<   2016年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

足取り

今日は晴れて暑くなる!という予報に、
家事をさくさく片づけて、
朝一で郵便物を出しに、ポストまでお散歩。

このところ することが立て込んでいたのですが、
今日はいちおう、一区切り。
自分の中での「休日」です060.gif


まだ曇り空、
きのうの雨の気配と 肌寒さが残っている、
しっとりと冷たい空気が気持ちよくて、
足取りも軽くなります。

玄関をあけるとすぐに飛び込んでくるのは、
満開の飛燕草の 鮮やかな青紫!
庭では ホタルブクロの真っ白な花が ゆらゆらして、
りんりんとかすかな音が響いてきそう。

d0314849_13492745.jpg
d0314849_13493914.jpg
歩くとき、
自分の足取りを言葉にしてみると、自分の気持ちがよくわかります。
「軽やかな」
「はずむような」
「のんびりと」
「闊歩」
こんな言葉を、心の中で思い出しながら歩くと、
足取りと呼応して、気持ちも軽やかにはずんでいるのが わかります。


「足を引きずるような」
「重たい足取り」
なんて言葉が浮かんできたら・・・?



オードリー・ヘップバーンになったつもりで歩きましょう(笑)。





[PR]
by patofsilverbush | 2016-05-31 13:51 | 生活 | Trackback | Comments(0)

期待は重たい

両親や上司の高い期待に応えて、
お勉強やお仕事、がんばってきました!

・・・ということは まったくなくて(笑)、
自分の好きなように、ぼんやり生きてきましたが、
それでも日々、
人から「期待」されることって、なんとなくたくさんあるんだなぁ
と ふと思うこの頃です。


教会からしばらく足が遠ざかっており、
単純に、
息子の習い事の稽古と、
ミサの時間がまるかぶりしていることも あるのですが、
もちろんわたしの気持ちの問題もあります。


せっかく「神様と、自分に対峙する時間」であるのに、
送り迎えの時間を気にして
そわそわしたまま ごミサに与るのが嫌なことと、
「信徒として、こうあらねば!」と 高圧的であったり、
あるいは、もっと柔らかな好意や善意であるものの、
「こうしてほしいなぁ」
というような、
「期待」される雰囲気が、
気分的につらい時期がありました。


「ご主人もご一緒に」とか、
「(子供の)日曜学校の行事に参加しませんか?」
という、家族に対するお誘いは、
私個人の気持ちでどうにかできるものでもなく、
また、信仰というのは
外側から働きかけて芽生えるものでもないだけに、
「ご期待に沿えません」と思うのが心苦しいものでした。




「これをしなさい」「こうすべきです」
という形の期待だけではなく、
「あなたならできる」という信頼や、
「ご一緒にどうですか?」というような、やさしいお誘いの言葉まで、
「期待」というのは さまざまな形で 私たちの周りに存在しますね。


「喜んで!」「はい、がんばります!」
と言える時はいいのですが、
何もかもがんばれるわけでも、
参加できるわけでも、
引き受けられるわけでもないし、
まして、がんばりたくないこと、参加したくないこと、
やりたくても できないことも多々あり、

頭ではわかっていても、
お断りして がっかりされたり、責められたり、
さらに押しの一手でこられたりすると、
断った自分がだめなような気がしてくるのも、
オソロシイことです。


考えすぎですかね?

世の女性たちは(男性もか?)、
すごくすごくがんばっているような気がしますが、
つらいときはつらい、
できないときは できない
と、あっさり言える人になりたいし、
がんばれることと、無理なこと、
自分の意思なのか、人の期待に無理に応えようとしているだけなのか、
ちゃんと判断できる精神状態でいたいと思います。












[PR]
by patofsilverbush | 2016-05-31 13:31 | | Trackback | Comments(0)

雨の日の外出

なんだだかんだと言っているうちに、五月ももうおしまい。       ☆ ☆
                             ☆  ☆☆ ☆
夏日から一転、今日の千葉は肌寒い雨空。                ☆ ☆☆ ☆
久しぶりに雨の日に外出しましたが、                    ☆ ☆☆☆ ☆
あじさいがなんて艶っぽいコト!                     ☆ ☆

駅までの道のりに、                     ☆
どこのおうちの敷地なのかもわかりませんが、
畑と、あとの半分には たくさんのお花が植わっている場所があって。    ☆
去年まではなかったのですが、                        ☆
今年は、                                
花の名前を書いた手書きの名札が並んでいて、             ☆
なんともいい味わい。

去年見かけて素敵!と思った、                 ☆
星のこぼれるように小さな花が咲くガクアジサイは、       ☆☆
七変化というのね!                        ☆☆ ☆
と思いながら、                         ☆     ☆☆
その、赤紫や 深い青紫の小さな星を堪能いたしました。


