<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

指導??

わたしがバレエを習っていた30年前、高校生の頃。
(わ!もうそんな昔のことなのか!自分で書いていてびっくりしました!)
たぶんマックスで自我の塊であったり、
そのくせ自信がなくて「自己」というものがまったくなかったので、
自己主張すらできなかった頃。
バレエ教室の先生は、わたしたち生徒にとっては「絶対」の存在でした。

理不尽に怒られるのは日常茶飯事で、
「理不尽だよね」と愚痴は言い合っても、
とても意見できるような関係性はありませんでした。
その状況が理解できない彼氏に
「理不尽に怒られてるなら、ちがいま~すって言えばいいじゃん!と言われた!
言えるわけないじゃんねぇ?」
という先輩の言葉に、深くうなずいたことも、今では懐かしい思い出です(笑)。
そういう環境にいないとわからない、理解できない空気感って、きっとあるように思う。
“学校の先生”とは明らかに違う絶対さ。
もしかして同じ時代、運動部で「しごかれた」方は、
同じような状況や気持ちを経験されているのかもしれません。

もちろん、わたしにとってバレエの先生は理不尽なだけではなく、
素晴らしいこともたくさん教えて下さった恩師です。
やさしかったことも、たのしかったことも、もちろんたくさん。
ただ、
「理不尽に怖かった」ということが常態化していたため、
理不尽で怖い、とは思っているにも関わらず
「それが物事を極めるために必要な指導だ」と、割と最近までふつうに思っていました。
「よく頑張ったよね~!」と、当時の自分を、
練習内容のいかんにかかわらず、「怖い指導の下でもやめなかった」という一点だけで、
褒めたい気持ちでいました。いや、いるかな。褒めたいかな(笑)。

最近になって当時の仲間たちと話した時、
「怖かったよね~」
「恐怖政治だよね~」
「あれじゃ委縮しちゃうよね~」
と思い出話で笑いあったのですが、
ああ、そうか、わたしは委縮していた、と
こんなにこんなに時間がたった今、ようやく当時の自分を理解できたように思います。
それが普通だったから、委縮している状態を、ふつうのことだとしか思っていなかったようです。

バレエに関してだけではなく、
今まで自分がいろんなことでいかに委縮していたか、
理解できる機会が多かったのも、ここ最近のことです。
委縮しなくてもいいんだ!と思ったときの安心感といったら!


時代が違う、
今の子はそんな練習にはついてこない、
と よく言われるけれど、
たしかに委縮させたところでいい結果は生まれない。
失敗を恐れず、伸び伸び思いっきりやっておいで!という言葉は、
委縮していない精神でないと理解できないことです。
人を「鼓舞させる」ことは難しい。
どういう指導のもとであったなら、わたしは自分を鼓舞できただろうか。
と、今さらながら考えてしまう連日のニュースです。
日大芸術学部、憧れてたんだけどなぁ・・・。







[PR]
by patofsilverbush | 2018-05-24 17:07 | | Trackback | Comments(0)

ログ

中学生の息子が毎日書いている、学校の提出物「自分ログ」。
いわば連絡帳と一言日記が合体したようなもので、
明日の時間割を学校で記入し、
宿題よろしく自宅でその日の出来事を書いて翌日、提出するというもの。

毎日コメントを書く先生も大変だと思うのですが、
教科ごとに先生の変わる中学校では、
担任が自分のクラスの子供たちの様子を知るためツールなのかな。
もしかしたら子供たちも、なかなか言えない悩み事を相談できるツールになるのかもしれません。


さて、悩み事とはいまだ縁遠い、お気楽な息子のログはといえば、
コメントというより誤字・脱字を直されている様子は、
まるで赤ペン先生から返ってきた答案用紙のよう・・・(溜息)。
ある日曜日のログ。

『今日はなにもすることがなかったけど、楽しかった。
ハッピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー』

このきわめて彼らしい日記、わたしはグー!!と思ったのですが、
後日、先生のコメントを見せてもらったら、
「こら!この書き方はダメです」
と記されていました。

あちゃちゃ。
なんでダメ?



『それは爽やかな朝であった。
髪もくしけずらず、相変わらず台所の小窓から這い出てきた太朗の姿を見た人は、
一向に爽やかな光景とは思わなかったろうが、太朗の自覚の中では、
それは心躍るような朝であった。
理由はないのである。恋をしているわけでもない。何か幸運が舞い込んだというのでもない。
それでもなお、青春には、そうした、
野放図に輝いて見える朝というものがあるのである』


と、曽野綾子さんの『太朗物語』にも、あるのになぁ。
(ちなみに、太朗が“台所の小窓から這い出してきた”のは、
自宅アパートの鍵を閉めたら、鍵の不具合で開かなくなったからです)



今、遊びから家に戻ってきたらしい近所の子が、玄関でお母さんに言う声が。
「助けて~。わたし今、ゾンビに追われてるの」と!
なんて楽しそう。
説明できない、するまでもない、楽しいコトってあると思うのだけど。







[PR]
by patofsilverbush | 2018-05-21 14:03 | | Trackback | Comments(0)

素敵な帽子♡

d0314849_13243107.jpg

Hendraさまの素敵なお帽子♡
職人様のたしかな手わざが、ナチュラルな中にも凛とした佇まいを醸し出しています。

日差しが強くなってきました。
帽子を含むヘッドアクセサリーって、
使い慣れないと、ちょっとこっぱずかしい気がしてしまうので、
とりあえず、自分が見慣れることがだいじかなぁ!
と、用もないのに、鏡の前でしょっちゅう被ってみたりして(笑)。
たんに、
素敵なのでかぶってみたくなるというのが真相です。

