<   2017年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

いつも神様と共に

『赤毛のアン』が映画化されましたね。
といっても、おそらく見に行くことはないであろうと思うのですが・・・
(だって~、マシュウにひげがないんですよ!?)

幾度も読み返すアンの物語。
わたしにとっては、神さまの愛を描いた物語でもあり、
近年になってますます強く、そう感じるようになってきました。

「アンがやってきたのは、神さまの思し召しだ。
全能の神は わしらにあの子が必要だとご覧になったのだよ」
とマシュウが言うように、中年・初老の独身兄妹のもとへやってきたアン。
処女のままイエス様を授かったマリアを思わせますし、
マシュウの馬車でやってきたアンが 初めてグリーン・ゲイブルズを見たときの
  
  「 家の上では、雲一つない南西の空に
    水晶のようにすきとおった大きな星が、明るくきらめいていた。
    あたかも二人を家へ導き、将来の幸福を約束する光明のように 」

という描写は、当方の三賢者を導いたベツレヘムの星を思わせます。


驚愕の受胎告知をされたマリア様は
「わたしは主のはしため。お言葉通りになりますように」と
その事実を受け入れますが、
マリラのほうは驚愕を驚愕のまま受け止め、
「主の下さったもの」を、わたしには不要です!と送り返そうとするところが、
いかにも人間!で笑えます。
神様の思し召しであることは、いつもあとになってみないとわからない。


アンが完璧な女の子であるわけではないのですが、
「生まれながらに光の子」だと、モンゴメリは書いています。
主のみ心をこの世で体現しようとするわたしたちは、“光の子”であるという、
聖書の言葉で。
お祈りをしたことがない、といって、これまたマリラを驚愕させたアンだけれど、
「お祈りするときはなぜひざまずくの?
わたしなら一人で深い森の中に入っていき、どこまでも青い青い空を見上げて、
ただお祈りを心に感じるわ」
という言葉は、祈りの形(ポーズ)ではなく 本質をついていますし、
「神様がご自分の喜びのためにつくられたような朝」というような、
この世界の美しさに 神の臨在を重ねた歓びの表現も よく見られます。

少女の成長の物語。
少女を育てる二人の成熟の物語。
という枝葉を茂らせて、モンゴメリが描きたかったのは、
「神の愛」ではなかったかと思うのです。
神は人間に試練を与えたり、厳しいまなざしで人を裁き、罰を与える存在ではない。
人間からは遠い存在などではく、
もっと身近におられ、いつでもそばで わたしたちの幸福を望んでおられるのだ。
ということ。
「神様には、いつ、どんな場所でお祈りしてもいいのよ」
(教会へ行くことだけが、祈ることではない)
と娘たちに教えるアンに、
神様と共にいつもある生き方を、わたしも(たぶん子供の頃から)教わってきたように思います。
エピソードを羅列して、物語の表面的な感動だけを描いても、
アンの物語は完成しないような気が、してしまうのです。

何度読んでも新たな発見がある『赤毛のアン』。
最近また読み返しています。







[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-30 10:36 | | Trackback | Comments(0)

ラッキー♫

先日、新しくできた大型リサイクルショップを冷やかしていたところ、
夫が発見しました、ジミーチュウのミュールを!
しかも3980円!?
ユーズドの服や靴って、なんとなく好きではないのですが、
しかも22センチという奇跡の出会い!これは運命では・・・!?

『プラダを着た悪魔』では、
野暮ったかった主人公が、お洒落を初めてみるみる魅力的な女性に変身していく、
と同時に、
人の気持ちを踏みにじってでも出世しようと思う女性へと変わっていく
(でもそれは悪魔のような上司に命令されて、「仕方なく」という、
いつも自分や人への言い訳付きで)
過程で、
「ジミーチュウを履いたときに、悪魔に魂を売ったのね!」
と同僚に責められるシーンがありましたが・・・
まさか3980円で、魂は売らずに済みそう。


美しい靴は、アクセサリーと同じくらい、心躍るものですよね。
実目麗しいサンダルがやってきたので、シューズボックスの整理整頓もしたいと思います。





[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-28 09:33 | 生活 | Trackback | Comments(0)

