人気ブログランキング |

カテゴリ:生活( 309 )

月におはよう

外から入ってくる光が好きなので遮光カーテンにはとんと縁がありません。
お日様の光はもちろんのこと、
よく夜中に起こしてくれるのは、まばゆいほどの月の光。
安眠妨害!とも言えるので、いいのかどうかはよくわかりませんが、
夜中にふっと目が覚めるとき、
たいていカーテン越し、あるいはカーテンの隙間から
煌々と明るい月の光が差し込んでいて、
ああ、お月様が覗き込んだのだのか、と
アンデルセンの『絵のない絵本』を思う。

よいお天気続きの千葉では月夜も美しく、
今週月曜日の満月の前後からずっと毎晩、月とのランデブーが続いております。
色っぽいというより、青白い光はむしろ神聖で、
唯一布団から出ているおかげで自然と月光浴しているような顔だけは
心なしか美しくなったような気持ちで(笑)
また眠りに戻ってゆくのが素敵です。

朝起きてもまだ暗い空に明るく輝く月に
心の中で「おはよう」を言いながら、布団から抜け出す勇気をもらう寒い朝。






by patofsilverbush | 2019-01-26 08:58 | 生活 | Trackback | Comments(0)

謎判明!

義父は山形出身なので、季節になると毎年、美しい真っ赤なさくらんぼを
ご親戚の方にお願いして、手配してくれます。
宝石のようなさくらんぼを思うさま食べられる贅沢を思っただけで、
感謝の念がふつふつと・・・

そのご親戚の話題が出るたびに、
「どかじゃけのおばさんがね・・・」と言う義母の言葉が、
いつもひそかに謎でした。
どかじゃけってなんだろう?

いつもその場だけはなぞ!と思うのですが、
流れてゆく話の中でなんですか?と聞きくこともせず、
結婚してからもう19年がたち、ついおととい、
ふと思い出して、夫に、
「どかじゃけのおばさんって、お正月とかにいつも鮭をくれるの?」と聞いてみました。
ほら、わたしのイメージでは、新巻鮭みたいな。
すると驚きの返事が!
「いや、あれは地名なのかな」
え~、地名!
そしてさらに驚きの夫の思い込みが。
「おれはずっと、“土方のジャケット”、略して“どかジャケ”だとおもってた」
え~、なんという省略形!若い人もびっくりですよ!

地名だと知ったのは結構な大人になってからだそうですが、
じゃあどんな字を書くのだろうと二人でインターネットで調べてみると、
『土海在家』
どかいざいけ、と読み、地元の方は“どかじゃき”と読むらしいと注釈が添えられていました。

どかいざいけ!
どかじゃけ!

じっくり調べている時間がなく、地名の由来まではいきつけませんでしたが、
地名って本当に読めないし、おもしろい。

義父と結婚して山形の親戚のうちに遊びに行くと、
「もう山形弁が一言もわからなくてね~」と
よく楽しそうに思い出話をしてくれる義母。
どかじゃけって、こんな字だって知ってた?と、この次会ったら聞いてみようと思います(笑)。

それにしても、同じ言葉を聞いて連想するものって、
こんなにも違うんだなと、夫の“どかジャケ”を思い出すとおかしくなります。
土方のジャケットを着たおばさん??
いやいやいや、新巻鮭の方がありなのでは!?






by patofsilverbush | 2018-12-14 13:50 | 生活 | Trackback | Comments(0)

今日のおやつ

d0314849_13424804.jpg
午前中、楽しいお茶会があったので。
ジャム入りガトーバスク。ジャムは杏子で甘酸っぱく。

とはいえ、いつもいい加減なわたし。
ぎゃ!はかりの電池が切れている!→目分量
生地を混ぜたらなんだか固すぎやしないかね?→卵をもう1個追加
と、お料理好きな方が見ていたら、きっと目をむく適当さ・・・(苦笑)。
大丈夫、食べられました!(笑)

お客様にそんなアヤシゲなものをお出しするのもどうかと思いますが、
やさしいお友達なのでにこやかに食してくださいました110.png
ありがたき幸せ178.png

彼女のおうちでお茶会のときは、
とってもかわいい食器で素敵なおもてなしをしてくれます。
おしゃべりはランチ会ではなく、もっぱらお茶会というのが、
アン好きのわたしたちの、時折のお楽しみです。



ところで。
今、この記事を打ち込む私を見ながら息子が。
「ママ、(キーボードを)打つの早くね?仕事の人みたいじゃ~ん150.png
ママも仕事してたの、昔は。データを打ち込んでおりました。
と言ったところ
「え~すげー。ママが仕事してたなんて、想像できない~106.png
と感心しきり。
今も主婦のお仕事してるけどね(苦笑)。
ちょっとだけ、社会人の片りんをみせてやったぜっ!(って、いつの話だかね119.png




by patofsilverbush | 2018-11-22 13:42 | 生活 | Trackback | Comments(0)

