カテゴリ:未分類( 59 )

September,I remember

さあ踊りましょう歌いましょう!
長い夏休みもついに終わり(!)今日から学校が始まりました(笑)169.png

といってもまあ、今日は早帰りですぐ帰ってきてしまいますが・・・
少しの間だけでも静かに、一人で過ごせるというこの軽やかさ!!
気分でも空気でも足取りでも体重でもそうですが、
「軽やか」
これはハッピーに日々を過ごすための、わたしにとってはかなり大切なメタファー!
残念ながら体重の方は、年々、軽やかとは程遠くなっておりますけども。

今年は9月が土日から始まったので、夏休みがその分、長く感じられました。
2日間のおまけつき夏休み。
だから「今日から9月」という気分があって、
カレンダーを見て「あれ、もう3日なんだ」と、ちょっとびっくり、
親の方もまだお休み気分が抜けずにいます。
いやいや、親の方はこれからお休みしたい気分か!?

9月。
酷暑だった8月ですが、日足もずいぶんと短くなり、
夜になると聴こえるようになったなぁと感慨深く耳を澄ませた虫の声も、
午前中の、早い時間にも聞こえるようになりました。
ゆっくり季節は移り替わってゆく。


息子を妊娠中は「里帰り出産」的に長野の両親宅で過ごしていました。
夏を経て、お盆を過ぎると、
急に季節がコマ送りのように進んでいったことが新鮮で、
臨月に向かってゆく自分の高揚感と相まって鮮明に覚えています。
きのうは群れなして飛んでいたつばめが、今日は旅立って影も形もいなくなること。
かわってとんぼが群れをなして飛び始めること。
そのとんぼも、ある日を境に突然いなくなること。
市街地で暮らしていると季節の移り変わりはあいまいでぼんやりしていますが、
山の集落では、
ひとつひとつのできごとがまるでイベントのように鮮明で、
ああ、秋はこうやってやってくるのか、深まってゆくのかと、
まるで手に取るようでした。
一瞬一瞬の積み重ねが、目に見える。
過ぎてゆく、その一瞬が。


雨もよいの涼しい今朝。
締め切った室内が息苦しく感じ、窓を開けると、
新鮮な空気がゆっくりと室内に入ってきました。
湿度のある空気は涼しいけれど軽やかとはいかず
夏の疲れか、ちょっとエネルギーが落ちているようなこんな朝とは
調和がとれているのかもしれないと、ぼんやり外を見ながら思ったり。
大好きな人の夢で目が覚めたけれど、
その人が夢に登場する朝は、圧倒的な幸福感とともに、いつもかすかな寂しさが混じっているような気がします。
大好きということのなかには、さびしさも含まれているものかもしれません。
原色ではないニュアンスカラー。
曇り空のように。
たそがれのように。


台風が近づいておりますね。
備えなどして気を付けてお過ごしくださいませ。







[PR]
by patofsilverbush | 2018-09-03 08:54 | Trackback | Comments(0)

今日も

今日も一日、元気に楽しく過ごしてほしい!
というのは、毎朝の息子のための祈りですが、
もちろん、出かける人、出かけない人も含めた、
家族全員のための祈りでもありますね。


楽しかったり楽しくなかったり、
なんとなくイライラしてしまう日も、悲しいことがある日も
あるんだけれど、
それでも
今日一日、良い日でありますようにと祈る、朝。

みなさまも今日も一日、
元気に楽しく過ごせますように!
よい一日をお過ごしくださいませ。





[PR]
by patofsilverbush | 2017-11-14 08:55 | Trackback | Comments(0)

ヴィオロンか楽隊か、はたまた鹿か

地平線をたどって
一列の楽隊が ぐずぐず していた

そのために
三日もつづいて雨降りだ            尾形亀之助




ヴィオロンの溜息どころか、一列の楽隊の演奏も佳境に入ってまいりました。
もう雨降りも五日目ですよ、亀之助さん!

真っ赤に燃えたストーブの芯があたたかそうです。

しっとりと侘びた木々の葉や
香りたつ紅茶の きりりとした赤。
楽隊の奏でる音色と共に、今、深まりゆく秋の気配を
目で、耳で、全身で、感じとる雨の日。
やっぱりヴィオロンの震えるようなため息や 奥山になく鹿の声のほうが
秋のもの悲しさにはしっくりくるでしょうか(笑)。




[PR]
by patofsilverbush | 2017-10-17 08:40 | Trackback | Comments(0)

ぐうぜんに!