可憐

d0314849_14290702.jpg
わたしの小さな庭も、この季節は一番美しい。
花の季節が過ぎると、葉っぱがやけに勢いよく鬼鬼しく茂りだし、
もちろん雑草も勢いを増し・・・と、
藪!な感じになってしまうのですが(苦笑)
春、
足元に小さな花が星のように散らばり、葉もこじんまりとまとまっている今は、
庭全体が清々しく、やさしげです。
つい用もなくふらりと出てしまう。
猫のひたいほどなスペースを、飽きもせずに行ったり来たり。
春の花は可憐。

d0314849_14292308.jpg

[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-27 14:30 | 季節 | Trackback | Comments(0)

新車のプレゼント

「もう46歳だから、アラフィフだ~」という友人に、
「何歳までがアラフォーなの?」と聞いたら、
「44までじゃない?四捨五入して切り捨てできるから」というお答え。
じゃぁ わたしはぎりアラフォー(笑)、ということになったのですが(笑)
44歳。もはや40歳前後というのは、少し苦しいのでは(笑)。

この年になってくると、年上の友人、年下の友人もいて、
子育て以外にも、
親の病気や 自身の健康、働き方、生き方の問題など、会話の内容も実に多方面です。
共感したり参考にさせてもらったり、問題を共有したり、
もちろん楽しい話も含めて、
いわゆる「ママ友」ではなく、子供の世界とは離れてできる友人は 貴重で頼もしい。
頼ったり助け合ったりとべったりするわけではないけれど、
「聞いて~」と言いあえる人がいるのは楽しいですよね。

さて、そんな44歳を迎える来月を控え、
プレゼントに新車を買ってもらいました✨
といっても、免許はもちろん取ってません。自転車です(笑)。
前の自転車が壊れてしまってから、なんのかんのと先延ばしにして、
買わずに済ましていた自転車。
買い物も、駅までも、まあ歩いて行かれるので困りはしていなかったけれど、
やっぱりすいーっと行かれるのは楽ちんですね!嬉しい。
さっそく息子にサイクリングへ行かされそうですが((^^;))
特に予定もないゴールデンウィーク、久しぶりに自転車を乗り回してみるのも楽しいかも♫

春だぁ~✨とうかれて急に薄着をするせいなのか、
芽吹きのエネルギーに負けているせいなのか、
はたまか冬のあいだに体内にたまった毒素が出ていくせいなのか!?
実はゴールデンウィークの頃って、毎年体調を崩して熱を出すのが、
ここ数年のお約束。
今年もすでに風邪気味だったりするのですが、
みなさんはそんなことないですか?
環境が変わって、季節が変わって、
そんな変化の時期をがんばって 身体も心もゆっくりやすめましょう
という、ちょうどいい時期にある 長めのお休み。
みなさんもご自愛しつつ、楽しい連休をお過ごしくださいませね。





[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-27 09:05 | 生活 | Trackback | Comments(0)

歌の一節

     同じ言葉を繰り返してる
     愚かな人たちはまだ
     偽りに流され
     みせかけだけの
     おもいやりのなかで
     目をそらしてる


大好きな、佐野元春の「レイン・ガール」。
とても可愛い曲なのだけれど、
最近はこのBメロディの部分が、頭の中でかってに100万回くらいリピートされています。

風刺や批判を前面に打ち出した、激しい曲調でないだけに
よく聞くとかえって辛辣です。
きちんと言葉を聞き、何を言っているのかよく考えなければ、
と思う場面が多い昨今です。










[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-26 14:26 | その他 | Trackback | Comments(0)

