人気ブログランキング |

カラフルライフ

子供がいると、世界が狭くなる、と思っていた時期がありました。


たとえば主婦が集まると、どうしても話題が子供の話ばかりになりがちだし、
夜、外に遊びに出かけるなんてことは、まずできないし、
子供が小さなうちは、なにかあればとにかく走れるように、ぺたんこ靴やスニーカーしか履けないし、
おしゃれして素敵なレストランへ・・・というよりは、
子供が食べられそうなものは何かしら?というのが最優先だし、

とにもかくにも自分のことより、子供の都合や健康が最優先になります。


結婚して6年間、夫婦二人の生活をしてきたところへ、息子がやってきてからは、
世界が狭くなったというより、
生活がカラフルになったなぁと感じます。


大人だけの生活とは違って、できないことも増えました。
時間を気にせずに外出するとか、遠出するとか。
モノトーンで静かだった生活が一変。
オムツやおもちゃや、絵本や図鑑で散らかる室内。
泣き声や、叱る声、奇声、わめき声・・・笑い声も、増えたかな。
とにかく喜怒哀楽が激しくなり、楽しいにつけ怒るにつけ、エネルギーの消費量が増えました。


そして、自分で選ぶのとは、全然違った方向に、世界が広がったりもします。

幼稚園に送っていく道々で、知らない人とあいさつを交わし、
息子なんかは畑仕事を体験させてもらったこともあります。
「もう小学校?はやいね~」なんて、ご近所というわけでもないのに、
いまだに道で出会えばあいさつを交わし、成長を気にして下さる方もいます。
広いお庭で、一輪車に乗っけてもらったことも、あったなぁ。

小児病院や、幼稚園、小学校で出逢った、それぞれに刺激的で、個性豊かな友人にも恵まれ
(みんな大好き!)
生活も規則正しくなり、生き方そのものも、変わったのかもしれません。

そもそも、3姉妹のわたしにとっては、男の子の生態自体が謎に満ちています。
「もう、男子ってどうしていちいちふざけるのっ!?」
と思っていた小学校時代の私。
放課後に男子が何をして過ごしていたのか、まったく知りませんでしたが、
今頃その謎が解けようとは・・・!



息子の成長に伴っておこる出来事に対して、
ある意味では受け身でいる、という生活なのかもしれませんが、
ある意味では、その場その場で心をオープンにしないと できない生活、
とも言えます。


子供の視線を通して、自分が通り過ぎてしまった物事を、再度 見られること。
大人の目線で、教えるべきこともある。
そのバランスを、うまく保てたらいいんですけどね。


流産を経験して、子供を持つことに、あまり積極的ではなかった私たちのところに、
突然、やってきたわが王子。

子供がいなくても、楽しかったし、
やってきたらやってきたで、また別な楽しさを教えてくれました。
自分で選びとる、自分好みの出来事より、
何がくるのかわからない という点で、
もう少し、刺激的なのかもしれません。
トラックバックURL : https://ginnomori.exblog.jp/tb/19879532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2013-10-26 16:01 | 子育て | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る