<   2016年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

見えない未来

戦争は、ふいに始まるものであるらしい。

ミステリーの女王、アガサ・クリスティの自伝を読むと、
第一次世界大戦の始まりは、こんなふうに記されています。


遠い国で行われた暗殺が、自分たちの住む英国に影響するなどとは、
誰も、まったく信じられなかった、
と。

『その暗殺後、急速に、
信じられないような嵐の雲が 地平線に姿を現し、
変なうわさが広まった・・・戦争のうわさだった!』


けれどそれは、新聞紙上だけのことで、
文明国は戦争などするものではない。

『ふつう一般の人々は、と わたしは思うのだが
実際に誰もが 戦争などというものがおころうという考えは
持っていなかった。
すべて、うわさである・・・人々が勝手に作り上げて、
“本当の本当” らしいといってるだけ・・・と政治家は演説していた。

そして、突然、ある朝それは始まったのである 』


クリスティの自伝は、彼女のユーモア精神によって、
とても楽しい読み物であり、
このことも、別段、悲劇的な調子で書かれているわけではありません。
単純に、本当にこんなふうに、戦争は始まったのだという事実、というか、
これがアガサの実感なのだと思います。


わたしたちだって、
まさか日本が再び戦争するだなんて、
日常的に思っているわけではないでしょう。
きなくさい感じはするけれど、まさかね、と。

でも、きなくさい、感じこそが、
その方向性の予兆なのだと、
わたしたちはそのことについて、しっかり考えるべき時なのです。


政治家は都合のいいことしか言わない。
婉曲な表現で、自分の真意はごまかそうとする。
質問にはっきり答えない。
違憲だと言われる憲法改正をしても、
「違憲だとは思わない」と平気な顔をしている厚顔さ。


ということに、もっとしっかり目を向け、
オブラートや、わかりにくい言葉に幾重にも包まれた、
話の芯をとらえるために、もっと自分で考えなければいけません。
ごまかされるほど、馬鹿であってはいけないのです。
ばかにされても、いけないのです。




こんなことを、おおっぴらに書けない時代が、
確かにあった。
すでに、同じことが始まっているのだと、
わたしたちははっきり知るべきときです。




子供たちの、夏休みの戸外生活の喜びを描いた、
アーサー・ランサムのシリーズを読むとき、
登場する子供たちとともに、夏休みの喜びを存分に味わいながらも、
時々、冷たい思いに心をつかまれることがあります。

この子たちが大きくなったとき、
戦争が始まったのだ。
こんなに人生を楽しんでいる、この子たちは
この先、青年になって、
戦地へ行くのだ、と。

本の中では分からない未来。
でも、子供たちの未来を黒雲が覆うことを、
わたしたちは知っています。


同じことを、自分の子供で繰り返すのは
わたしはごめんです。


未来は見えない。
けれど、
こんなふうに、見えるかもしれないこともあるのです。
過去を振り返ることによって。


過ちは二度と繰り返しませんから。

と、わたしたちは、
すべての犠牲になった方々に、誓ったのではないでしょうか。
わたしたち一人一人が、誓った言葉なのです。


















[PR]
by patofsilverbush | 2016-06-29 16:48 | 生活 | Trackback | Comments(0)

作文

林間学校も無事に終わりました。
一日目の夜の キャンプファイアーと、
二日目の午前中の 外レクは 雨で変更になったようですが、
ハイキングも 飯盒炊飯もしっかりできて、
「眠れなかった~」とくたくたな顔をして帰ってきましたが、
とっても楽しかったようです。


きのうはさっそく、林間についての作文が宿題に(笑)。


うちの子、作文が本当に苦手で!
3年生までは、本当につきっきりでいないと、
何も書けない、
ひらがなばかり、
同じ言葉が何度も登場(ぼくは○○と思って 思いました、とかね)
と、三重苦か!と目を覆いたくなるほど。
参観日や懇談会に行って、
他の子供たちの作文や 書いたものをみると、
あまりの違いに本当にへこんで、
しばらく気分が建て直せないくらいでした。