み言葉

人が「宗教」に「走る」とき、
「あの人、なにか(つらいことや 悲しいことが)あったのかしら?」
と なんとなくちらっと頭をよぎる人も多いのかもしれません。
わたしがキリスト教の勉強を始めたときは、
息子がちょっと理解しがたい(笑)ということを除いては、もうまったく悩み事もなくて
むしろ、何か(つらいことや 悲しいことが)あったとしたら、
「宗教なんかに頼るものか!」と変な意地を張って、キリスト者にはならなかったかもしれません。
単なるすりこみですが、それほど「宗教」には、あまりよろしくないイメージを持っていました。
ただ単純に、子供の頃から読み慣れてきた外国の少女小説の影響で 
キリスト教は「よく知らないけど身近なもの」であり、
それってどんなもの?アンの中に出てくる聖書の言葉って、本当はどんな意味なの?
という興味があったにすぎなかったように思います。

シスターに一番初めにお会いした時も、
それからお勉強中にも幾度も聞いた、シスターのきっかけはこんなふう。


「あるとき、“人は死んだらもうそれで終わりなの?もう一巻の終わりなの?” という疑問がわいてきて、
たとえば(シスターのお母さまが入信していらした)神道にも、仏教にも、
自分が探している答えはないように思えた。
プロテスタントの教会へ行ったら、扉が閉まっていたけれど、
カトリックの教会へ行ったら、扉が開いていて、
聖書の中のイエス様の言葉が書かれていた。
      
       疲れたもの、重荷を背負うものはだれでもわたしのもとに来なさい。
       休ませてあげよう。
       わたしは柔和で謙遜な者だから、
       わたしの軛(くびき)を負い、わたしに学びなさい。
       そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。
       わたしの軛は負いやすく、私の荷は軽いからである


それで、神さまの愛を感じたのよ」


初めてこの話を聞いたとき、正直言って、「なぜ、それで神さまの愛を感じたのか」
理解できませんでした。
「神様の愛を感じる瞬間」があって、人って本当に信仰するのだと思うけれど、
そういう、個々に訪れる瞬間って、本当に説明しがたい。
みんな同じじゃないし。


とても優しい、ある意味で、あまり信仰に興味がない人が考える「神様」っぽいこの言葉。
わたしも折々に繰り返して読むことも多い言葉なのですが、
最近になって、
ああ、疲れていたし、重荷を背負っていたから、
自分はあのとき、キリストに導かれていったのだな、
と自覚するようになりました。

いっけんすると、よくわからない息子のことが
けっこう心の負担だったように思われるかもしれません。
そして確かに、神さまと出会わなかったら息子を育てるのは心の負担になっていたかもしれない
と思う瞬間は、多々あるのだけれど、
実際は彼のことはまったく何の問題もなくて、
自分が背負ってきた荷物や、思考の在り方に、ただくたびれていただけなのでした。
だから息子はむしろ、わたしにとっては
神様が取り除いてくれたわたしの「重い荷物」のかわりに持たせてくれた、
「軽い荷物」であり、重い荷物をおろさせてくれた喜びでもあるのです。


本当のところ信仰って、自分が何の信仰心もないときに考えていたような
ただただ だらりとよりかかって「癒してもらう」ものでも
ただただ あなたにお任せ♡的に「頼るべきもの」でもなくて、
「わたしってこんなふうだから、誰かどうにかしてください~」というような甘えのきかない、
自分の足できちんと立って、きちんと神様と向き合うべき、
まったく別の意味での「癒し」であり「頼るべきもの」であることがわかりましたが、
このイエス様の言葉は、
本当にその通りだと、
自分でも気づかなかった心の中の「重荷」を少しづつ気づかせてもらい、
「こんなものを持っていたから重かったんだ!」とびっくりし、
「それでもなんだか捨てられない!意味もなく!」という 
わけのわからない執着を されに気づかせてもらって、
日ごとに心に染みる言葉となっております。


み言葉は生きているって、本当にその通りなのですね!












