<   2017年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ゴミではなくて、解放です!

息子の勉強のチェックと、学校バザーに出すものの製作の合間を縫って、
コンマリさんいわくの「片づけ祭り」を始めました♪

片づけには「日常の片づけ」と「祭りの片づけ」があり、
使ったものを元に戻すのが「日常の片づけ」なら、
ときめく物・手元に残して大切に使いたいものを残すために、
今「ときめかない」のに様々な理由で手元にある数々のものたちを
「一気に・完璧に・短期間で」自分の手元から「解放してあげる」のが、「祭りの片づけ」
という、コンマリさん特有のお片付け。

前回、片づけをしたときに大量の物を捨てたはずなのですが、
今思うと、
それは単に「いらないものを捨てた」だけだったんだなぁ、と
今、思う。
「まあ(ときめかないけど)、取っておくか・・・」と保留にしたものやら、
「(ときめくわけじゃないけど)捨てられはしない・・・」と
手放さないことに執着した自分がいる。
いろんなことの合間を縫っての作業ですが、今回は真剣に祭りに取り組もうと思っており、
そして真剣に取り組むと、やっぱり大量の「解放したいもの」が溢れてくることに、
唖然としております。


本当は集中してやりたい、
ような気もするのですが、
「ときめくか、ときめかないか」ということや
こんなに無駄遣いして~😢と自分の馬鹿さ加減をはっきり知ることや、
「なぜ、ときめかないのにこれが捨てられないのか」、その理由を自分にきちんと問い、
解放しようと!
と決めるのは、実はとても難しい、精神的にハードな作業。
だって、見て見ぬふりをして、無かったことにして、スルーしたいではないですか!
でも見て見ぬふりをしてしまうのなら、
それは「今までの自分と変わらない」ということを選択しているということです。
何かを変えたくて、この片づけに取り組んでいるのなら、
ちょっとハードでも、ここはがんばるところ。
あいまに手をとめて、落ち着いた気持ちを取り戻せるのは
深呼吸をするのと同じく効果的な気がします。


ずいぶん、過去に執着しているんだなぁと思う。
そんなつもりはなかったけれど、
過去に感じたことに執着しているから、ものが手放せない
というのが、私のパターンのようです。
そのことを自覚できたことで、一歩前進。


八月ももう半ば。
いったい、息子の宿題は終わるのか、やらない気なのか!?
そんなイライラと気をもむ時間も、夏休みとして楽しみつつ、
一人(片づけ)祭りを満喫しています(笑)。











[PR]
by patofsilverbush | 2017-08-17 11:02 | | Trackback | Comments(0)

祭りのために・・・?

きのうはどうやら「お日様が出ている!」お天気でしたので、
とにもかくにも布団干し。
夜中に、また雨が降ってきた・・・とぼんやり思った通り、
今朝はまたどしゃぶりの雨音で目が覚めました。
貴重な晴れ間、今夏は逃せませんね。梅雨明けしてからずっと梅雨空って。


個人的に不思議な話なのですが
(ほかの人にとっては まったく不思議でもなんでないのだけれど)
「友達に貸してるんだよな~」とこの数か月、ずっと思っていた、
近藤麻理恵さんの著書『人生がときめく片づけの魔法』を、
おととい、なんと本箱に発見しました。しかも もともとしまってあった場所に、ちゃんと。

この数か月の間、
どうしても再読したい!とか、片づけるのに必要!と思っていたわけではなくて、
ただ、本箱をあけるときにときどき、
「あ、あれは友達に貸してるんだっけ」と思っていただけなんですが、
とにかくずっと手元にないと思い込んでいたのです。
幾度も本箱の扉を開いて、
「何を読もうかな~」とぐるっと見渡していたにもかかわらず、
不思議なことに、まったく目に入らなかったのですね。
ばかばかしく聞こえるでしょうが、
発見した時は本当にきつねにつままれたような気分でした。


発見したついでに再読して、
なんだかまた、「片づけ祭り」がしたくなりました。
ちょっとまた、自分の中の転換期がやってきたようです。
とりあえず「すぐ捨てられる」ものはゴミ袋にもう躊躇なく放り込み(笑)、
少し気分がすっきりしました。
深呼吸して、心を調えたら、「祭り」開始するぞ~♪と今、ちょっとウキウキ気分。
たぶんそのために、見つかったのだと思います。


どんな部屋で、どんなふうに暮らしたいか。
今、何が好きなのか。
漠然と新しい風を感じていた最近、具体的にしっかり見つめていきたい。







[PR]
by patofsilverbush | 2017-08-14 14:00 | | Trackback | Comments(0)

後半戦はキツイ!