大切に育てられているんだなぁ。          ☆
本当に、いろいろなお花が植わっているので、
いつ通っても、歩みを止めて眺めてしまいます。


曇り空に、
久しぶりにフルーツぎっしり柄のワンピースを。
ミニ丈ですが、こんな肌寒い日には
細かなチェックの(遠目にはグレイに見える)
お気に入りのコートを羽織れるから大丈夫(笑)。
トートバッグには、
熱い紅茶がはいった白いポット。パートナー氏からの誕生日プレゼント。
小さなパールのついたネックレス。
たっくさん!お花を刺繍したハンカチ。


億劫になりがちな雨は、
ちょっと嬉しいものを持って外出します。




                                               


[PR]
by patofsilverbush | 2016-05-30 14:37 | 季節 | Trackback | Comments(0)

小顔ケア

「○○くん、小顔ケアしてるんだよ~」
と息子が。

小学5年男子が 小顔ケア。

おもしろすぎです。




[PR]
by patofsilverbush | 2016-05-27 08:32 | 子育て | Trackback | Comments(0)

一新

親子関係について
なんとなく ずっと心にひっかかっていることがあって、
時々揺り戻しのように落ち込んでみたり、
むしゃくしゃしてみたり。


晴れの合間の雨空のように、
心が曇る時も、目から雨粒がこぼれてしまうことも、
まぁ 時にはありますよね。


きのう ふと、
やりきったな~
と、なんとなく思ったら、ちょっと気が楽になりました。

人との関係において、「やりきった」なんてことは、
本当はないのかもしれませんが、
わたしなりにこの10年間、
ベストを尽くし、
後悔の無いように できるだけのことはした!と自信をもって言え、
だから 次のステップに進んでもいいかな、
と思えたのです。


次のステップとはいっても、
相手の思いとはまったく無関係に、わたし個人の問題なのですが、
今までの関係性は、とりあえず、わたしは終わりにして、
わたしはわたしで、わたしらしくいられる関係性を作ってゆきたいなぁ、と。



伸びてしまった髪を切って、気分一新。
いろんな気持ちを含んだ髪がなくなっていって、
さっぱりしました。





[PR]
by patofsilverbush | 2016-05-26 13:55 | | Trackback | Comments(0)

『夢が実現した話』

過去を振り返ったとき、
あの時こうしていたら 今頃は・・・
あの道を選んでいたら 今頃は・・・
と思ってみたりすること、時にはあるかもしれませんね。

過去に戻ってやり直すことはできませんが、
未来なら、秘かに思い描いている夢が 叶う日がくるかもしれません。


このモンゴメリの短編も、前回ご紹介した『偶然の一致』と同じく、
映画で言えばコメディー。
ただしロマンチックなところはまったくなく(笑)、
ある日突然、長年の夢が叶ってしまった初老の男性の、
悲喜こもごもが コミカルに描かれています。



本来のおれは、こんな男じゃないんだ!
と いつも心に野心を秘めているアンソニー。
もし機会さえ与えられれば 大冒険家になれる能力があるはずなのに、
こんな田舎の、事件の一つも起こらない村に生まれたばっかりに、
おれのワイルドさ、大胆さを発揮できる場もないときている!

浮浪者の自由さ加減をうらやましがり、
追いはぎになれたら素晴らしいだろうな!
などと、
トム・ソーヤー並みに、素晴らしい追いはぎ生活を空想してみたりする
アンソニーですが、
実際のところは、
誰も知らない自分の豪胆さを胸にたたみ、
やさしく家事上手(だけれど平凡!)な妻クララとともに、
よろずやに強盗がはいったことが 大事件!であるような村で、
平平凡凡な日を送る毎日です。



少年の心を忘れない、などと言えば 聞こえはいいですが、
男の人って 要するに、いくつになってもアホですよね(笑)。


さて、そんなアンソニーですが、
実は若かりし頃から秘かに、村の名士のお嬢さん・キャロラインに思いを寄せ、
身分違いであるとはわきまえながら、
そしてクララという(平凡!だけれど)良き妻がありながら、
60歳を超える今になっても、
秘かに彼女を思い続け、
二人っきりで話ができたら・・・なんて、甘い夢を抱いているのです。


小さな村を離れ、都会の社交界で華々しい注目を浴び、
結婚し、死別し。
そんなキャロラインの動向を、長年、村の新聞でチェックし続けていたアンソニー。
彼女が村に戻ってきていると知り、
一目会いたいものだと 彼女の家の前を通りかかったところ、
急用ができた使用人に、
病気のキャロライン奥さまを一人にしておけない、
家人が戻ってくるまで、自分の代わりに留守番をしていてほしいと頼まれます。

病気とはいえ、彼女とふたりきり!
長い間、崇拝し続けた彼女の眠りを見守るなんて、
これほどロマンチックなことがあろうか!

