September,I remember

さあ踊りましょう歌いましょう!
長い夏休みもついに終わり(!)今日から学校が始まりました(笑)169.png

といってもまあ、今日は早帰りですぐ帰ってきてしまいますが・・・
少しの間だけでも静かに、一人で過ごせるというこの軽やかさ!!
気分でも空気でも足取りでも体重でもそうですが、
「軽やか」
これはハッピーに日々を過ごすための、わたしにとってはかなり大切なメタファー!
残念ながら体重の方は、年々、軽やかとは程遠くなっておりますけども。

今年は9月が土日から始まったので、夏休みがその分、長く感じられました。
2日間のおまけつき夏休み。
だから「今日から9月」という気分があって、
カレンダーを見て「あれ、もう3日なんだ」と、ちょっとびっくり、
親の方もまだお休み気分が抜けずにいます。
いやいや、親の方はこれからお休みしたい気分か!?

9月。
酷暑だった8月ですが、日足もずいぶんと短くなり、
夜になると聴こえるようになったなぁと感慨深く耳を澄ませた虫の声も、
午前中の、早い時間にも聞こえるようになりました。
ゆっくり季節は移り替わってゆく。


息子を妊娠中は「里帰り出産」的に長野の両親宅で過ごしていました。
夏を経て、お盆を過ぎると、
急に季節がコマ送りのように進んでいったことが新鮮で、
臨月に向かってゆく自分の高揚感と相まって鮮明に覚えています。
きのうは群れなして飛んでいたつばめが、今日は旅立って影も形もいなくなること。
かわってとんぼが群れをなして飛び始めること。
そのとんぼも、ある日を境に突然いなくなること。
市街地で暮らしていると季節の移り変わりはあいまいでぼんやりしていますが、
山の集落では、
ひとつひとつのできごとがまるでイベントのように鮮明で、
ああ、秋はこうやってやってくるのか、深まってゆくのかと、
まるで手に取るようでした。
一瞬一瞬の積み重ねが、目に見える。
過ぎてゆく、その一瞬が。


雨もよいの涼しい今朝。
締め切った室内が息苦しく感じ、窓を開けると、
新鮮な空気がゆっくりと室内に入ってきました。
湿度のある空気は涼しいけれど軽やかとはいかず
夏の疲れか、ちょっとエネルギーが落ちているようなこんな朝とは
調和がとれているのかもしれないと、ぼんやり外を見ながら思ったり。
大好きな人の夢で目が覚めたけれど、
その人が夢に登場する朝は、圧倒的な幸福感とともに、いつもかすかな寂しさが混じっているような気がします。
大好きということのなかには、さびしさも含まれているものかもしれません。
原色ではないニュアンスカラー。
曇り空のように。
たそがれのように。


台風が近づいておりますね。
備えなどして気を付けてお過ごしくださいませ。







[PR]
トラックバックURL : https://ginnomori.exblog.jp/tb/27087315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2018-09-03 08:54 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る