子どもが長期間、家にいる夏休みになると、
きまってこう思うお母さんは、わたしだけではないはず!
「わたしは 屋敷しもべ妖精か!?」
三度のご飯や後片付け、片づけたそばからカオスになる室内、
休みでもない主婦をしり目に、
のび太かまる子か うちの子か、というくらい、だらけきった我が子を見ると
「私がドラえもんだったら、絶対助けないな~。
自分で困って、どうにかしろっ!」
と思うと思う。

のび太は取り柄のないような子だけど、やさしい、いい子。
という刷り込みを植え付けるかのように、
しずかちゃんのパパが大人になったのび太青年を褒めたたえたり、
やさしい気持ちや、思いがけない勇気を 映画ではせっせと見せているけれど、
いつも映画みたいな子だったらなにも問題ない。
テレビで見るのび太は、
なまけもので、無責任で、努力することはいっさいせず、
他人に対する敬意もない、
ドラえもんの威を借るキツネのようなお調子者です。
「やさしい」ことをさっぴいても、どうにも好きになれそうにありません。


長い長い夏休み。
かなりやさぐれた気分になる、休みの後半戦。









[PR]
by patofsilverbush | 2017-08-13 10:57 | 子育て | Trackback | Comments(0)

にぎやか

前泊から丸一日、遊んできた息子の 夕べのご帰宅とともに
室内がまたしっちゃかめっちゃかに😢、にぎにぎしさも戻ってまいりました。

お天気が悪かったのと、台風の影響で波がまだまだ高かったようなので、
海へは行かず、
わたしが秘かに予想していたように、水族館へ行ってきたようです。

それにしても、よくしゃべるね!
起こったことや見てきたことを、細大漏らさず逐一話す・・・
わけではなくて、
もう思いついたことをなんでも、ハグの合間にしゃべるわしゃべるわ(苦笑)。
サメに触った!ことが、一番印象的だったようで、
話の合間に何回かサメが登場しました。


図太いわけでもないけれど、
天下泰平いつもマイペースな息子ですが、
意外にも、自宅以外の場所ではなかなかに寝つきが悪く。
さすがに長野のうちは 行きなれているのでよく寝ますが、
林間や修学旅行のときも、ほとんど寝ていないみたい。
近いゆえに、めったにお泊りなんてしないパパの実家でも、なかなか寝付けなかったようで、
家に帰ってきた昨夜は、安心したのかぐうぐう寝ていました。
そういうところは、ちょっと私と似ている。


年の近い、似たようなタイプ(やんちゃ過ぎず、おとなし過ぎず、ぽわわ~んとした)の
いとこ君がいてよかったです(笑)。


さて、我が家は夫の夏休みはもう終わっていますが、
世間的には なんだか長いらしい今年のお盆休み。
みなさまも楽しいお時間をお過ごしくださいませね。




[PR]
by patofsilverbush | 2017-08-12 13:07 | 生活 | Trackback | Comments(0)

ワードローブは自分自身

女性ファッション誌によくある、○着で1週間着回しコーディネート!みたいな記事。
“会議でプレゼン”も “クライアントにあいさつ回り”も 
“子供を預けて夫と思い出のレストランでディナー”もない、
あまりに自分とかけ離れたシチュエーションで展開される「1週間コーデ」ゆえ、
まったく参考にしない記事なのですが(苦笑)・・・


さきほど、たたんだ洗濯物を引き出しにしまう際、
早く着たいなぁ~なんて何の気なしに引っ張り出した長袖の服で、
思わず小1時間ほど、遊んでしまいましたよ、私的コーディネート♪
ちょっと涼しかったのと、邪魔する息子もすでにお出かけになられたのでね♪