静かな静かな

専業主婦をしていると、
「昼間、一人で何をしているの?」
とかなりの頻度で聞かれたりしますが、
我が家の場合は夫の仕事が不規則なため、
意外と「一人時間」はないことに、あるとき気が付きました。
お昼頃、出勤する日は
午前中、「ようやく家事が片付きました!」という時間に起きてきますし、
夜勤の日は5時の夕飯にあわせて4時にはご飯の支度を始めなければなりません。
夜勤明けの日はやはりお昼頃帰宅して、そのまま仕事に行くまでは家で睡眠・・・
となりますし、
休日も、週末だったり平日だったり。
学生の息子はもちろん週末が休みなので、
家に終日、私一人!
という日は案外少なく、
人が考えるより、自由に使える時間というものも少ないのです。
私が出かけてしまっても、気にしたり、文句を言うような夫ではないのですが、
「どこに行くの?」といちいち聞かれたりするのもわずらわしいような気もし、
なんとなく遠慮して外出も控えてしまう妻の奥ゆかしさ、気づいてもいまい!

まあ、家族の生活パターンにあわせるのも主婦の仕事のうちではあるので
(子供の学校行事や習い事の送り迎えに、連絡事項や家族全員分の予定をチェックし把握し、
なんなら成績の心配も含め、
自分のこと意外に人知れず心を配る主婦って偉大だと思う!自分も含めて!笑)
ある程度はいいのですが、
一人で好きなように時間を使える日は、
やっぱり私にとってはうれしいご褒美のような日であるのです。

そんな「夢のおひとり様時間」、最近、思わぬ時間帯に持てる日が増えてきました。
なんと夜!夕飯後に!
息子が塾に行くようになり、
塾のない日も塾の自習室を活用するようになったのです。
夫が仕事の日の、誰もいない夜の1~2時間ほどがわたしのものに!
素敵!!
夕飯の片づけも終わっているので「しなければならない家事」もなく、
本を読んだり、のんびり長風呂につかってみたり。
シーンと静かで、「邪魔されないで集中したいこと」に集中できる、
まさに夢の時間。
そしてまさに今、
明日は朝寝坊できる日だなぁと、これも楽しみに、
週末の静かな夜のひと時を楽しんでおります。


明日は日曜日。
ご予定がある方も、のんびり過ごされる方も、
ぐっすり眠って楽しい日曜日をお迎えくださいませ。

おやすみなさい。
よい夢を。







by patofsilverbush | 2018-11-17 18:52 | 生活 | Trackback | Comments(0)

懐かしヤンキー

風邪をひいて3日ほど、寝込んでしまいました。
微熱程度しかないのに、まるで39℃もあるかのように体中が痛い・・・
というのが、ここ数年のパターン。
年のせいか?
と、何かあればすぐ年のせいにするプレ更年期(笑)。
関東ではお天気がわるいうちにも、秋が深まってまいりました。
みなさまもどうぞ、お身体お心ご自愛くださいませね。


さて、この秋はわたしにしては珍しく、たくさんドラマを観ています。
「僕らは奇跡で生きている」
「獣になれない私たち」
「忘却のサチコ」
サチコはお正月に放送されたスペシャルドラマがおもしろくて。
「結婚式当日、披露宴会場から姿を消した新郎のことを忘れる」ために食べるサチコ
という設定なので、そりゃあご飯が美味しそうなのです。
高畑充希さんの食べっぷりもかわいい。
獣に・・・はもう文句なくガッキーがかわいく、
僕らは・・・はもう文句なく「好きなタイプ」のドラマなのですが
ここでもう一つ、ドラマ化決定してから楽しみにしていたのが
「今日から俺は!」です。

少年サンデーでおなじみ、西森先生のかなり昔のコミックをドラマ化したもので
わたしにとっては「お~なつかしい!三橋!」と言いたくなるヤンキーコメディー漫画。
今年45歳のわたしはいわゆるヤンキー、ツッパリ全盛時代・・・よりも、
一瞬あとの世代。
中学生の時には1学年上の先輩に、ツッパリルックの方々がいました、という感じですが
同い年くらいのみなさまはいかがでしょうか?
それでも『ホットロード』を読んでいる女の子はたくさんいたし、
(こちらはわたしは、重すぎて読めませんでした・・・)
なんだかちょっと悪いのがかっこよく見えていた、そんな空気感はまだまだ残っていました。
金八の「腐ったみかん」だとか、不良同士の小競り合いって、
それこそ『今日からおれは』みたいな漫画の世界くらい、
実感としてはなかったので、のちに中居くんが実体験として(笑)
その「小競り合い」の話をしていたときに
「え、そんな人、本当にいたんだ!」とびっくりしたものです。

それがドラマ化!

