朝散歩

朝、起きるべき時刻より1時間近くはやく目が覚めるのも、
日の出が早くなるこの季節ならでは。
せっかく目が覚めたのなら えいや!と着替えて散歩に行けばいいのですが、
せっかくの涼しさをまどろみながら楽しむのも、やはり捨てがたい。。。
ハッピーな夢を見ていたりすると、
まさに夢か現かという状態で、夢の続きを楽しむ朝も、素敵ですよね。

そんなわけで息子が出かけてからとりあえず、朝食の皿を片づけ、
雑然とした室内のものを「所定の位置」に片づけ、などしていると
8時にはもうすっかり日差しが強く、
いつもの川沿いの道は紫外線だらけで無理!!なことに。
基本的に「人が少ない」ことが、わたしの散歩コースの選択基準なのですが、
夏場の散歩コースは
公園の遊歩道と並行して走る、住宅街のはしっこの道がお気に入りです。
緑道より高い位置にある宅地なので、
遊歩道の緑を眼前に眺めることもでき、
かつ人も少ないひっそりした道。
一番端まで行くと忘れられたような、秘密めかした小さな階段があり、
(ここが、物語な気分♡)
そこをおりると遊歩道なので、そのまま木陰の遊歩道を折り返してきます。

「歓喜の白路」のような桜の季節も、
オフコース」の「Yes,Yes,Yes」を口ずさんでしまう紅葉の季節も、
サイモン&ガーファンクル「冬の散歩道」的な冬枯れの季節も、
大好きな遊歩道。
木漏れ日の舞う緑陰の今も、とても素敵。

あまりどこかにへ出かけたいと思わずすんでいるのは、
そんなふうにけっこう簡単に、物語の中にトリップできる小さなスペースがあるからかもしれませんし、
もって生まれた才能のおかげかと、
ここばかりは才能があります!と言い切れる性質のせいとも思われます。






[PR]
トラックバックURL : https://ginnomori.exblog.jp/tb/26874756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2018-06-06 08:59 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