去年くらいから、
突如、作文が書けるようになったので、
びっくりしました。


先生が特別に指導してくれたというわけではなくて、
何事に関してもつながりの遅い 彼の経路が かちっとつながったようです。

相変わらず字は汚いし、
漢字も苦手なのですが、
書きたいことがたくさんあって、
どんどん書く!書くことが楽しい!という感じ。
そして、その時々で読んでいる本や、見ているテレビの影響が、
ちゃんと表れているのが、またおもしろいところです(笑)。


林間の作文。
持って帰ってきたときは、すでに1枚目は書き終えて、
2枚目に突入しておりました。
「予定表みたいだよ」と、
タイムスケジュールのごとくな1枚目の感想を述べると、
2枚目はもうちょっとドラマチックに、
「スリル満点」なハイキングの道のりを書いてくれました。

作文は、
始め方もむずかしいけど、終わらせ方も難しい。
授業の影響か、きれいに起承転結に書いてしまうから、
タイムスケジュール的な作文になってしまうのだけれど、
「締めの言葉、かっこよくね」
と言うと、
ちゃんと自分なりに、
「かっこいい終わりかた」を考えて 文を作れるようになったの、
すごいなぁと思います。


お友達がいたから、
きつい道のりも、
楽しく歩けた、という作文に、
楽しかった2日間の気持ちがぎゅっと詰め込まれているように思いました。

毎日、楽しんで過ごしてくれることが、
何よりです。






[PR]
by patofsilverbush | 2016-06-29 08:55 | 子育て | Trackback | Comments(0)

針差しを新調♫

小学校5年生になると、家庭科の授業が始まり、
息子も「お裁縫セット」を購入しました。

男の子はどうだかわかりませんが、
女の子は結構長いこと、学校で買ったこのセットを使っているらしいことが、
お母さん同士のおしゃべりで判明。
「わたし、いまだに使ってる~」
「わたしも~」
ほら、ね(笑)。

使うといっても 針仕事を日常的にすごくしているわけじゃないけれど、
ボタンつけとか、スカートのすそをまつるとか、
女の人は、ときどき針を使うことも、
日常の中でありますものね。


わたしの針差しも、お裁縫セットに入っていたものです。
しかも、妹の(笑)。
たしか自分のは いいかげんボロボロになってしまったので、
妹のお裁縫箱から、使っていなかったものを失敬したような記憶があるのですが
(みっちゃん ごめん~)
それもいいかげん、ぼろぼろの限界に達しましたので、
きのうようやく、重い腰をあげまして、
針差しを新調いたしました。


手持ちの端切れから、ざっくりと厚地の麻を選んで、
まるくカット。
はしを内側に折りながら 周囲をざくざくと波縫いにし、
ぎゅっと絞ってギャザーをよせ、
綿を詰めて。
ボンドを塗ったプリンのカップにきゅっと押し込めば、
できあがり♫


刺繍を入れようかなぁ~なんて思っていたのですが、
なんだかざくざく針を突き刺すのもかわいそうになり(笑)、
真っ赤なサテンの糸で、
ざくざくランニングステッチ(あ、波縫いですね)だけして、
シンプルな針差しになりました。


待ち針と縫い針を分けたかったので、
縫い針のほうは、ソーイングのお友達が作った、
クルミのカラに入った 可愛い針差しに♡


針のおうちもすっきりしましたので、
針仕事も新しい気分で 楽しく取り組めそうです♫


今週も丁寧に過ごせますように。

d0314849_09461295.jpg





[PR]
by patofsilverbush | 2016-06-27 09:46 | 生活 | Trackback | Comments(0)

モチベーションって?