別に1週間コーディネートを組んでみたわけではありませんが、
この暑い季節を過ぎたら着たいスカートとパンツ、シャツやコートを合わせてみて、
「うん、この組み合わせはイケル!可愛い!」などと自画自賛しつつ(←ここ、大事!)
気づいたらこの数着で、じゅうぶんコーディネートできるんじゃない?と。

スカート2枚とパンツが2本、
2枚の白シャツと、赤×ネイビーのチェックのシャツ
リブニットとボーダーカットソーが1枚ずつ。
確かにこれだけで、全然まったく問題なく、秋(と春)を過ごせそう。いや、過ごせます、間違いなく。
もちろんこれに、ニットやカーディガンを足したりするわけだけれど、
基本の服と言えば、これで十分なんだなぁ。


というわけで、にわかに「なくても大丈夫!」と思え、
サイズが合わないけど、履くかも?ないと困るかも?と思っていたデニムや、
くたびれて最近着ていないけど好きだったシャツなど数点、
引き出しから出すことに成功しました(笑)。


上記の「これで十分基本の服」以外にも、気に入っているシャツやTシャツもあるし、
他のスカートやワンピースだってある。
実際は○着コーディネートより、もっとたくさんの服が、
まだまだクローゼットにはある。
引き出しがらがらですよ!とまでは なかなかいかないけれど、
たぶん前より、手放せるものも増えてきたような気がします。

きっとそれは、服だけのことではなくて。
日々のいろんなことに、少しずつヒントをもらいながら、
自分がどんなふうに生活したいのか、何が「今」いることで、何が「今」必要でないことなのか、
ちょっとずつ、わかるようになってきたのかもしれません。


永遠に変わらないものも、あるけれど
状況や持てるもの、必要だと思うものは、常に変化するのです。
先々のことではなく、
「今」を、少しだけ、見られるようになったのかもしれません。

心の変化は目には見えない、自分自身でもなかなか感じ取れないことも多いけれど、
服の整理をすると、
やっぱりなんとなく、今の自分のことが見えてきて、そのたびに
「ワードローブは自分自身」というティム・ガンの言葉を思い出すのでした。









[PR]
by patofsilverbush | 2017-08-10 19:25 | | Trackback | Comments(0)

お母さん休日

夏空で目覚めたのもつかのま、今朝はまた灰色の雨空です。
「おや、☀マークがずらっと並んでいる!」と、ようやく思った週間天気予報も、
なぜかまたもや☁や☂マークばかりに・・・。太陽、どこへ行った?

明日は山の日ですが、息子はパパと一緒に、
パパのご両親と、お兄さんご夫婦、その息子のいとこ君と、海へ遊びに連れて行ってもらいます。
一緒に参加しないと、義父にちくりと嫌味を言われたりするので
ふだんなるべく一緒に遊びに行くようにはしているのですが、
今回は遠慮してみました(笑)。
いや、一緒に行くのはいいんですが、夏の海なんて無理!溶けてしまう!ってことで!
なんだかお天気も悪いし、そんなに暑くもなさそう?ですが・・・もう言っちゃったからね~。
それに、ママっこで、
どちらかと言わなくともパパを敬遠しがちな子なので、
こんな機会でもなければパパとなかなか出かけないからね。
男同士、親交を深めてきてほしいものです。
いとこ君とは年もひとつ違いなので、少年ふたりで親どもをてこずらせてくるのではないでしょうか。ぷぷ。

明朝早い出発ゆえ、今夜から二人で、
わりと近所?の夫の実家に泊まらせてもらうことになり、
いやっほ~✨今夜と明日は、おひとりさま時間だぜっ✨
「ママ、抱っこする子がいなくてかわいそうだね」
と息子。
ええ、ええと言いつつ、口元がニヤリ。


したい時間にしたいこと、好きなだけ。
これぞ休日!

時々思いがけずいただける「お母さん休日」、ありがたや ありがたや!