[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-25 09:09 | 聖書 | Trackback | Comments(0)

常識的な価値観、は、ときに窮屈

合気道は人と競うことのない武道、というところが好きなのですが、
義父はどうしても空手とごっちゃになるらしくて、
「がんばってオリンピックに」とか「(試合で)優勝したら」と、
それはそれはしょちゅう言っています。
苦労して家族を養ってきたという自負もあるので、
「がんばって目に見える成果を出す」ということが大事みたい。
「子供たちが全員結婚して、どこのうちにも孫が生まれて、
我が家に遊びに来てくれる、こんな幸せなことはない」
と言ってくれるのはいいのですが、
「子供が結婚できないうちだってあるんだから」
「孫ができないうちは不幸だよ」
「こんな幸せになりたかったら、おまえもがんばれ」
と、
結局は他人さまと比べて、自分の基準で幸せ度をはかり、
その基準を人にも押し付けてくるにすぎません。
自分がいかに、人様の幸福を願い、人様に尽くしているかを語ってやまないし、
そんな自分がいかに幸福を築いたかの自慢話のアピールを常にしていないと気がすまない。
とても常識的な幸福の測り方なんだろうと思うのですが、
とてもとても窮屈です。

きのうも、義母が手作りしたかわいいブローチを、息子が「わぁ、すごいね!」と
胸に付けたところ、
「男がこんなものをつけたらダメ!もうはずしてお母さんに渡しなさい」と
声高に言いつのり、
義母が「べつにいいじゃないの」と言っても
「いやいやお母さん、ダメなものはダメなの!男がこんなものをつけるのはダメ!」
と、滑稽なほど大騒ぎするには、笑ってしまいました。

こうあるべき姿、
その結果としての成果。

誰にでもあると思うのだけれど、
価値観の幅はなるべく広げたいとは思います。自分にとっても、周りの人にとっても。

いつもモデルさんのようにお洒落で、インテリア雑誌に登場するような素敵なおうちに住み、
仕事もばりばりしているのにお料理上手で、ホームパーティーなんかもお手の物。
そんな自分とか、
成績優秀、スポーツ万能、正義感が強くて自分の意見もきちんと言えて、
かつ、人の気持ちも考えてあげられる優しさをもつ。
そんなうちの子とか、
いうこととはまったくかけ離れた自分であり、うちの子であるので、
けっこう早い段階で比較をやめましたが(というか、あきらめた、というのが正解か)、
そうでなかったら、けっこう劣等感を刺激されてつらかったかも、
と思うくらい、
なんとなく子供のことを張り合ってくるお母さんというのも、けっこういるもので。

張り合って結果を出すのが、楽しいのかもしれませんね。

脱落してよかったと思う今日この頃です。











[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-23 15:48 | | Trackback | Comments(0)

今日は誰に?

今朝の散歩はびっくり、イタチに遭遇(笑)。
散歩中は、川や花やあれこれを見たりして、あまり道そのものは見ていないのですが、
ふと前方に目を戻すと、ちょっと先に、こちらを見ている茶色の小さな生き物が。
近づいていくと草むらに隠れてしまいましたが、
動いてるよん、草が。どこにいるか、すぐわかっちゃうよ。
と、しばらく眺めていると、やがてちょこっと顔を出した彼と、
至近距離でぱったり目が合い(笑)
「あれ!そんなところにいたのか!失敗!」って感じで 奥深くへと入っていかれました。
そう、そんなに小さな体というわけでもなかったのだけど、
なんだか「男の子」って気がする。表情とか、仕草?とかが。

カワウソだったらよかったのになぁ~
なんて思ったけれど(絶滅危惧種から、絶滅になってしまったけれど)
どこかにひっそり、いるのでは?いつか会えるのでは?という夢は捨てきれない。

それにしても散歩。
いろいろ楽しい出会いがあります。
岸田衿子さんいわくの「あかるすぎて 本が読めない」この季節。
可憐な花と、
今日のラッキーアイテムで、
楽しい一日になりますように。

d0314849_11590822.jpg
d0314849_11583215.jpg
d0314849_11585193.jpg

[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-21 12:01 | 生活 | Trackback | Comments(0)

似合わない問題

みなさんはパンツ派ですか、スカート派ですか?
お店でお洋服を物色したり試着している時に、店員さんに
「ふだんはパンツ派ですか、スカート派ですか?」
と聞かれることは、よくありませんか?
ふだん着ている服に、こんなふうにもあわせられますよ、
というコーディネートの提案をしてくださるため(だと思うの)ですが、
わたしは半々くらいで、スカートもデニムもはいています。
けれども!
最近ぶち当たっています、「デニムが似合わない問題」に!