ゴールをそこに設定しているわけではないので、
(記録達成も)自分にとっては 「たいしたこと」ではない。

と、先日のインタビューで イチロー選手が言っていました。
さまざまな「記録」を塗り替えてきた イチロー選手の「偉業」を
たたえる報道が続きましたが、
こういうことって、本当にイチロー選手にとっては 
日常の中の努力や、悔しい思いを繰り返しながら 
続けてきたことが 「積み重なった結果」にすぎないのだろうなぁ。
素晴らしい。



「モチベーションをあげる」ために、
時にゴールや目標を決めて、
そこに向かって努力を重ね、まい進していく人も 多いかと思いますが、
じゃあ、イチロー選手が向かおうとしていることって、
どんなことなんだろう?

次々に目標を決めて「これがクリアできたから、次!」
という感じでは、きっとまったくない。

日々、自分のベストを尽くすこと?
「どうなりたいのか」ということが、明確に 心の中にあるものなのかしら?

それとも、どうなりたい・こうなりたい、なんてことすらちっぽけなことで、
「こういう野球人でいたい」ということなのかなぁ。
ぜひぜひ、伺ってみたいものです。



夢を実現したければ、
具体的に思い描くこと、
口に出して言ってみることが、夢を引き寄せる、
なんてことも、あるようですが、
口に出して、人に笑われても、
その夢に向かってできることは、
やっぱり日々の中でベストを尽くすことしかないわけです。


計画通りに、思い描いている通りに
いかないのが人生。
そこで目の前のことに、どう取り組むか、
取り組んだ自分の姿勢だけが、
道を創るのです。
どんな道であろうと、自分の気持ちと行動しだい。



そんなふうに考えていたら、
わたしも特に、「モチベーションをあげるための、目標やゴール」を
定めたことがなかったことに 気がつきました。

毎日を大切に、ていねいに過ごす ということは
あまりモチベーションなどと考えなくても、
小さな努力を積み重ねることと同じですね。

あ、もちろん さぼったり!手を抜いたり!いやになっちゃったり!
なんて日も、たくさんありますよ~。

でも気を取り直すことで、日々はまた続けられます。


その先の、明確な何か、
は、わたしにはなくて。
続けることで 目の前に出現した道を、
一歩一歩 のんびり歩く(時にはとまってる)だけなのですが。
そこをやっぱり、イチロー選手に伺ってみたい!







[PR]
by patofsilverbush | 2016-06-24 09:28 | | Trackback | Comments(0)

雨にうたえば

雨、といって まず思い浮かぶのは、
雨の中で歌い踊るジーン・ケリー。
映画 『雨に唄えば』 のワンシーン。
人生最大の 危機的状況に、光が差してきて
さらにさらに 恋をしている・・・

どしゃぶりの雨だけど、それが何か?
だってこんなにハッピー!

ジーン・ケリーとドナルド・オコナーのタップが素晴らしくて、
いつも見惚れてしまうミュージカルです。

雨があるから 虹もある!


きのう 笑顔の素敵な方からいただいた、美味しいパンで、
今日は一日をスタートしました011.gif

ちょっと厚めに切って、
外はカリッときつね色に!
中はもちっと 美味!!



今日も楽しい気持ちで 一日をお過ごしくださいませ!

d0314849_08353221.jpg

[PR]
by patofsilverbush | 2016-06-23 08:45 | 季節 | Trackback | Comments(0)

ブローチ

無地の白いTシャツを 引き出しから出したつもりが、
広げてみたら アンブレラでした。


きのう作った長靴のブローチで、
今日は空模様とおそろい!
d0314849_08205339.jpg
襟元や胸元につけることの多いブローチですが、
たまにはこんな位置も おもしろいですね060.gif
そして自撮りはムズカシイですね!


d0314849_08210286.jpg



[PR]
by patofsilverbush | 2016-06-22 08:22 | 生活 | Trackback | Comments(0)

続ける事・やめる事

やわらかく、やさしく 包み込むような文章が人気の、
石井ゆかりさんの著書を読むと、
「あ~、おうし座!ハイ、わたしのことですね」
と即座にうなずくくらい、
私は “おうし座の性質” そのものであると思います(笑)。


