カテゴリ:季節( 134 )

秋の土手

土手には種々雑多な植物が茂っており、
さまざまに入り乱れている様が、なんともたくましさを感じますが、
ときどき、ここではこの花が主役!という一部分が出現するところにもまた
自然の妙を感じます。

あちこちにちりばめられいるのに、濃い緑の中では意外に目立たない露草も
突然ふっと群生している場所に出くわすと、
そのすがすがしい青にはっと目を覚まさせられる思い。
ふと立ち寄れば垣根には、露草の花咲きにけり・・・と、
秋らしく白秋の詩を心で口ずさんでみたり。

ある個所では、土手一面、やわらなか草の中に淡いピンクの花が
優しげに風に揺れていて
あまりの可憐さにほうっとため息が出たり。


今週はお彼岸、ということで、
一面真っ赤、という場所も。
曼珠沙華です。
内田百閒の『冥途』では、土手は
あの世とこの世の境のような、得も言われぬ場所だけれど、
昼間の土手は小さな生き物にあふれている。
はっきり、生きている、この世、なのでした。



春の土手はどこもかしこも、ず~っと菜の花の黄色なのに、
秋の土手は、
それぞれにドラマチック。


みなさま おすこやかに一日をお過ごしになれますように。







[PR]
by patofsilverbush | 2018-09-20 09:17 | 季節 | Trackback | Comments(0)

残暑おみまい

昨日の台風、みなさまご無事に過ごされましたか?
昨今の自然の猛威は本当にすさまじく、「雨」「雷雨」などと聞くだけでも、
身構えてしまうようです。

千葉でも夜中、目の覚めるような激しい雨が窓を打ち付け、
しばらく眠れず。
うとうとしかかったところへ地震の緊急警報が鳴るという、
盛り沢山な一夜でした。
台風が過ぎた今、久しぶりの日差し、そして蒸し暑さが戻ってきております。

どうぞお体をいたわりつつ、一日をお過ごしくださいませ。





[PR]
by patofsilverbush | 2018-09-05 10:45 | 季節 | Trackback | Comments(0)

長野

夏休みが始まっております。
中学のテストを体験してみても、相変わらずマイペースな我が息子。
嫌いな教科はほったらかす→もちろんできない
のスパイラルに、せめて「勉強の仕方」だけでも理解してもらいたく(涙)
いよいよ夏期講習から塾通いもスタートです。

その夏期講習を前に、
5日ほど長野の両親宅へ行ってきました。
全国的に酷暑な今夏ですが、さすがに山の中の家は、
とにかくコンクリートの照り返しがなく、風通しも良いので数段過ごしやすく。
暑い暑いとは言いながら、立派な避暑になりました^^


長野に行くと毎回、日常的に使う水の良さを実感します。
ふつうに水道水がおいしいし、
顔を洗っても心なしか、滞在数日で肌に違いが出るような・・・。
温泉地に住む方はお肌がつやつや!という感じに近い?のでしょうか。
(*温泉水ではなく、水道水ですが)
毎日使うもの、毎日食べるものがたいせつ!ということを、
文字通り肌で実感する水体験です。


長野県の夏休みは、千葉県よりも始まりが遅く、
私たちが帰宅するころ、長野の子供たちはようやく夏休みに入ったようでした。
スーパーマーケットのきのこ売り場がたいへん充実しており、
千葉ではみかけないようなキノコが並んでいること。
地粉や、瓶に入ったりんごジュースが種類も豊富にあること。
それから、ビタミンDの入った「ビタミンちくわ」なるちくわも充実していること。
千葉以外の場所に住んだことのないわたしにとって、
そんな地域性がとてもおもしろく、興味深い発見。
長野に行くと自宅用に地粉を買うのが、ひそかな楽しみの一つです。





[PR]
by patofsilverbush | 2018-07-30 13:44 | 季節 | Trackback | Comments(0)

今日は休日

d0314849_15175694.jpg

怪しげな空模様となった、昨日のガレージセール。
並べた商品を軒先に引っ込めたり、また出してみたりと
雨雲とにらめっこな一日でしたが、
たくさんの方が立ち寄って下さり、楽しい一日となりました。
雨の中、「さっき見たものが気になって・・・」と再度いらしてくださった方もいてくださったりで、
足を止めてくださったすべての皆様に感謝です。
毎年、お忙しい中、主催してくださる方、
素敵な商品を持ち寄ってくださるメンバーの皆さまにも、もちろん!
個性が際立つ作品を拝見し、
刺激と、ハッピーなパワーをたくさんいただけた日曜日でした。
素敵な作品をお持ち帰りしてきたのは言うまでもありません(笑)。