息子を合気道に送った後、買い物があったので近くのショッピングセンターへ。
お店の前の横断歩道で ぼんやり信号待ちをしていましたが、
ふと、目の前の車の人と目があいました。

あ、美人!
と美人に目がないわたしはとっさに思ったのですが、
なんと友人でした(笑)。
彼女も同時にわたしに気づいてくれたようで、
お互いびっくり!
一瞬間、笑顔で手を振りあって、それぞれの日曜日へと歩みだしました。

思いがけない場所で、元気な、美しい顔を見られてよかった。
彼女もどこかで、お休みを楽しんでいることでしょう。

みなさまも引き続き、よい日曜日をお過ごしくださいませね。

[PR]
by patofsilverbush | 2017-08-20 13:15 | Trackback | Comments(0)

愛を伝える人

素晴らしくよいお天気だったきのう。
前の晩、ふと思い立ったので、
朝からクローゼットの整理をしました。

さすがにもう処分するものはほとんどない、ように思ったのだけれど、
それでも
前回の整理でまだちょっと保留にしてあったものを引き出しから出しただけで、
なんだか気持ちがすっきりした。
手放そうと思うことは、解放することと同じなのですね。

お洋服の某ブランドでお買い物をすると、
ふろしきに包んでくれるのですが、
その、数枚溜まった大きなコットンの布をまとめてお洗濯して、
ゆっくりアイロンをかけて過ごした午後。
楽しいとか、「やらねばならない」義務のようなことでもなく、
ただただ、静かに過ごしたい午後でした。

悲しいニュースが日本を駆け巡った一日になりました。
いつも感じていたことですが、
見事に、
ご自分の時間を生き切られたのだなぁと思った。
ここにいる間の長さはあまり関係なくて、
いただいている時間をどう使うのか。
短いのか長いのかも、自分では分からない時間を。

たくさんの方々がきっとそうされているように、
わたしも、最上級の尊敬を捧げます。
あまり言葉がでてきません。




[PR]
by patofsilverbush | 2017-06-24 10:00 | Trackback | Comments(0)

無邪気ってステキ

ここ3年、ずっと仲良しの女の子友達のいる息子。
すっごく話が合う?気が合う?らしくて、
「初恋♡」とかいうよりも、「親友」って感じかな?
そもそも男の子って、女の子より全然幼くて、
好きと言えば好きだし~でもそもそも、好きってなに?
って感じですが(笑)
(てゆーか、たぶん、女の子のほうも、息子を「男子」と思ってないに違いない)
今日は今日で、
「○○ちゃんとすっごい話が合う!」と、また別な女の子の名前が(*_*)
彼女もよく名前を聞く子なのですが、
今日はお昼過ぎに迎えに来てくれて、喜々として遊びに行きました。
とんだ天然チャラ男にならなけりゃいいけど・・・。


男の子ってなんていうか、やっぱり女の子より、
さばっ!としてるんですよね。
男の同士で遊んでいても、途中で分裂したり、帰っちゃう子とかがいても、
女の子みたいに理由を聞いたり、他の子の習い事の曜日を把握してたりしない。
何か聞いても説明が下手すぎて、状況がさっぱり飲み込めないよね・・・
というのが、男の子を持つママのあるある!ネタですが、
そんなので女子との会話がどう成り立っているのか、本当に疑問。

ま、あまり男女の違いを気にせずに楽しくやってくれているのなら、
母としては嬉しいことでもあります。






[PR]
by patofsilverbush | 2017-03-11 15:04 | Trackback | Comments(0)

明日の朝食に♡

d0314849_14240084.jpg

朝ご飯用のパンがない・・・ということで、
久々にスコーンを焼きました(多いなぁ、このパターン)


[PR]
by patofsilverbush | 2017-03-06 14:24 | Trackback | Comments(0)

一日の終わり・始まり

朝起きる時、カーテンを開けて空をみる習慣があります。
この季節はまだまっくらで、お天気さえもわかりませんから、
カーテンを開けて空を確認。

夜明けまえの月が美しい日がすぎて、
毎朝同じ位置に輝くのは 明けの明星。
眠る前の最後の記憶は、ちょうど同じ位置にきらめく シリウスの輝き。
星と共にねむり、夜明けの星と共に目覚める毎日はロマンチックです。

小さなロマンスに、あたたかいベッドから這い出る勇気をもらって、
今日も一日のスタート!

よい週末をお過ごしくださいませね。




[PR]
by patofsilverbush | 2017-01-28 09:37 | Trackback | Comments(0)

2017年

毎日が新しい、真っ白な一日であるけれど、
やっぱり1年のスタートとなる1月は、
きりりと心も引き締まるような気がします。
とてもフレッシュです。


あなたが、あなたの場所で
あなたにとっての
豊かな一年になりますように。


お互いに「ご自愛」いたしましょうね♫


また一年、お世話になります。

[PR]
by patofsilverbush | 2017-01-04 15:35 | Trackback | Comments(0)

ありがとう

今まであった状態とか、持っていたものとかを 手放すときの、
喪失感と開放感。
真逆の感情を同時に感じるのはおもしろいことです。
長く持っていたもの、大切にしていたものほど、
どちらの感情も途方もなく果てしない。

どちらかをより強く感じる場合もあるけれど、
その果てしない開放感に 心をぜんぶぜんぶ開ける日が、
はやくくればいいと思うし、
その先に広がる果てしない景色にむかって、
また一歩一歩、全力で歩きだすのです。


終わる場所は、始まる場所でもあるのね。
いつも終わってしまうことが寂しくあるけれど、
本当に感じているのは、
そばにいてくれて、たくさんたくさん愛をくれてありがとう。
ということなのだと思います。



たくさんもらった愛を胸につみかさねて、
あたたかに、
明日からまた あたらしいカレンダーを歩き出すのです。










[PR]
by patofsilverbush | 2016-12-31 13:19 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