今まではいていたデニムが変。
単に、最近流行りのハイウエストの形とちがうから 古臭く見えるのか?
とも思いましたが、
いや、単純に足が短いんだよ( ノД`)(え、今さら・・・?)
ヒール高めの靴をはいても、なんとなく「変」な感じは否めないので、
足の長さの問題だけではない。と思いたい!のだけど(笑)、
似合わないことには違いなく。
あれやこれやと試しては「なんか違う・・・」と呟く最近。

じゃあ、まあ、スカートをはいていればいいのですが、
日々、自分の身体って変化してるんですね。
身体だけじゃなくて、心境の変化からくる雰囲気の変化とかも、
あるのかもしれないけれど、
なんでも永遠に変わらないことってないんだなぁ。
そしてけっこう、短いスパンで変化が訪れるのも、40代だからなのかもしれないと思ったり。
傍から見たら「別にいつもと変わらない」ように見えるかもしれないことなんだけど、
自分の中の小さな違和感や、しっくりこない感じに、
敏感にはなっていたい。
オモシロクナイけど、オモシロイ気づきでもあります。









[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-20 15:53 | ファッション | Trackback | Comments(0)

取り換えがきかない

一人息子なせいなのか、うちの子はとにかく甘えん坊。
学校から帰るとまずハグ。
疲れていたり、学校でなにかオモシロクナイことがあったときも、
なんとなくぐずぐずとくっついてくるので
ハグは体調や気分の分かるバロメーターでもあります。
よそのおうちの話を聞いても、男の子は基本的に甘えん坊みたいですね。
弟や妹がいたりすると、なかなか思うように甘えられないようだけれど。
自分のしたいことがいっぱいあるわたしは 基本的にはほったらかしだし(苦笑)
「ママ優しい♡」と「ママ厳しい!」は、同じ頻度で言われてるけど(そうかなぁ~心外だわ!)
外からおうちに帰ってきて、ほっとしたい、スイッチを切り替えたい、安心したい、
という気持ちの表れなら、気持ちよくハグしてあげれば、
また元気よく遊びに行きます。
可愛いしね(笑)

ただ、体調が悪いときや、することが立て込んでいるとき、
そうでなくてもなんだかイライラしてる!ってときは
あまりにしつこいハグや、愚にもつかないマシンガントーク永遠に続いたりすると
苦になることも、もちろんある。
そんなときにパパが家にいたりしても、
自分はテレビを見ながら「少しは我慢しろよ!」と息子を叱るだけなので、
「なんか違う・・・・」
と思うこと、よくあります。
せっかく家にいるんだから、ママの代わりに話を聞いたりしても、いいんじゃない?
ママができない時こそ、代わりになってほしいのだけれど、
自分は何もしないで、とにかく子供に我慢させようとする。
なんか、男のひとの発想なのかなぁ。


そりゃあもちろん、我慢も必要ですよ~。
人の様子を見て、「体調悪いのかな」などなどと気づかいのできる人には、なってもらいたい。
自分一人で生きているわけではないので、
自分を抑えることも必要。なんだけど。
わたしが本当に体調が悪くて寝込んでいる時、
たとえパパがいて家事・食事の支度などをしてくれたとしても、
息子はパパに日々の話はほとんどしません。
わたしの邪魔をしないように、ひとりで我慢もしている。


だから日々のちょっとした時くらい、ママの代わりに可愛がってくれる人がいてくいれると、
ママも安心するのになぁ
と思う。
ただ無条件に「可愛がられてる!」「大事にされてる!」と感じることって、
特別なときだけではなくて、
日々のちょっとした無条件の受け入れから生まれるような気が、するんだけどな。
子どもにとっては、だから「お母さん」というのは 取り換えがきかない存在なのかもしれません。






[PR]
by patofsilverbush | 2017-04-20 09:38 | 子育て | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