さて、今日は打って変わって青空が広がる暑い一日になっております。
休日の夫がめずらしくバラ園に誘ってくれたので、
大きな公園のなかにあるバラ園に。
さほど広くはないのですが、いろんな種類のバラがあり、
ひとつひとつ、丁寧に色や形や香りを楽しんで、癒されてまいりました♡
あまり豪華さには心惹かれるほうではないのですが、
それでも薔薇って、やっぱり素敵
d0314849_15173613.jpg
ついでに公園内で開かれていた陶器市をぶらり巡回。
この手の陶器市って、量販されているものばかりのように思っていたのですが、
意外にも(失礼!)かなり好みの器がそろっているブースがあって♡
かなり迷った挙句に「カキの殻で色を付けた」という、黄色のお皿を一枚、購入しました。
d0314849_15181620.jpg
わたしがブースに入ってお皿を見始めたときに
ちょっとご機嫌が悪そうに独り言を言っていたブースのおじさん、
「さっきの人(お客さん)さ、いろんな質問するからひとつひとつ丁寧に答えたんだけど、
さんざん質問して値切っておいて
『ところで、コレ(この店?焼き物?)って有名なの?』という捨て台詞を残して、
結局なんにも買わないんだよね」
と話しかけてきました。
「そんなことでカチンとするのもどうかと思うんだけどもね・・・」と。
つい、愚痴をこぼしたくなりました、という風情に
「有名かどうかは関係ないのにねぇ」と話が弾み、
器そっちのけでおじさんの子供の頃の話から、哲学や宗教観にも通じる話にまで発展。
○○教を信仰している、という限定的なことではなくて、
どう生きるのか、どう日々を暮らすのか、
忍耐することは、自分を知ること
というような、かなり近い“宗教観”をもっている方のようでした。

子どもの頃は何もない、貧しい時代だったけど、
だから小さなことが とても嬉しかったし楽しかった
というお話。

人の手で造られた器と、おじさんと、わたしの「波動」が
ちょうど合った、
そんなふうな一期一会でした。


昨日のガレージセールにて売れ残ったものをいただいたバラと。
部屋中、甘くいい香り。
ハッピー。

d0314849_15183437.jpg




[PR]
by patofsilverbush | 2018-05-14 15:23 | 季節 | Trackback | Comments(2)

春先を体感中

毎年恒例、お知り合いの方が開催されている、
春のご自宅マルシェに出させていただくものの製作にはいるうちに、
早ひとつき経ってしまいました・・・
ああ、玉手箱もあけないのに 浦島太郎な気分。
長かった寒い冬も終わりに近づいてようやく、春を感じる日も増えてきましたね^^

そして春✨の前の、最後の苦行、花粉シーズンの到来ですね~ToT
(そだね~と、おっしゃいましたか?( ´艸`))
家に引きこもっているにもかかわらず、
目がかゆいし、くしゃみは出るし、なんとも不快なこの季節。
おまけにやたらめったら眠いというのに、昨夜は珍しい息子のいびきで安眠妨害という・・・
身体で春先を体感しているここ数日です。

冬の庭にはよくアオジちゃんがやってきますが
(すずめくらいの大きさの、アオジという鳥です。胸のあたりが黄色くて、
小さいのに顔つきがちょいとワイルド♡)
今年はツグミが幾度かやってきてくれました。
ムクドリ大のサイズなので、我が家の狭い庭ではちょっと目立つ存在感。
冬の小鳥たちはふくふくと身体をふくらませて、
なんともいえず可愛らしいシルエット。
針を持つ手をしばし留めて、ついつい見入ってしまいます。

針を持ちながら、
自分の手放すべきもののことを考える。
いつも同じようなことに気づくのだけれど、
ときどき思い返さないと、また持っていたりするんですよね。
いらないと思っているのに、執念深く?持ち続けてしまうもの。
手放すことは、そんなに恐怖であるのか、自分に問いかけてみたり。
こたえは否、の時もあれば
いらないのに手放せない、と泣きそうになっている時もある。
捨てちゃえ捨てちゃえ~、と陽気に思うときもある(笑)。
精査する。不純物を取り除く。鍛錬する。
神様は、辛抱強く手間と愛情をかけてくださるなぁとその都度、思うことです。


寒い季節とはまたちょっと違うケアが必要になってくる、
季節の変わり目。
みなさまもどうぞお身体ご自愛くださいませ。








[PR]
by patofsilverbush | 2018-02-27 14:28 | 季節 | Trackback | Comments(0)

雪の夜 雪の朝

雪でしたね~⛄

息子が学校から帰宅した、3時過ぎくらいから
あれよあれよと積もりだして、
おととい夜勤→きのうも夜勤シフトの夫は、昨日は帰宅せず。
昨夜の勤務をすませて、今日の帰宅とあいなりました。

お仕事やお出かけされていた方、大変でしたね!
おつかれさまでした。
お怪我などはなさいませんでしたか?