三橋が着ている短ラン(学ランの上着がウエスト丈)+ボンタン(学ランのズボンが作業着サイズ)
伊藤が着ている長ラン(学ランの上着が膝丈)
今日子ちゃんのマキシ丈セーラー服
が、まあ懐かしい!(笑)


そういえば家の前の道路を、パラリラパラリラと
暴走族のグループが夜中にものすごい騒音で走ってゆくのを
怖いもの見たさの好奇心で窓から眺めたことなども思い出しました。
マー坊ですよね~(笑)。


ヤンキーになりたい、などと思ったことはなかったのですが、
昭和の空気感で「なつかしいなぁ」と思ったことは初めてだったので、
そして賀来賢人さんのアドリブを楽しみに
なんとなくこの先もドラマを観てしまいそうです(笑)。


自転車通学をしていた高校生のとき。
250くらいのバイク(原付ではなく、Kawasakiタイプ)に二人乗りで通学している少年たちが

もちろんヘルメットをかぶって走るバイクに追い越されるだけだったのだけれど
ひどくかっこよくて、
それこそ漫画のように憧れたことなども、思い出しました。






by patofsilverbush | 2018-10-19 14:04 | 生活 | Trackback | Comments(0)

気分転換

家族3人、寝室を個室にしてから2週間ほどたちました。
IKEAにマットレスなど買いに行ったり、
各個室に移動した家具を含む個人の荷物の所在など、
ちょっとがちゃがちゃした日が続きましたが、
おおむね片付いた今、それぞれがそれなりに、個室の存在を楽しんでいます。

それにしてもIKEAのマットレス、すごいですね!
くるくるっとロール状に梱包されていて、
我が家の軽自動車でも持ち帰ってくることができました。

まあ個室と言っても、息子もまだ「個室にとじこもる」ということもなくて、
主に寝室として使っているだけですが、
前回の
「親の荷物がまだある部屋に、ベッドを置いただけ」とは違い、
今回は完全!自室。
今まで寝室にしていた、慣れた部屋、ということもあって、
くつろいではいるようです。休みの日はそこでマンガ読んでいたりね。

せっかくいろいろ変化したことですし、
ついでにリビングも気分転換。
ソファの位置を変えてみました。

リビングと、続きになっている和室のちょうど境目においてあったソファを、
リビングのセンターに移動。
座ると窓に向かうように配置しました。
玄関からリビングに入るドアを開けると、ソファの背面が目に入るのはどうだろう・・・
と思っていたのですが、
部屋の中央付近に移動したことでソファの雰囲気も明るくなり、
何より、草ぼうぼうで荒れ果ててはいるけれど、庭が目に入るのが
私個人としてはくつろげるスペースになりました。
しかも。
部屋に対して斜めに置くという、わたしとしては大胆な配置に(笑)。
ソファでさえぎられていた和室がすっきりと見え、行き来もスムーズになり、
かえってひろく見えるようになったかも!?しれません。
なんだか
「こうあるべき」「こう置くのがおさまりがいい」ということから、
抜け出したかったみたいで。
そんなふうに置く発想は全然なかったのだけれど、
やってみないとわからない!というのが、模様替えの醍醐味ですよね。

ところで片付けついでに息子の服をチェックしたところ、
もれなくサイズアウトしていることにも気づきました。
制服になったので私服を着るのは週末やお休みの日だけとはいえ、
何もないというわけにもいかず。
もうわたしでも着られるサイズの服をまとめ買いです。
大きくなっちゃって!

子供の成長とともに変わる、日常のあれこれ。
物理的な事だけでなく、
気分を変えることも、必要なことではあります。






by patofsilverbush | 2018-10-10 14:37 | 生活 | Trackback | Comments(0)

お互いに

台風一過で夏日の10月始まりとなっております。
皆さま、何事もなく過ごされましたでしょうか?
関東では昨夜半から風が吹き荒れ、恐ろしくて眠れないほどの一夜となりました。
自室から夜中にやってきた息子と、ぎゅうぎゅうのベッドで寝る羽目に・・・。
もちろん、『私のお気に入り』を歌ってみたところで追いつかず、
『細雪』にやっぱり台風による強風で、夜中、怖い思いをする場面があったなぁ
などと思い出しながら、
同時に、
ぷぅううう~っとオオカミに吹かれて飛ばされる、
こぶたのわらのおうちも思い出し、ながら、
息子のギャグ漫画を読んで眠れぬ時間を過ごしました。