有頂天で喜びをかみしめるアンソニーの前に現れたのは
短剣を手にし、ねまき姿にごてごてとおしろいを塗りたくった、
乱れた灰色の髪、しわだらけの、
入れ歯もはめていない!年を取ったキャロラインだったのです!


若かりし頃の、夢のように美しい彼女を、
いまだ思い描いていたアンソニーは たいへんなショックを受けます。
さらにひどいことに、
「(頭の?心の?)病気」であるキャロラインに短剣を突き付けられ、
パジャマに着替えさせられたあげく、
そのまま彼女が運転する車に乗せられて、
人でにぎわう街の繁華街を、猛スピードで!信号も無視して!ドライブするはめに・・・!



ワイルドな冒険!
美しいキャロライン!
夢が叶ったはずなのに、半泣きで家に帰りたいと願うアンソニー。
速い車に乗っけられても 急にスピンをかけられても怖くない、
はずの豪胆さはどこへやら。
平穏な幸福に満ちた、素晴らしい日常、
つまらない女だとばかにしていたクララが、どんなに良い妻であったか、
しみじみと思いいたるのでした。


アンソニーの「秘めたる恋心」なんて、とっくに気がついていたクララ。
キャロラインの「病気」がどんなことであるのかも知っていたし、
子供みたいな夢を思い描くアンソニーを、
そっと見守る、大人の女性です。


それにしても、60歳を超してなお、夢があるというのは、
本来、とっても素敵なことですよね。



タイトルだけ見ると、
今でいえば「奇跡のサクセス・ストーリー」みたいな印象なのだけれど、
実際のお話は正反対。
ある種の夢の、おろかしさを語るモンゴメリは、かなりの皮肉屋です。

目の前にある幸せに気づかず、
感謝することなく 心に不満ばかりを募らせてみる、
白日夢みたいな夢は、
たとえ叶ったとしても、
こんなふうに、自分が勝手に思い描いている幸せには、
ならないのかもしれませんが、



いくつになっても叶えたい夢があるというのは 楽しいことです。



わたしにも夢があるけれど、内緒♫
実現のめどすらたちませんが、というより、
そもそも、実現に向けて、計画的に行動しよう!という類のものではないのだけれど、
いつか、こんなふうになったら素敵♡というような、
お気楽な夢です(笑)。


みなさんの夢はどんなことかしら?














[PR]
by patofsilverbush | 2016-05-25 09:24 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

♫新しい朝が来た

おはようございま~す058.gif

きのうも今日も、
すでに朝から 夏の空気!
朝のさわやかな冷たい空気なんてものは皆無の、
開放感いっぱいの「夏休みだぜ!」感が漂いまくっております(笑)。


とっても苦手な季節がやってきますが、
そんな自分の気分を払拭すべく!

パソコンの前で、声を出してみましたよ(笑)

「みなさま、おはようございます!」


ついでに、ラジオ体操の歌なんか、歌ってみちゃったりして003.gif



先日オーダーいただいたハンカチに、今日は刺繍をいたします。
お友達へのプレゼントに していただけるということで、
もちろん、ご自分で使ってくださるのも嬉しいけれど、
どなたか大切な方へ贈っていただけるなんて、
こんなに嬉しいことはなく、
幸せなハンカチだなぁと思います。


贈る方のお気持ちが届くような、素敵なものが作れるといいのですが!


一枚のクロス。
ふつうに手をふく時にはもちろんのこと、
かごバッグや収納の目隠しにしたり、
大きなものならお弁当を包んだり
小さな子の涙を拭いてあげたり、
時には自分の涙を拭いたり。
シスターのところにお勉強に行っている時には、
シスターがご用意してくださる「息子ちゃんに、おみやげ」の小さなお菓子を
毎週ハンカチに包んで、ほこほこの気持ちで帰宅しましたっけ。





どんどん気温も上がってきそうです。
どうぞ体調にお気をつけて、良い一日をお過ごしくださいませね。








[PR]
by patofsilverbush | 2016-05-24 09:14 | 生活 | Trackback | Comments(0)

心にタコをこしらえるのだ

合気道の審査、自信がないなぁ・・・と思っているようだった息子。
審査のために、先生にしごかれまくっているおかげも
あるようでした(笑)。


「今日 先生にしごかれて~😢」と、わたしに弱音を吐くことはないし、
めそめそ泣いたりすることも もちろんないんだけれど、
なんとなく、
あ、自信失くしてるなぁ・・・
合気道、やめたくなってるかな?
というのは、見ていてわかりますよね。


昨夜、
「先生にしごかれて、難しくて投げ出したくなったけど、
きのうやったらできた!しごかれたおかげで簡単だった!」
と、話してくれました。

何をしていても、続けているうちに、
うまくできない時や、
めんどくさくなっちゃう時、
投げ出したい時がくるけれど、
そこを超えたときに 初めてわかるおもしろさがある。
ちょっとだけ、わかったかな?