しんしんと降り積もる雪の夜は奇妙に明るく、
今日も、庭に積もった雪のハレーション効果で室内がふだんより明るく、
爽やかでさえある。
朝からがっつり雪かきした後の、すでに全身筋肉痛のからだに
熱い紅茶がヒュッゲです(笑)。
とにもかくにもビバ、雪かきスコップ!これさえあれば怖くない(笑)!


「長野でさ~、雪を見慣れちゃったせいで、
みんなみたいに雪だ~✨ってはしゃげなくなっちゃったよ」
と、いっぱしの雪国感を出す息子(笑)。
見慣れてるだけで、雪かきなんてしたことはないんですけどね^^;



針仕事をせねばならないのですが、
なんだかスコップを握っていた指先が(というか、腕自体が)重たくて、
日ごろの運動不足を実感しているわたくしです。


これからまだまだ、凍結なども心配ですから、
引き続き、お気をつけてお過ごしくださいね。











[PR]
by patofsilverbush | 2018-01-23 14:02 | 季節 | Trackback | Comments(0)

アドベント

d0314849_14475678.jpg

今日は聖母マリア様に捧げるごミサに与ってまいりました。

わたしたちにくださる神様の恵みは
必ずしも、すぐに喜びを伴う、わかりやすいものではないというのは、
「神の母」であるマリア様もご一緒です。
むしろイエス様を授かったことにより、
イエス様を育てる中で、戸惑いや悲しみ、苦しみをたくさん体験されました。
その体験を重ねるうちに、
いただいた恵みの豊かさや喜びをかみしめたことでしょう。

という神父様のお説教でした。

どこが恵みなのかわからない。
という経験をも、「これは恵みである」と信じる信仰。
自分の理解が及ばない、ほどの恵みであること。


神様があたえようとなさっている恵みを、
わたしたちはずいぶんたくさん、受け取り損ねているのかもしれません。
と神父様がおっしゃっていましたが、
ほんとうにきっとそうですね。
自分には必要でない、と拒否してしまうことが、わたしの日常にはきっと、たくさんあることでしょう。

d0314849_14481580.jpg


もうすぐ、ここにイエス様が。
まさにアドベントです!








[PR]
by patofsilverbush | 2017-12-08 14:50 | 季節 | Trackback | Comments(0)

クリスマス・ツリー

霧はますます濃くなり、寒さはいっそう厳しくなった。
刺すような、噛みつくような、身にしみる寒さである。
・・・・(略)・・・
家の黒くて古ぼけた門のあたりに霧が濃く漂い霜が降りているので
天気の神が敷居に腰かけて悲しい瞑想にふけってでもいるようだ。



こんな夜に亡霊が現れる、ディケンズ作『クリスマス・キャロル』。
クリスマス・ツリーを出したきのうの午後は、どんよりとした曇り空。
夜に入って雨が降り始め、
今朝は濃い霧が立ち込めていたのが、
なんともクリスマス・ツリーのチカチカ光るライトに映えるなぁ!
なんて、一人秘かに悦に入っていましたが、
実は今日の千葉は、あたたかく、霧の去ったあとには日差しに恵まれて、
気持ちの良い小春日和となっております。
窓もみんな開け放って、新鮮な空気をたっぷりと室内に呼び込みつつ、
食後のお茶☕。


今年のクリスマスは、
なんだか「わ~」というような勢いがあるものではなく、
ジングルベルを鳴らしながら陽気に駆け足でやってくるものでもなく、
そっとそっと訪れるような、静かなもののように、わたしには思われています。
それ(救世主である)とわからないように、静かにお生まれになったイエス様のように。
その喜びが、
今、鐘を鳴らすようにわかるのではなくて、
もっとじんわりとあたたかく、心のうちでいつしか静かに灯るような。


光の少ない曇り日や、
冷たい夜や、
霧の朝には、ことさらに
ツリーに灯した小さくきらめくライトが、
歓びや やさしさや あたたかさを感じさせてくれるのです。


スクルージの人となりや生活ぶりを表すような天候の描写が続く、『クリスマス・キャロル』の冒頭が、
実はけっこう好きです。












[PR]
by patofsilverbush | 2017-12-05 13:25 | 季節 | Trackback | Comments(0)

12月

ばたばたと・・・というほどでもないけれど、
心のうちだけは なんとなくさわさわとしているうちに、
はや12月になってしまいました。
年の瀬です。
師も走る季節ですが、とりあえず忙しかった11月の行事が過ぎたので、
あとは恐怖の冬休みを待つばかり^^;
今週末は中学校の制服の採寸に行く予定でいますが、
いよいよ制服かぁ!幼稚園が私服だったので、なんだかピンとこないでいます。

