聞こえなくても、



なんだか心が軽く、明るくなる。
希望をもって苦境に向かえるような気持になる。
安らかに、静かになる。
不思議ですが、そういうことって本当にあって、
時にはただただ、涙があふれてくることもある。
それが、
神さまがわたしたちにもたらしてくれる、
愛情のあかしなのだと思います。


たくさんの人が、知っているような気がしている、
『ハイジ』。
でも本当は、知っているよりも もっともっと、
美しいお話です。

キリスト教が・・・とか、宗教はちょっと・・・とかいう偏見や思い込みは、
ちょっと脇において、
ただ素直に、その美しさを感じていただきたい。



自分の中の、弱さや、助けを求めたい気もちに、
無理にふたをしないでもらいたいなぁとも 思います。























[PR]
by patofsilverbush | 2016-02-18 09:50 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

『ハイジ』

岩波少年文庫には、大好きな本がたくさんあります。

今、寝る前に息子に読んでいるのは、『ハイジ』。
2度目ですが リクエストされました。

最近では“トライさん”のコマーシャルでおなじみ、
ちょっとダークなハイジやクララ、おちゃめなおんじなど、
意表を突くキャラクター設定が笑えますが(^^;)
本来は うちの母も、パートナー氏のお母さんも好きな、
なつかしい感動アニメ✨でした。


原作を読んでみると、
実はとても宗教色の強いお話です。
というと、語弊があるかなぁ・・・
でも、日本人にはあまりなじみのない、
神さまと人とのあり方を描いた、きらきらするような物語なのです。


両親を亡くし、
アルムの山の上に一人ぼっちで住む、偏屈な祖父のもとに預けられた
幼いハイジ。
村人といっさいのかかわりを持たず、恐れられてさえいる おじいさんにも、
くったくなく懐くハイジに、
おじいさんの心もやわらいでゆきます。
そんなある日、ハイジを勝手に預けていった叔母が、
「都会のお嬢さんのお相手にちょうどいいと思う」
と、またしても勝手にハイジを連れ去ってしまいます。

帰りたいときにすぐに帰れるわよ、と言われ、
病身のお嬢さん・クララのお相手を務めることになったハイジですが、
家々ばかりが立ち並ぶ街の景色や、
慣れない勉強や マナーなどに四苦八苦。
ホームシックは募るばかりですが、
親切にしてくれるクララや、おばあさま、クララのお父様に、
恩知らずだと思われてしまうと思い、自分の心を押し隠すうち、
病気になってしまうのです・・・


ここらあたり、もう本当につらくて、かわいそうで、
はじめて読んだときは、「もうそこはとばして」と息子に言われたのですが
ここを読まないと、このあとのお話が生きてこないので、
ぐっと我慢!
(今回は2度目なので、飛ばしました(^^;)


厳しい家政婦頭・ロッテンマイヤーさんも登場し、
アニメを見ていた子供の頃には、「こわい~」としか思えませんでしたが、
今、大人になって読んでみると、
単に常識的な、くちやかましい、しゃくし定規な人で、
小さな子供の気持ちをわかろうとする、
想像力や理解、柔軟性に欠ける、 というだけの、ふつうの大人なのです。




美味しい食事や、美しい衣服、
やさしいクララや、お父様や、おばあ様。
一見すると、ごくふつうの、幸せなはずの暮らし。
だから、いじわるな人や、たいへんな悲劇に見舞われるのとはちがって、
つらいのは、
ハイジが心を押し殺してしまうことなのです。



おじいさんや、美しい山々や、可愛い山羊たちや、
山羊番ペーターの、目の見えないおばあさんに、会いたい気もち。
山に帰りたい気もち。
山羊みたいに 自由に走ったり 飛び回りたい気もちや、
自分らしくいたい気もち。

そんな自分の 素直な気持ちを 押し殺してしまう、
痛々しさ。苦しさ。
読んでいて、胸がぎゅうっと締め付けられます。



クララのおばあさまは、ハイジの様子がおかしいことに気づき、
話してごらんと言ってくれますが、
親切な、大好きなおばあさまに、
恩知らずだと嫌われたくなくて、ハイジは話すことができません。
おばあさまは、
「じゃあ、神様にお話してごらん」と言います。
神様はわたしたち一人一人の話を聞いて、願いを叶えてくださるのだから、と。