[PR]
by patofsilverbush | 2017-08-10 15:13 | 生活 | Trackback | Comments(0)

夏空にミント緑茶

暑い暑いと言いながら、朝の白湯や、食事時の緑茶や紅茶は熱いものを飲んでいます。

バレエを習っていた頃から「身体を冷やさないように」とは思っていた名残りもあって、
あまり冷たいものは飲まない習慣ですが、
暑い時には、冷たいものよりも、甘くない・熱いものを飲んだ方が、
のどの渇きも癒えるような気がします。


小学生男子はそうはいかず。
夫の実家からもらってくれば、カルピスウォーターやオロナミンC、
そんなものを買わない我が家では水や麦茶など、
冷たいものばかり飲みたがります。
余談ですが、
カルピスはわたしも大好きで、時々 買ってくるのだけれど
(こればかりは自分も飲みたさに、息子が淹れてくれます)
久しぶりに飲んだカルピスウォーターは美味しくないね!と我が家では不評。

夏バテ防止のためにもなるべく身体は冷やしてほしくないので、
午後のお茶時にはミント入りの緑茶を淹れることにしました。
ふつうに熱いお茶を淹れるときに、茶葉とミントの葉を一緒にいれて。
息子もミントティーは大好きなので、すーっとする~と大喜び(笑)。
もちろん熱いままでは飲みませんが、少し冷ましても常温ですからね。
ひえっひえのものを飲むよりかは、ずっと良いかと。
熱くても冷たくても美味しいです。
ミントは滋養・強壮作用もあるハーブなので、そんな効果もちょっと期待しつつ。


昨夕はちょっと雨が降りましたが、夜中に目覚めたら美しい満月が見え、
朝 起きれば空が真っ青!
久しぶりに夏空で目が覚めました。
今夏一番の暑さになるようですので、皆様も無理をせずに、
お茶休憩をこまめに取りつつ、よい一日をお過ごしくださいませね。




[PR]
by patofsilverbush | 2017-08-09 11:24 | 生活 | Trackback | Comments(0)

ブルーベリー

勉強は午前中、涼しいうちにすませましょう!
と夏休みのしおりに書いてありますが、
もう朝起きて、窓を開けた瞬間から暑い!とげんなりする日々。
朝の爽やかな空気なんて 皆無です。
日本は熱帯になってしまったのかしら?
午後になると、眠くて眠くて、するつもりでいる作業がまったくはかどりません。

夜はぐっすり寝たいので、一晩中 冷房つっけぱなしなため、
昼間は極力、汗をかくように、
冷たい飲み物は控えるように、心がけてはいるのですが、
その汗がまたべたべたして気持ち悪いのですよね。
夏の私はべったべたのぎっとぎと、涙のとんこつ娘です 
という満島ひかりさんが出ている某CMのフレーズを思い出してしまう😢

庭もジャングルのようですし・・・ああ、ニットやコートが恋しいなぁ!

さて、ジャングル化した庭の草取りはまったくする気になれませんが、
外出から帰宅した際、
庭から玄関までのアプローチに植えたブルーベリーを収穫するのが、
この暑いさなかのちょっとした楽しみになっています。
木は1本なので一度にとれるのはせいぜい10個ほど、
片手に納まるくらいの量を
毎日、家にもどりしな、ちょっと摘んで、そのまま冷凍庫へ。
シーズンの終わりにまとめてジャムにしようと思っています。

出がけにおいしそうな濃紫の実をみると、かわいくて、
なんとなくハッピーな気分で出かけられるのも、素敵。

まだまだ暑さは本番中。
冷房で体が冷えすぎてしまったり、
または暑さにばててしまいがちな、過酷なシーズンです。
体の内側をあたためて、夏を乗り切りましょう~。









[PR]
by patofsilverbush | 2017-08-08 15:11 | 季節 | Trackback | Comments(0)

江戸川競艇

夫の夏休みを利用して、はじめて行ってきました、競艇場に(笑)。

全国に24場ある競艇場、
関東にあるのは東京の平和島と江戸川、埼玉の戸田、群馬の桐生の4つ。
きのう行ったのは、文字通り河川をそのまま利用した、江戸川競艇場です。

テレビで大きなレースを観戦していると、お客さんの歓声(怒号?)が響き渡っていますが
きのうはG(グレード)3だったせいか、おじさんたちは誰一人叫ぶでもなく(笑)。
はじめて球場に野球を見に行ったときも思いましたが、
テレビと違って実況がないので、
とても静かに、淡々と試合やレースが行われていることが不思議な気がします。