やってきた息子の方は、一緒にいることで安心したのか、
しばらくすると風の音や地震のように揺れる家をものともせずに、すやすやと寝てしまい、
わたしもようやく風の収まってきた4時ごろからうとうとできましたが、
それでも今朝は起きるのがつらかった!
お互い、今夜はさぞや早くからぐっすり眠れるだろうと思います。

今朝は出がけに公園の横を通ると、かなり太い木が一本、
ねこそぎ倒れており、改めて昨夜の風の猛威を実感。

今週末にもまた台風が?なんて話もあるようですが、
酷暑に自然災害が続く昨今、
とにかく平穏無事であることを願わずにはいられません。

どうぞお大事にお過ごしくださいませ。



by patofsilverbush | 2018-10-01 14:00 | 生活 | Trackback | Comments(0)

お部屋をお引越し

日曜日に体育祭が無事に終わってからこっち、ずっと雨模様の空が続いていました。
今日は久しぶりの晴れ!晴れ!晴れ!174.png

窓を開け放って、金木犀の香りを室内へ。
布団も干して、さぁ!やるか!
今週はずっと、
家族の部屋割り大作戦(ケイタイの料金プランみたい)を決行中でしたので
その続き、朝からベッドの大移動を行いました。

大分前に作っては見たものの、
わたしたち夫婦の荷物も混在し、単なる荷物置き場と化していた「息子の部屋」。
(しかも片付けないから散乱している!いろんなものが!)
中学生にもなったのでいよいよ本格的に、
彼の部屋をセッティングすることにし、
ついでに
夫の部屋と私の部屋も、それぞれ個室にしてみることにしました。
家の中のどの部屋にも、
男どもが片付けないまま放置してある一角が存在することが
そこはかとなくストレスでしたので(笑)、
その解消も兼ね。
自分のものが散らかっているのは気にならないのに、人って勝手なものです(笑)が、
「いつか自分で片付けるもの」が散らかっているのと、
「まったく手つかずのまま、永久に放置されるであろうもの」が散らかっているのとでは、
気分はまったくちがうわけです。
基本、自分の持ち物は自分の部屋へ。
そしてそこはもう、自己管理してもらおうというわけ。

これで、居間に放置されたものは各自のお部屋へ放り込んでおけば、
わたしのお仕事はそこで終了!という夢のプランです162.png169.png



ベッドの移動のあとは、息子の雑多のものを息子の部屋へ、
夫の雑多なものを夫の部屋へ移動。
ここまでしてあげたら文句は言われまい!
自分一人の部屋~179.png
どんな部屋にしていこうか、ウキウキします。


by patofsilverbush | 2018-09-28 19:27 | 生活 | Trackback | Comments(0)

今週末は

ちょっと前まで暑い暑いと言っていたのに、
きのうは寒いくらいの雨の一日でした。

寒暖の差が激しいですね。
体調だけではなく、心の浮き沈みもまた、お天気に左右されがち・・・
なのは、シャーロック・ホームズのような「芸術家気質なものの常」?
なんとなく冴えない気分も、「芸術家気質」のせいにしつつ(笑)
どうぞ皆さま、心身ともにご自愛くださいませ。


さて、今日は中学校の運動会・・・いえ、「体育祭」の予定でしたが
(「ママ、運動会じゃないよ、体育祭だよ、タイイクサイ!」)
きのうのうちに日曜への延期が決定。
各所でびっくりされるのですが、親とお弁当を食べる学校方針なため、
もちろん、大人たちの日曜日の予定も変更です。

日曜日・・・行ってみたかったイベントが、なんと割と近所で開催されるのに~
いや、そもそもお彼岸のお墓参りの約束が入ってましたよね~、どっちにしろ・・・。
なぜ、いろんなことがこの日に集約されるのか。

やたらメールやラインが入る日とか、
やけに何かが集中してしまう日って、不思議とありますよね(泣)。

まあ、なにしろ。
今日は午前中、学校。
明日はうんど・・・体育祭。
25日も26日も振替休日になりましたが、がんばろ~。


みなさまも楽しい週末・連休をお過ごしくださいませ!







by patofsilverbush | 2018-09-22 08:55 | 生活 | Trackback | Comments(0)

雨上がり

雨上がりの今朝、そこはかとなくよい香りが漂っています。
今年はじめて香ってきた金木犀のように、はっきり「これ!」とわからない、
さまざまな植物の香り。
たとえばミントやローズマリー、ラベンダーやタイムなどのハーブ。
たとえば木々や、みちばたの小さな草花。
ふだん、そばに寄らなければさほど感じることのない軽い香りが、
昨夜の雨にたたかれて、それぞれに小さな香りをたたせています。
深呼吸も気持ちよい 朝の散歩。


どなたさまも気持ちよく、一日が過ごせますように。



by patofsilverbush | 2018-09-19 09:04 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る