ハイジは一生懸命、山へ帰してほしいと祈りますが、
なかなか祈りは叶えられず、ついにはあきらめて、祈ることをやめてしまいます。
するとおばあさまは、こんなふうにハイジに言うのです。


「神様は、あんたにとって一番いい時に、
一番いい形でお願いを聞いてくださるのよ。
今、あんたの願いをかなえることは、あんたのためにならないのなら、
神さまは今は叶えてくださらないの。
だからって、お祈りを忘れてはダメ。
あんたが神様にそっぽを向くのなら、誰もあんたを助けられないのよ」




おばあさまのおかげで字が読めるようになり、
美しいお話の本の中の、山羊番の絵を見て、
山へ帰りたくなる気持ち、あふれてくる涙を押し殺して日を送るうち、
ついには夢遊病になってしまったハイジは、
優しいお医者様のはからいで、
ようやく 山へ帰れることになるのです。



この続きは また次回に060.gif












[PR]
by patofsilverbush | 2016-02-17 09:55 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

今日のおやつ

というより、
明日の朝食用に、
人参ケーキ。


d0314849_16072986.jpg

せっかく外出していたのに、
帰宅してから、朝食のパンがなかったことを思い出しましたの(-_-;)
雨も降ってきちゃったしねぇ。
買いに行くより、作ってしまった方が早いくらいのレシピです060.gif


パン焼き器もあるのに
後片づけがめんどうくさくて、
つい、手軽なパウンド型を使ってしまいます。


米油や菜種油を使うことも多いのですが、
今日はバターで。
すっご~くいい匂いです016.gif





[PR]
by patofsilverbush | 2016-02-15 16:08 | 生活 | Trackback | Comments(0)

軽やかなコート

したいことがありすぎて、時間が足りないくらいの今週でしたが、
「バタバタしている」という言葉が、
あまり好きではないワタクシ。
「バタバタ」しないためには、何かをあきらめざるをえません(笑)。
というわけで、パソコンはとんとご無沙汰に。
久しぶりの更新です。


今日は 信じられないほどあたたかな土曜日。
窓も開け放っているのに ひんやり感ゼロで、
まるで春がひとさじ、零れ落ちてきたみたいです🌷
素敵。


冬の重たい服にも、飽きてきたなぁ・・・という、きのう、
思わず買ってしまった春の軽いコートが、まさにぴったり!



ここ何年か、「大人だから、シンプル服だな!」と思い立ち、
春のコートはステンカラーやトレンチといった、ベージュの、
まさに正統派なコートを着ていましたが、
実のところ、
今一つ、しっくりこないよね、
ということに、ようやく今頃 気づいたという・・・(^^;)
いや、気づいてはいたんだけどね。
買っちゃったし、認めるのが癪じゃぁないですか、
自分の愚かさ加減を(;´Д`)


「この年齢だから、そろそろあれを着ないと」
というのは、やはりまやかしだわ~
そして似合いもしないものを着ている自分もまた、
なんだか楽しくもなかった、
ということを、お高い?レッスン料を払って学びました。ちーん。


というわけで、久々に、自分らしいコートを。
それでもくだくだと、ちょっと迷っていたのですが
(着まわせるかしら?とか、着られる期間は長いかしら?とか、
実用的な点で)


「それが年に一回でも、二回でも、
自分がわくわく楽しく着られたら、
その服には価値があるんですよ016.gif016.gif

と、楽しそうに話す スタッフさんの言葉が、
すとんと胸に落ちてきました。

あ、服を選ぶって、そういうことだったよね✨

わくわく。
ときめくこと。
ちょっと、忘れてましたわ!たいへん!


まだ二月。また寒さがもどってくるようですが、
部屋でひそかに試着を繰り返す、こんな「待ち」の時も楽しい。
何回も着てみて、
適当にしわが入った服を、本格的に着られる季節が楽しみです016.gif






[PR]
by patofsilverbush | 2016-02-13 14:35 | ファッション | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