出走しているのも若手選手が多いし、場内も空いていてのんびり観戦。
もうちょっとよい気候のときなら、川を眺めているだけでのんびりしそうです。
スカイツリーも見えたりして。
d0314849_16371476.jpg

船はいつも動いているため、
スタートラインから「位置について、よーい、ドン!」ができないボートレース。
レーサーはこの「大時計」で時間と距離を測りつつ↓
d0314849_16365907.jpg
まさに「スタート」時間に、スタートラインとなる空中線の下を、全速で駆け抜けていきます。
流れている川がコースである江戸川競艇場は、このスタートの難しさもさることながら、
潮の満ち引きや波の高さなど、
気象条件によって水面が一定でないため、全国一の難水面と言われています。
そのぶん、インコース有利なボートレースにあって、
アウトからのマクリなども決まりやすかったりと、わたしの好きな豪快なレース展開が見られるかなぁ
と期待していたのですが、
終日おだやかな水面で、アウト勢は苦戦気味。

それでも
水しぶきをあげて 刺しつ、マクリ刺ししつつのターンマークの攻防も間近で見られて、
わぁ、なんてかっこいいの!!
d0314849_16373055.jpg

「レーサーになりたい!」なんて言うかなぁと思った息子はと言えば、
出走表と鉛筆を手に、予想に夢中。え~、そっち?
おっさんたちの仕草と同じじゃ~ん(泣)。
もちろん舟券は買いませんが、
仮想ビットコインならぬ、仮想ボートコインを設定して、
何レースか見たあげくに、ちょっと儲かったようです(苦笑)。


本当はレーサーが後ろに座って操縦してくれるペアボートを体験したかったのだけれど、
夫の仕事休みと日程が合わずに残念!
また機会を見て、ぜひ体験してみたいと思っています。


それにしても。
最近のレース場はスタイリッシュになりました!カップルや家族連れも増えました!
と聞いていたのに(誰に?)
平日の競艇場は 同じような服装のおじさんたちでいっぱいなのでした。
寅さんみたいな服装で行って正解(笑)!と思った、競艇場でした。

d0314849_16374767.jpg










[PR]
by patofsilverbush | 2017-08-05 16:59 | 生活 | Trackback | Comments(0)

自家製

ミシン熱がめらめらと燃え上がり(笑)長野に行く前に作っていたものです。

d0314849_17270699.jpg


水玉のスカートに見えますが、サルエルパンツみたいなパンツと、
同じ型のトップス2枚、
かぶるだけのエプロン。

見えづらいのですが、スタイリングしてあるブルーのもようが入ったトップスは、
大好きなお洋服屋さん、パラスパレスでお買い物した時に
買ったものを包んでくださる“ふろしき”で作りました。
とってもやわらかな生地なので、着たら気持ちがいいだろうなぁ・・・・と。
四隅に、春夏秋冬のお花や葉っぱが描かれている、1メートル四方のふろしきなのですが(2枚使いました)
柄のどこを出すのかで、できるお洋服はきっとまったく違う印象になるでしょう。
今回はあまり柄を前面に出さないように、
サイドの裾に柄が来るように縫いました。


同じ型の白い麻のほうは、
シンプルなままで着たいような、刺繍を入れたいようなで、
ちょっと迷い中。
刺繍のはいったお洋服って、かわいいような、ちょっと野暮ったくなってしまうようなで、
私的にはちょっとむずかしい。
「この刺繍なら自分でできるな!」などと思って買いもしなければ、
いざ、手持ちの服にやってみようと思うと、どんな図案にしようか決めかねるという(苦笑)。
入れるなら白、とだけ決めたまま、
そのまま着てしまっています(笑)。


エプロンは首から下げないものを。肩がこるから。

どれもシンプルで、さほどむずかしい手間も必要ない、簡単ソーイングですが、
暑いさなか、惜しげもなく着られる軽い服、
ちょっと縫えると日々は楽しい。

またち空き時間を見つけて、何か作りたいな~。
「これが欲しい」より、「作りたい」エネルギーがあるのは 幸せなことです。











[PR]
by patofsilverbush | 2017-08-03 17:48 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