占いというものは、
たとえば雑誌のページに さくっと目を通したりすることはあっても、
それに左右されることはほとんどないのですが、
時々、
わたしってなんだろう? どういうことが、わたしらしいことなんだっけ?
と、まわりに影響されて 忘れてしまいそうになるとき、
石井さんの本を読み返します。


変化を嫌う性質。
辛抱強さ。

そういうことは 確かにあって、
気が短いのだけれど、
好きなことは じっくり 長く、取り組めますし、
飽きることはありません。


続けてきた小さなことが、やがて思いもよらなかった場所へ、
続く道に なっていることに、
ある日 気づくこともあり、嬉しく思う一方で、

おうし座には、自分が望まない状況でさえ、
変化を嫌うあまり、
変化するぐらいなら、このままでいい、と
居続けてしまう傾向があるらしいのも、また事実なのでした。



「継続は力なり」ということわざがあるように、
そして、
イチロー選手の素晴らしい言葉の数々を聞くほどに、
続ける事が、その人の力になる。
地道な日々の こまごました努力が、その人を支える力となることは
まちがいないことです。

が、
たしかに、
「自分にはこの環境は、適さない」
「あまり(時にはぜんぜん)楽しくない」
「なんとなく、違和感があって 馴染めない」
と 自分ではっきりと納得するまでの期間も、わたしは長く、
さらに「じゃあやめちゃお~っと」と あっさり次のチャレンジに移れないことは、
わたしのネックでもあったりします。



何かを始めるときは、
「始めるなら一生懸命やろう!」
「最後までがんばる!」など、誰でもきっと思うと思うのですが、
「いやだったら、やめちゃえばいいや!」という気軽さで、
もっと柔軟に、物事を始められる、
世界は広いし、この場所がすべてじゃないと思える自由さや広大さも、
自分で世界をせばめがちな人にとっては、必要な時も、あるかもしれない。
そんなことを、
なんとなく練習中です(笑)。


長所と短所は、裏表ですね。







[PR]
by patofsilverbush | 2016-06-21 08:48 | | Trackback | Comments(0)

我が家的ダーウィンのその後

そういえば
ある日、庭にやってきた ヒヨドリのヒナこちゃんですが、

前回の記事の翌日、
羽根をパタパタさせたり、歩いたりしながら、
境のフェンスを越えて、
お隣のおうちづたいに、うらのおうちへ移動してゆきました。

もどってこないかなぁと、
しばらく気が抜けたように ぼんやりしてしまった我が家の面々でしたが・・・


あれから2週間。
どのくらいで巣立ってゆくのかな。
そろそろ いっちょまえに、そこいら辺を飛び回っているのかしら。
そういえば 数日前まで聞こえていたヒヨドリの声も、
最近 しなくなりました。
もしかして、無事に巣立ったのかもしれません。


ほんの1,2日のことだったけれど、
なんだか貴重なものを見せてもらったような 気がします。


可愛かったヒナはもちろんなのですが、
一日に何度も エサをはこんでくる、
単純に、あたりまえに、子供を育てようとする
シンプルな子育ての姿に、
すごく癒されたのです。


ひとつのことで、じゅうぶん大変で、
そのことを あたりまえのように一生懸命するシンプルさ。


複雑にしてしまうのは、自分自身の心なのだと思って。













[PR]
by patofsilverbush | 2016-06-20 14:46 | 生活 | Trackback | Comments(0)

新しいリュック

林間学校の準備を、じわじわと進めています。
準備といっても、必要なものを買いに行ったり、
名前をつけたりね。

「あらゆるもの、下着まで、すべて記名をお願いします!」
ということでしたが、
小学5年生的には、かなりご不満なよう。
「そんなに子供じゃないよ。パンツに名前 書くなんて!」

