人気ブログランキング |

ノアの箱舟

たまたま友人と聖書の話をしていた ちょうどその日、
息子が学校の図書室から 『ノアの箱舟』の絵本を借りてきました。
思考がシンクロしたようです。

ノアの箱舟は、聖書の中でもごくはじめの方、旧約の創世記にある話です。
神様が世界を作られて、間もないころのお話。

世界のさまざまなものを造られた神は、最後に、
そのお姿に似せて人間を造られ、こうおっしゃいました。
「海の魚、空のとり、家畜、地の獣、地を這うものをすべて支配させよう」
わたしはこの、支配という言葉を、「世話をさせよう」という意味だと、シスターから教わりました。

さて、このように創られた人間が、悪さばかりしているため、神は次第に、人間を造ったことを、
後悔するようになり、この地上から人間を滅ぼしてしまおうとお考えになりました。
そこで「神に従う無垢な人」であったノアに、
箱舟を作り、家族と、地上のすべての動物を一つがいずついれなさいとお命じになり、
地上に洪水を起こしたのです・・・


というのが、おおまかな話です。
息子も聖書で知っている話ではあったのですが「絵が見たかったから借りたの」ということ。
確かに、箱舟の中の様子が 細かに描かれています。

40日40夜 雨が降り続いた中で、ノアたちはいかにして、箱舟の中で暮らしていたのか?

モノトーンの絵の中の箱舟は、さまざまな動物でいっぱいです。
ノアたちの姿はなかなか描かれていません。
「どこにいるんだろうねぇ」とページを繰っていくと、ようやくノア一家が登場します。
彼らは箱舟の中を清潔に保つために、動物たちの世話にかかりきり、
休む間もなく働いていました!


「そっか~、そうだよね。動物だって、ご飯をたべたら うんちが出て(おっと失礼!)、
船の中が汚れちゃうもんね~」
このあたり、乗馬で馬に接する息子にも、よく理解できたようです(笑)。


当り前な話なのですが、聖書をさらっと読んでしまえば、
そんなことは想像もしなかった自分に気がつきました。

動物を支配するためではなく、動物の世話をするために創られた人間。
同じように神に創られた生き物として、人間には知恵があり、道具が使え、
他の動物にはできないことができるというのならば、
その与えられた能力は、保護し、慈しむためにあるのだということを、ちょっと心に留めておきたいな
と思わされた絵本でした。


そしてそれは、人間と動物というカテゴリーだけにとどまらず、
人間同士の間でも、同じことだと。

小さな子や、そうじゃなくても、他の人に、ちょっと寄り添える
気持ちや、時間の余裕を、いつも持てたらいいのだけれど!


150日以上も地の上を覆っていた水が引き始め、
やがて箱舟から出たノアたちに、神は
「二度と再び 地上のすべてのものを滅ぼすことはしない」と
約束をなさいました。
「雲の中に虹が現れると、わたし(神)は
神と地上のすべての生き物との間にたてた 永遠の契約に心を留める」

だから虹は、神様の祝福であり、
同時に、わたしたちが 誰かのために心を砕くことを忘れない、という、
神様との約束を、忘れないことでも あるのです。
トラックバックURL : https://ginnomori.exblog.jp/tb/19854142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2013-10-21 09:45 | 聖書 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る