謎判明!

義父は山形出身なので、季節になると毎年、美しい真っ赤なさくらんぼを
ご親戚の方にお願いして、手配してくれます。
宝石のようなさくらんぼを思うさま食べられる贅沢を思っただけで、
感謝の念がふつふつと・・・

そのご親戚の話題が出るたびに、
「どかじゃけのおばさんがね・・・」と言う義母の言葉が、
いつもひそかに謎でした。
どかじゃけってなんだろう?

いつもその場だけはなぞ!と思うのですが、
流れてゆく話の中でなんですか?と聞きくこともせず、
結婚してからもう19年がたち、ついおととい、
ふと思い出して、夫に、
「どかじゃけのおばさんって、お正月とかにいつも鮭をくれるの?」と聞いてみました。
ほら、わたしのイメージでは、新巻鮭みたいな。
すると驚きの返事が!
「いや、あれは地名なのかな」
え~、地名!
そしてさらに驚きの夫の思い込みが。
「おれはずっと、“土方のジャケット”、略して“どかジャケ”だとおもってた」
え~、なんという省略形!若い人もびっくりですよ!

地名だと知ったのは結構な大人になってからだそうですが、
じゃあどんな字を書くのだろうと二人でインターネットで調べてみると、
『土海在家』
どかいざいけ、と読み、地元の方は“どかじゃき”と読むらしいと注釈が添えられていました。

どかいざいけ!
どかじゃけ!

じっくり調べている時間がなく、地名の由来まではいきつけませんでしたが、
地名って本当に読めないし、おもしろい。

義父と結婚して山形の親戚のうちに遊びに行くと、
「もう山形弁が一言もわからなくてね~」と
よく楽しそうに思い出話をしてくれる義母。
どかじゃけって、こんな字だって知ってた?と、この次会ったら聞いてみようと思います(笑)。

それにしても、同じ言葉を聞いて連想するものって、
こんなにも違うんだなと、夫の“どかジャケ”を思い出すとおかしくなります。
土方のジャケットを着たおばさん??
いやいやいや、新巻鮭の方がありなのでは!?






トラックバックURL : https://ginnomori.exblog.jp/tb/27267702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patofsilverbush | 2018-12-14 13:50 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る