いやいや、誰のか分からないパンツが出現するから、名前を書かされるんでしょうが!
男子なんて、じゅうぶんコドモですよ。

しかたがないから、ローマ字で書いてみたりしてね(笑)。


お風呂用のタオルや、汗拭きタオル、洗面タオル、
と、持ち物リストにやたらめったら、タオルと書いてあるし。
タオルだけで、鞄がいっぱいになりそうなくらい(笑)。

旅の荷物は なるべく軽く、
といいますが、
現地調達できる大人はまだしも、子供はそうはいきませんよね。
それでも、なるべく荷物は軽い方が楽なので、
タオル類は手ぬぐいや さらしを活用することにしました。

さらしは 適当な長さに切ったものを2枚、
真ん中をちくちく縫い合わせれば、はい、ちょっと大き目な一枚布に。
髪の短い男の子なら、じゅうぶん、バスタオルになります♫
殺風景すぎるから、縫い糸は水色の刺し子糸。
切りっぱなしですが、お洗濯して、ほつれてきた糸をカットしていると、
自然とほつれなくなります。


直にマジックで記名するのも なんだなぁ ということで、
晒しバスタオルには刺繍で、
手ぬぐいには、コットンテープの四隅を色糸で縫い付けて、
そこにマジックで記名を、
それぞれしました。

うちの子、持ち物がほかの子と違う!ってことに関して、
まったく意に介さないのが いいところです(笑)。
ふつうのタオルがいい!とか、スポーツタオルじゃなきゃ、ヤダ!とか、
言い出さないでよかった。
そういうのを与えたことがないので、これがうちのふつう、と
思ってるんだろうな・・・(笑)


さて、3時間のハイキングにしょってゆくリュック。
息子が幼稚園時代から使っている、通園用でもあったリュックは、
無印で買ったシンプルなもので、
いまだにお出かけ時には愛用していますが、
さすがに、
でっかい水筒と レインコートと折り畳み傘、お弁当は入るまい。
久しぶりに新調いたしました。

長く使いたいことを考えると、
あまりデザイン性の高いものは ちょっとね。
スポーツ用品は使い勝手がよさそうですが、
「中学生男子は、もうスポーツメーカーはちょっとね」
と パートナー氏の意見。へーえ、そうなんだ!?
中学生男子は、とにかくスポーツブランド!と思っていましたが、
それは小学校高学年まで」、とのこと。そんなものなんですかね?

ということで、やはりシンプルに、
カーキと、底が鮮やかなオレンジでちょっとかわいい、
お値段も適当、
というリュックに落ち着きました。

大人も使える、かなり大き目サイズ。
案の定、小柄なうちの子は、
大きなランドセルをしょった1年生、みたいになりましたが、
「中学校の部活でも使えるね!」なんて言いつつ、
さっそく今朝の合気稽古に持ってゆきました(笑)


ハイキングも、大きなお風呂で入浴、も、
長野や 幼稚園のお泊り会で、みっちり経験済み。
特別心配はありませんが、
飯盒とかキャンプファイヤーとか、お友達と2段ベッドで寝る とか、
初めてのこともいっぱいで、楽しく過ごしてくるんだろうなぁ。


ちょっとずつ、必要なものがそろっていったり、
自分の名前のついた布類が増えて行ったり、すると、
とても嬉しそうです。
そんなことも、旅の楽しみのひとつですよね。







[PR]
by patofsilverbush | 2016-06-19 10:06 | 子育て | Trackback | Comments(0)

お茶の香り

いやはや、暑いです。


朝からピカピカの千葉県ですが、
午前中はともかく、午後のこの暑さときたら!

麦茶がなくなりそうだと、薬缶を火にかけて、
沸騰したところに麦茶パックをいれ、
ほんの少し煮出していると・・・

ふわゎぁん と 香りが立ち上ってきました。

そのまま火を止めても、部屋いっぱいに
香ばしい香りが漂ってきます。

すてきなリフレッシュ。


みなさま、体調にお気をつけて、
引き続き 楽しい週末をお過ごしくださいませね。






[PR]
by patofsilverbush | 2016-06-18 14:58 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