あっこあっこ!

自動販売機の前で、お母さんにだっこをせがむ小さな女の子を見かけました。
2歳くらいかな、
「どれにする?」
とジュースの前で声をかけるお母さんと、
「あっこあっこあっこ・・・(だっこだっこ)」
と呪文のように唱えつつ、半ば泣きそうになりながらお母さんに両手を伸ばしながら、
「じんご(りんご)・・・あっこ」
と、
ジュースは選びたいし、だっこはしてもらいたいし、
泣きたいような選びたいような、
という彼女の様子に、思わず笑ってしまいました。

かわいいなぁ。なつかしいなぁ。


まだ子供がいなかった頃や、息子が小さかった時分には、
道端でだっこをせがむ子を見ると
「疲れて歩くのいやになっちゃったんだな~」としか思わなかったのですが、
ふと、
子供がだっこしてもらいたい理由って、本当はなんだろう?
と、その時の女の子を見て思ったのでした。


もちろん、疲れて自分で歩くのがいやになっちゃったのかもしれないけれど。

眠くなっちゃったのかもしれないし、
自分にもなんだかわからない理由から、
お母さんにくっついて
気持ちを落ち着けたいのかもしれない。


わたしと息子は、たぶんアメリカのファミリードラマ並みにハグをしていますが
学校から帰ってきて、とりあえずハグするのは、
たぶん、外から帰ってきて「とりあえず気持ちをゆるめたい」からなんだと思うのですよね。
ちょっと嫌なことがあった日だけではなくて、
疲れちゃった日や、
楽しい気持ちで、話したいことがいっぱいになって帰ってきた日、
怒っていても落ち込んでいても、うれしくても、
家に帰ってきたら、とりあえずふわっと気持ちをゆるめたい。
その方法がハグで、きっとまだ、あの小さな女の子と変わらないのかもしれない。


大人になっても、
ふわっと気持ちをゆるめたい日はたくさんある。
「大人だから」、自分の心のうちに抱え込んでしまうけれど、
誰だってハグや、それに代わるものは必要です。

そして、誰かが必要としているときにハグできるだけの
「大人」になりたいものだとも思うのです。


中学生になっても小柄なせいか、
くっついてきても相変わらず、犬みたいな我が息子。
3人家族の我が家では唯一、犬タイプです。






[PR]
トラックバックURL : https://ginnomori.exblog.jp/tb/26979778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2018-07-12 08:57 | | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