クリスマスツリーを出そうかなぁ、と思いながら、のんびり食後のお茶を飲んでいる
曇り空の午後。

今週も、お健やかにお過ごしくださいませ。



[PR]
by patofsilverbush | 2017-12-04 13:28 | 季節 | Trackback | Comments(0)

防寒着あれこれ

今日も年末の?年明けの?頃の寒さが続いています。
まぁ、そうは言っても、これからは寒くなる一方なわけですけれど、
徐々に寒くなるというわけでもない、いきなりのこの寒さ!
とにかく風邪予防の観点からも、冷えないように気をつけたいものです。

あまり足がむくむことのないわたしですが、
数日前に、寒さ到来のせいなのか??びっくりするほど足がむくんでしまう日が続きました。
ふくらはぎがぱんぱん!はもちろんのこと、
なんだか膝まわりにも違和感があり・・・
こりゃまずい!
身体の中のめぐりが、いちじるしく悪くなっている予感!
本当はサロンを営むお友達にマッサージしてもらいたいところなのですが、
お財布さまがNOとおっしゃるので、仕方なく(苦笑)
お風呂で毎晩、自分施術を慣行することにしました。
身体を洗った後、オイルを塗ってそのままバスタブへ。
お湯につかりながら ふくらはぎから太もも、おしりまで、ゆっくりしっかり、
リンパを流すようにマッサージします。
誰かにやってもらってたらエステみたいでいい気分なんだろうな~。
エステなんて行ったことないけど!
初めの2~3日は流していても足が痛くて、
なんだかわたし、変な病気なのかも・・・??と心配になったほどでしたが、
続けるうちに痛みも取れて、
むくみも取れてきました^^。

汗をかかない冬場は、塩分や水分の取りすぎにも、注意したいですし、
体の冷え自体が、むくみの原因かも、とも思い。
今年は年明けから、冷え取り靴下を履き始めましたが、
暖かい季節は2枚しかかさねていなかった靴下を、このところきちんと4枚はくようにしています。
(わたしは4枚重ねるのがやっと)

冷え取りは、上半身より下半身があたたかい状態でいることが大切で、
いくら下半身をあたためても、
それ以上に上半身があたたかかったら「冷えている」ということになるそうですよ。


もうひとつ、わたしの冬になくてはならない必需品は、なんといってもストール!
常に椅子の背にかかっているウールのストールは、
かなり鮮明な(強烈な?)芝生のようなグリーン地に、
紫とどピンクの千鳥模様が入っているというもの。
こう書くと猛烈そうですが(笑)、事実、猛烈でもあるのですが、
意外にこのグリーンが、紺やチャコールグレイ、ハニーベージュのコートによく合い、
好きなのです✨
とはいえ、何度も言いますがけっこう強烈なカラーなので(笑)
もっぱら家で使うことが多い。
ふだんは肩に羽織ったら、
ショート丈ボリューム袖5分袖のウールのカーディガン(ゆえにコートの下に着られない)を重ねて、
家事労働着に。
セーターを2枚羽織ると思ったらなんだかもさもさと重たくなりそうですが、
下がストールなら軽やかです。
ある時は首にまくこともありますし、
冬によくするのが、腰に巻くこと。
ユニクロでもオーバースカートというのか、キルティングスカートというのか、
あったか巻きスカートがあるように、やっぱり腰回りがあたたかいと、
冷えはかなり軽減されます。
パンツやスカートの上に重ねて巻きつけて、ピンで留める、
あるいはピンも使わずにウエストにきゅっと上部を入れ込んでしまうというずぼらさ(笑)。
そしてこのストールの腰巻使い、
スカートの下のペチコートとしても、ただいま活躍中~。
ただしペチコートにする時は、
外出中に落ちてこないように(お恥ずかしい!!!)しっかりピンで留めたり、
スカートの裾から見えないか?細心の注意が必要になりますが・・・。

もちろん、外出時にふつうに首にくるくる巻くストールも愛用していますが、
実はストールって、
セーターを着た肩に羽織って、そのままコートを着てしまったりしても、
肩や首回り、背中をあたためてくれる、
そして暑くなったらさっとはずすのも簡単で、
室内でも座った足元が寒い時にはひざ掛けにもなる、
便利な防寒アイテムなのです。
肩にかければミス・マープル気分を味わえますしね♪


食べ物で体をあたためると同時に、
下半身を上手にあたためて、来るべき冬に備えたいですね。
あれ?もう冬は来ているのかしら?
















[PR]
by patofsilverbush | 2017-11-22 15:10 | 季節 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