<   2018年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

タイミングは人それぞれ

一人っ子なので、兄弟・姉妹がたくさんいる子よりは、
もしかして目が行き届く環境ではありますが、
その実、けっこうほったらかしているつもりです。
もちろん、マンツーマンなので話を聞く時間はたっぷりあり、
学校やお友達のことはよく話してくれますし
話してくれたことだけは知っていますが、
本人が話さないことは、さっぱりわかりません(苦笑)。
プリント配られてたよ!とか、テスト返ってきたよ!とかは、
主にママたちから聞くという^^;
連絡帳のチェックもしませんし、忘れ物がないか持ち物を点検したこともありません。

しいて言うならば、ほったらかしてはいるものの、
慎重には、みているつもりではあります。
慎重、というか、注意深く、というか。
毎日の表情や、話しぶり、元気なのか、楽しそうかどうかを。


「もう中学生なんだから」と、割と最近、よく言われるのですが、
そのあとに続く言葉が
「子供のことはもうやらないで、あなたはこれができるでしょ」
という、「これをやるのが正しい」的アドバイスだったりすると、
なんだかなぁと思ってしまう。
大丈夫だと判断するのは、「年齢」ではなく、
息子自身を見て決めたいし、
手を放すタイミングだって
息子を知らないよその人の、年齢だけを鑑みた判断ではなく、
自分で決めたいと思っています。
自分で、というか、息子のタイミングで。
「もう中学生なんだから」という判断は、非常に乱暴では?
中学生だからこそ、より注意深く見たい(あくまで見る、だけですが・・・)と
思ってさえいるのに。


この年齢なら何ができるはず、この年齢ならこうなっていないと困る、
ということも、あるのかもしれないけれど、
そこにすべての子が当てはまるわけではない。
大きな枠にはめ込むほうが楽だし、はまっていてくれれば安心もするけれど、
子どもは、親の安心のために生きているわけではないですもんね。









[PR]
by patofsilverbush | 2018-03-02 16:00 | 子育て | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