息子にとっては、まず初めの山だったんだけど、
ケストナーの言う「心のタコ」が ちょっとできたのかもしれません。

それにしても、黙って弱気と闘っている子供を見ると、
すごいな!がんばれ!
と思わずにはいられません。

失敗したって、いいんだからさ!








[PR]
by patofsilverbush | 2016-05-23 11:29 | 子育て | Trackback | Comments(0)

休日

ところで、午前中の合気道のあと、
どうせパパは仕事だし~
家に帰っても暇だしね!
ということで、
ショッピングセンターのある駅で途中下車し、
木陰のテーブルでパンを食べつつ、休日モード♫

どこか遠出してもよかったのだけれど、
なにしろ夏のような暑さ、
加えて 重たい道着をしょったまま出かけるのもなぁ、と。
でも実は、
こんなふうに特別な目的もなく、のんびりするちょっとしたお出かけ、
息子も私も大好きなのです。
小人数な家族だけれど、
それでも、3人ではなく、
お気楽な2人ならではの空気感があります。

本屋さんで、それぞれが本を物色し、
それぞれがお財布と相談で、
買おうか買うまいか迷って、
「どうする?」「どうする?」なんて聞き合ったり(笑)
ふつうの休日なんだけど、
男の人がいると、なんとなく気ぜわしいような、
ゆっくり時間をかけて買い物する気分になれないので、
パパ抜きの気楽さも手伝って、
翌日は運動会の振り替えでお休みだし!と
ものすごくのんびり時間を使った気がします♫



今日はその振り替え休日。
朝からロング散歩へ出かけてきました。


田んぼを眺める、息子も初めての道。
用水路でゆうゆうと泳ぐ、割と大きなカメを見たり、
もっと小さな用水路には カエルやザリガニ、
田んぼにはおたまじゃくしと、
ふだん見ることのできない生き物が、たくさんいるんだ!ってわかって、
小さな発見の旅を楽しんできました。



今週も、一日一日、よい時間が過ごせますように。





[PR]
by patofsilverbush | 2016-05-23 10:59 | 子育て | Trackback | Comments(0)

一山超えろ!

土日どちらかで通っている息子の合気道。
タイミングよくパパの休みと重なることが多くて、
送り迎えをお願いしていたのですが、


今日は久しぶりに私が送り迎え当番?に。

9時からの稽古に間に合うように、
しかもバレエ教室育ち?なので、着替えやウォームアップするために、
早めに道場に着かなくちゃ!と思ってしまうので、
もちろん朝寝坊はできませんし、
洗濯物を干したり、自分の身支度のことを考えると
(ほぼスッピンみたいだけど、一応、化粧はしなくちゃだし、
電車に乗る以上、それなりに服も着替えないとね(^^;))
平日より、下手したら気持ち早起きしないと間に合いません。


昇級審査を来月頭に控え、
最近、ちょっとビビり気味の息子。
技もだんだん難しくなってくるし、
「審査受けない~・・・ことにしようかなぁ・・・」
と、どちらとも決めかねる様子。
どちらでもいいけれど、
きっと大丈夫と思って、先生は受けてごらんと言って下さるのだから、
先生のことも、自分のことも、信じてみたら?
と言ってはみたものの、
イマイチやる気の見えづらい子なので、
強硬に受けさせるべきなのか、ゆるく「やめとけば?」と言ったらいいのか、
こちらも判断に迷うところです。


が、
今日、本当に久しぶりに、ちょこっとだけ稽古を見学したら
(迎えに行ったら、ちょうど審査の練習をしていたので)
まぁ!
なんだか、さまになってるわ!
ちょっと小難しい技になってきて、「合気道」っぽくなったせいもありますが、
頼りないなりに、しっかり頑張って、
かっこよくなっているじゃぁないの♡


ようやく、
なんか、おもしろいかも?
と思える段階に、入ってきたのかもしれない合気道、
審査も請ける決心がついたようですし、
一山、ここを踏ん張って、乗り越えてくれたらいいなと思います。









[PR]
by patofsilverbush | 2016-05-22 17:43 | 子育て | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