クロゼットをあけるたび、この帽子が目に飛び込んでくるという
ハッピー♪



[PR]
by patofsilverbush | 2018-05-21 13:30 | 生活 | Trackback | Comments(0)

こんな日は・・・

今日は刺繍がさっぱりはかどりません。
何をやってもきまらない、しっくりこない。
ステッチしては ほどきの繰り返しで、朝から結局、ひと針も進まない~TT
SMAPを聴きながら作業していました、
いつのまにか作業そっちのけで、歌に泣いてしまう。
ストレスや疲れが溜まっていたわけでもなく、
悲しいことがあるわけでもなく(もちろん、作業がすすまないことに泣いたわけではなく・笑)
むしろおだやかに楽しい毎日なのですが
いつもやさしく寄り添ってくれるSMAPに、ちょっとハートが緩むのですよね。
自分が自分でよくて、
誰かに証明して見せなくてもいいということ。
ありふれた毎日、ささやかな日常のハッピーをぎゅっと抱きしめる日々でよいということ。


今日は作業は中断しようか。
こんな日もある。
もうSMAPで踊ってしまおう!


[PR]
by patofsilverbush | 2018-05-18 14:22 | 生活 | Trackback | Comments(0)

今日は休日

d0314849_15175694.jpg

怪しげな空模様となった、昨日のガレージセール。
並べた商品を軒先に引っ込めたり、また出してみたりと
雨雲とにらめっこな一日でしたが、
たくさんの方が立ち寄って下さり、楽しい一日となりました。
雨の中、「さっき見たものが気になって・・・」と再度いらしてくださった方もいてくださったりで、
足を止めてくださったすべての皆様に感謝です。
毎年、お忙しい中、主催してくださる方、
素敵な商品を持ち寄ってくださるメンバーの皆さまにも、もちろん!
個性が際立つ作品を拝見し、
刺激と、ハッピーなパワーをたくさんいただけた日曜日でした。
素敵な作品をお持ち帰りしてきたのは言うまでもありません(笑)。


さて、今日は打って変わって青空が広がる暑い一日になっております。
休日の夫がめずらしくバラ園に誘ってくれたので、
大きな公園のなかにあるバラ園に。
さほど広くはないのですが、いろんな種類のバラがあり、
ひとつひとつ、丁寧に色や形や香りを楽しんで、癒されてまいりました♡
あまり豪華さには心惹かれるほうではないのですが、
それでも薔薇って、やっぱり素敵
d0314849_15173613.jpg
ついでに公園内で開かれていた陶器市をぶらり巡回。
この手の陶器市って、量販されているものばかりのように思っていたのですが、
意外にも(失礼!)かなり好みの器がそろっているブースがあって♡
かなり迷った挙句に「カキの殻で色を付けた」という、黄色のお皿を一枚、購入しました。
d0314849_15181620.jpg
わたしがブースに入ってお皿を見始めたときに
ちょっとご機嫌が悪そうに独り言を言っていたブースのおじさん、
「さっきの人(お客さん)さ、いろんな質問するからひとつひとつ丁寧に答えたんだけど、
さんざん質問して値切っておいて
『ところで、コレ(この店?焼き物?)って有名なの?』という捨て台詞を残して、
結局なんにも買わないんだよね」
と話しかけてきました。
「そんなことでカチンとするのもどうかと思うんだけどもね・・・」と。
つい、愚痴をこぼしたくなりました、という風情に
「有名かどうかは関係ないのにねぇ」と話が弾み、
器そっちのけでおじさんの子供の頃の話から、哲学や宗教観にも通じる話にまで発展。
○○教を信仰している、という限定的なことではなくて、
どう生きるのか、どう日々を暮らすのか、
忍耐することは、自分を知ること
というような、かなり近い“宗教観”をもっている方のようでした。

子どもの頃は何もない、貧しい時代だったけど、
だから小さなことが とても嬉しかったし楽しかった
というお話。

人の手で造られた器と、おじさんと、わたしの「波動」が
ちょうど合った、
そんなふうな一期一会でした。


昨日のガレージセールにて売れ残ったものをいただいたバラと。
部屋中、甘くいい香り。
ハッピー。

d0314849_15183437.jpg




[PR]
by patofsilverbush | 2018-05-14 15:23 | 季節 | Trackback | Comments(2)

作ったものいろいろ

春の恒例、ガレージセールへの出品を明日に控え、
朝から準備を・・・。
この数か月、刺繍が本当に楽しく、
あらためて、自分の「好き」を再確認しながらチクチクタイムを過ごせました。

同じくハンドメイドをされる方でも、作品の個性はいろいろ。
刺繍に限らず、おおらかで、ダイナミックな作品を見ると
わぁ、いいなぁ!こんな感じに刺繍してみたい!
などと思いはするのですが、
この数か月の作業で、
あらためて、自分の中にはダイナミックさや 意表を突く面白味は皆無だな・・・
と再確認した時間でもありました^^;
細かい作業は好きだけれど、緻密さや正確さもないという^^;

まぁいいか。
好きなものを極めていこう!ゴーイングマイウェイ!


きわめて「自分らしい」ものモノの一部です。

d0314849_13404801.jpg
d0314849_13411104.jpg
d0314849_13412574.jpg
d0314849_13401104.jpg
d0314849_13395292.jpg
d0314849_13403159.jpg
毎年お天気にめぐまれるガレージショップ当日。
明日のお天気はちょっとアヤシゲですが、
楽しい一日になるといいな。

みなさまもよい日曜日をお過ごしくださいね。





[PR]
by patofsilverbush | 2018-05-12 13:53 | 刺繍 | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれを綴ります


by anne
プロフィールを見る
画像一覧